経営
  男として  世界  日本  日本の人口  兵庫県  仕事  
六麓荘から 朝靄の大阪都心~西宮~大阪湾を望む  2015.9.19  Yasumasa Takeuchi 竹内康正
六麓荘から 朝靄の大阪都心西宮大阪湾を望む  2015.9.19

Management
   




 

顧客を満足させる  基本と原則。何が目的か。利益を生む活動に力を入れる


経済 仕事 男として
 

 
 
 
 
 



 
 
 
 

2016.2.12

 

   

男として
 As a man 

 

 

 筋道が通る通らんじゃない。実力をもったものが上になる。男はね、仕事にぶつけて行くような男でないと、ものに成りませんよ。女の人に全然好かれないようじゃ、人がやっぱり目付けるくらいの男性でなかったら駄目。

 お母さんとうまくいかない。女性とうまくいかない。と仕事面に出てくる。私と仕事を別と思ったら大間違い。じゃじゃ馬ならしじゃないけども、女性をうまくもってゆくような男でないと大成しませんよ。男と生まれて女にもてない男はダメ。もてる努力すること。もてる条件、人の社会でみんなに活用してもらえる人となること。

 

 51~52、僕の人生の第2の出発。なんにもなしからやってきた。O君炊事、7年間。

 大きな店でも創って、

 日本一いったのこっちのが上だ、僕は頭は下げない癖になるからね、

 逞しく生きていく男性、日本で指折りの大会社の社長、

 自分の態勢を作り上げていかないと

 自分がね力さえつけばいい

 偉人て言われてる人で親のお陰で

 もっと人間大きくならんと

 値打ちのない社会

 社会の上にたつ

 一個の個人としての実力をつける

 自分のことは自分でやる

 気迫を望みます

 行った先でもてるように

 人間の勝負、人物です。腹の太い人間になる。

 男は男らしい、あらゆる人を包容する力、何でも可愛がってやろう

 当然としての形が、考えがあってやっていく、男は結構にならんかったら

 一つのことやったら人には負けない

 自分てものがいつでも中心

 大きな人物にならんと、

 男だったら上辺は笑ってる、心の中は真剣勝負

 自分は自分でつくること。頼り、頼りがいがある人。たくましい生命力、行く先で女の子に好かれて好かれて、もてるような奴でなかったら。生活力、主人の顔色うかがいながら生きてく。そんな男。

 本当の自分をつくり上げて鍛える。一つものにして徹底してやる。 結構な精神に鍛え上げて。

 自分で力つけて上がって

 強いものがどんどん

 自分が仕事つくる

 しただけのことしか言えない。

 実力持ってるとあとどうにも手がでない。

 世界中で頂点に、なるのかならんのか

 言わねばならんこと、言うべきことは言う。物は何でもズバーと言える人間になる。そこに人間の生きて行き方がある。今やってることにおいて周りが誰も真似できないくらい人の何層倍もぶち込んでまい進する。現在の己、やってきた結果

 自分で得なくちゃならん。自分の世界、自分でこしらえていかないと。 こうと見極めたらそれで押し通してゆく。それだけの英知、頭がなかったらダメです。楽しい生き方ある。

 自分が結構、いつの世の中でも胸はって堂々と生きていける。人間の社会である。肩書きや財力ではないでしょう。男一匹、もっともっと素晴らしい者に。しっかりやる男。生まれてきたことうーんと楽しんで、色んな人達の中で、男の花、女の花、花ったら女と思ったらいけない。銀杏だって男と女があって銀杏ができる。

 真剣とはどの程度のものであろうか。本当の真剣、今の世の中甘い。みんなスキだらけ。そこまで真剣、この世の中、気楽に安易にできてます。あっちもこっちもどんどんへこたれてゆく。ふるい、残る。勝つ負ける、嫌いですけどもやっぱりふるいに残らなきゃなりませんね。結構として。年間1億稼げるのか。

 大勢の人に慕われてゆくだけの力あったでしょうか。 今世襲なんてありません。下克上。御守護、自分の本性だとかなんとか、門閥は今の時代いりません。実力、今の自分が先祖。人に買われるだけのものもったら立場。僕はまず生まれたことに誇りを持ってます。

 老いが倒れれば若いものがやってゆく。地球が滅亡に動いている、どうくいとめていくか 。やらないことはいつまでたっても力になりません。やらなくちゃならない。色んなことやって学んで人見てやってゆく。初めからプロはおりません。人間は色んなとこ通ってできてく。

 こちらの都合だけでやる。それだけいつも努力怠らないつもりです。

 依頼心を持たないこと。

 自分でやって力を持つようになることです。それしかありません。

 ロダンが若い芸術家達に言ってる言葉

 飛翔。 これからはちょっとの失敗許されない。

 自分でみんな得てきた、この真実には勝てない。僕の知識の三分の一でも吸収してくれるもの望みます。

 人から盗んだ、あとは自分で開発した。

 ごまかしみたいな生活大嫌い。ズバリそのものでないといや。

 安定性がなかったら

 持つべきものを持ちなさい

 依頼心。本当の自分、依頼心、本当の自分てものが確立しない。人を当てにしない。

 

 

出典/ 八島ノート  編集/ 竹内康正

 

 
 
 
 
 
 
     
     


