丹波 妙法寺 奥座敷 御簾 欄間 鳳凰
妙法寺 奥座敷御簾朝の日差し 欄間瑞祥鳳凰  兵庫県丹波市 2008.9.8 8:14
  竹内正道著作集  
目次
  2000   2001   2002   2003   2004   2005   2006   2007   2008   2009   2010   2012  

Table of Contents

   



 

平成12年  2000

楠木正成像 明治30年 高村光雲・後藤貞行作  皇居外苑 2003.3.10

vol. 1  【家族の源 はじめに  現在や未来の人々を幸せにする、他者の喜びを喜び、他者に役立つ
vol. 2  【家族の源】 家族  家庭は新しい世代を生み育て、精神的なものをあたえあう、いこいの場
vol. 3  【家族の源】 もろい核家族  2人が愛情で結ばれ、信頼しあい、一緒に暮らし、子供が生まれる
vol. 4  【家族の源】 理想の家庭  幼児期からの躾。親は親、子は子である。最も信頼できる。家族の絆
vol. 5  【家族の源】 人間関係  与えられた生命。親にも両親。鎌倉時代まで遡って億の数の人との縁に
vol. 6  【家族の源】 人間関係  「絆」に支えられて生きられる。温和で礼儀正しく。相手を思う心
vol. 7  【家族の源】 先祖のこと  道徳的な規範の根元。神でも仏でもない先祖さん。家代々の先祖
vol. 8  【家族の源】 先祖供養  必ず先祖はいます。無数の先祖の人々、その血が自分に流れている

vol. 9  【家族の源】 先祖供養  家庭人間であることが最も大切。社会発展の基礎になるのが家庭
vol.10 【足立の元祖】 姓名  姓だけは先祖から子孫へ。苗字は27万余。鎌倉時代の人口は690万
vol.11 【足立の元祖】 青垣町と足立姓  武蔵国足立郡の足立遠元の孫、遠政が鎌倉幕府より佐治庄地頭に
vol.12 【足立の元祖】 青垣町の足立史跡  小倉 立正山妙法寺 足立左衛門太夫、足立氏の下屋舗に建立
  

 

 

 

平成13年  2001

黒尾神社 兵庫県丹波市青垣町小倉 黒尾大明神&諏訪大明神  竹内正道著作集 > 家族の源流 足立氏ものがたり

vol.13 【年頭所感】 新千年紀幕開け  遥か彼方の先祖からDNA、親から子へ、子から孫へと伝承される
vol.14 【足立の元祖】 足立氏 ふるさとの風土  先祖は武蔵国の足立郡に本拠をおく坂東武者武蔵武士
vol.15 【足立の元祖】 武蔵武芝  治郡の名の高い名郡司、国衙からも百姓からも信頼されて郡内に良政
vol.16 【足立の元祖】 小野田三郎兼広(兼盛)  藤原鎌足十七代の孫。頼義、義家時代からの源家譜代
vol.17 【足立の元祖】 足立遠兼(小野田六郎)  右大将源頼朝公家人也。一族の結束をかためた人物
vol.18 【鎌倉時代】 足立遠元  源頼朝の鎌倉幕府創立に主導的な役割。「文武両道の勇士」「武士の鑑
vol.19 【鎌倉時代】 足立遠元  足立郡の豪族、郡司、郡衙は大宮市。源氏を棟梁。源義朝に従い右馬允
vol.20 【鎌倉時代】 足立遠元  娘が後白河院近臣藤原光能の妻、院政中枢に直結。頼朝の推挙で左衛門尉
vol.21 【鎌倉時代】 源頼朝  四代で八幡太郎義家河内源氏の嫡流。平治の乱に初陣。伊豆へ配流20年
vol.22 【鎌倉時代】 源頼朝  後白河法皇の皇子以仁王、平氏打倒の挙兵。政治の権限強化。征夷大将軍
vol.23 【鎌倉時代】 比企尼の一族  比企掃部允は義朝家人。頼朝の乳母長女丹後の内侍、島津家の祖
vol.24 【鎌倉時代】 足立藤九郎盛長  後白河院の院政中枢と直結。諸国の武将を歴訪。鶴岡八幡宮造営
vol.25 【鎌倉時代】 頼家と実朝  政子と北条時政幕府の支配を拡大。修善寺へ幽閉。歌の道に逃避
vol.26 【鎌倉時代】 足立遠元の子孫  都の公家、有力な御家人、北条氏の外戚。左衛門尉。得宗被官
vol.27 【鎌倉時代】 鎌倉時代と宗教  寺社奉行、足立遠元。頼朝は終生法華経を信仰。化身、八幡大菩薩
vol.28 【鎌倉時代】 北条氏と足立の関係
vol.29 【鎌倉時代】 足立(安達)藤九郎盛長の子孫
vol.30 【鎌倉時代】 もののふの道
vol.31 【鎌倉時代】 源氏将軍たちの信仰
vol.32 【鎌倉時代】 北条泰時
vol.33 【鎌倉時代】 時頼の信仰
vol.34 【鎌倉時代】 安達泰盛と時宗
vol.35 【鎌倉時代】 弘安合戦と平禅門の乱
vol.36 【足立氏列伝】 後醍醐天皇と丹波の足立氏

vol.37 【足立氏列伝】 足立遠政
vol.38 【足立氏列伝】 遠谿祖雄
vol.39 【足立氏列伝】 足立宗次入道左衛門尉基高
vol.40 【足立氏列伝】 南北朝時代の足立氏
vol