    World  
  @BillGates
Google
National Geographic
wikipedia

Vogue.fr

YouTube
The New York Times
CNN.com International
CBS News
BBC

Peter Ferdinand Drucker
The White House
GNI 2013  幸せのプロ The Professional of Happiness
 

  NiHon     
  GPP 2011 日本  幸せのプロ The Professional of Happiness Japan
日本
ライブカメラ検索 カメ探
気象庁|火山カメラ画像

Yahoo!きっず Yahoo! JAPAN

Nature Publishing Group
ナショナルジオグラフィック
ja.wikipedia

ベストセラー

Amazon 本のブラウズ
国立国会図書館分類表

WIRED.jp @Toyokeizai
日本標準産業分類
日本経済新聞 ランキング
日経ビジネスオンライン
東洋経済 データベース
会社四季報業界地図2016年版

首相官邸
各府省
 


 

 

 

 
 

 

ピーター・F・ドラッカー の ベストセラー   作品一覧、著者略歴
 
     




 
 
 
 
 

2015.1.3

 

 

顧客を満足させる
 Satisfy the customer 

  

 

    変わらざるものとしての基本と原則を確認する

 自らの機能を果たすことによって、社会、コミュニティ、個人のニーズを満たす。働く人たちを生かす。自らの組織があげるべき成果を明確にする。資源を組織化する。

    出発点は顧客である

 長く生き続ける強力なものもある。顧客を満足させることが、企業の使命であり目的である。自らの行動を、経営環境の新しい現実と、使命として規定すべきものと、獲得すべき強みに沿ったものにしなければならない。

    変化はすでに起こっている。結果は必ず出てくる

 既成の事実が、いかなる機会を創り出すか。トレンドを利用する者は必ず成功する。新しい経済、新しい技術、新しい社会についてのビジョンを事業として実現する。

 

    我々の強みは何か。すでに起こっていることは何か

 自らの強みを機会にマッチさせる。成果をあげている分野はどこか。新しい強みをいかなる分野で獲得すべきか。できたものは何か。一つの領域において卓越しなければならない。

    事業が何かを決定するのは顧客である

 顧客が買っていると考えるもの、価値と考えるものが重要である。この企業は自分に何をしてくれるか。顧客が買うものは満足である。顧客は合理的である。ノンカスタマを知る。

    顧客が価値ありとし、必要とし、求めている満足はこれである

 顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、おのずから売れるようにする。顧客としての流通チャネル。新しい考え方や根本的な変化が必要。支出配分の変化。市場における地位。

 

    イノベーションが資源を創造する

 変化を機会として利用するための手段。市場に焦点を合わせる。予期せぬこと、ギャップ、ニーズ、構造・人口・認識の変化、新知識の獲得。既存のものはすべて陳腐化する。より新しく、より違ったもの。

    何が目的か。本来の仕事に必要か、役立つか、やりやすくなるか

 最小の努力で最大の成果を得る。生産性を向上させる。継続学習。多様な知識を動員。成果、任務、仕事に焦点を合わせる。結合によって知識の生産性をあげる。

    リスクに対するプレミアムの源泉は利益である

 成長に伴うリスクをカバーするだけの利益があるか。企業は、教育や防衛などの社会的費用に貢献する必要がある。明日の市場のための製品。利益計画の作成。利益の必要額。

    利益を生む活動に意識的に力を入れる

 コストは同じ。作業は同じ。活動そのものをやめる。最大のコストに集中する。消費者にとっての関心は、得るものに対する支払いの総額。グローバル経済に組み込まれた企業としてマネジメント。

 

    状況を把握する。状況を変える。いかなる資源が存在するか。必要か

 問題の定義と分類によってのみ、意味あるデータ、事実を知ることができる。正しい問いを探す。問題が何であるか。リスク、経済性、タイミング、人的な制約。

    自己管理による目標管理こそ、経営の哲学たるべきもの

 高度の基準。自己管理によるマネジメント。自らの仕事ぶりを管理する。目標に照らして評価。事業上の多様なニーズと目標をバランスさせる。判断が必要。複数の目標が必要。

 

    強みを中心に据えて異動を行なう

 何を望むか、価値は何か、目的は何か、成果は何か。第一線にこそDNAはある。優れた者ほど間違いは多い。報酬や報酬システムほど強力なシグナルはない。自分にいかなる価値があるか。

    人のエネルギーの解放とその動員が組織の目的

 いかなる分野において卓越性が必要か。組織の目的と戦略の成功に欠くことのできない基本活動こそ、まず識別し、規定し、組織し、中心に据えなければならない。構造は戦略に従う。

    社会の問題を事業上の機会に転換する

 企業は社会と経済のなかに存在する。経済的な業績こそ、企業の第一の責任。ビジョンと使命。社会に及ぼす影響。野獣の原則。事業としての社会的イノベーション。知りながら害をなすな。

 

 

                             P.F.ドラッカー

 

 

 

     
     
 
     
     






 
会社経営 の ベストセラー
 




Population

  日本の人口 都道府県別 2009年  



  有馬温泉
城崎温泉
Hyogo

Hyogo 2012  幸せのプロ The Professional of Happiness
 








Λ

         
  自然 人体 幸せ 経営 知識
竹内正道著作集
八島ノート  世界の名言
幸せのプロフェッショナル
Twitter  Twilog
Instagram  YouTube
LinkedIn  Andre_Louis
ご挨拶  竹内康正
 
    ©2017 Yasumasa Takeuchi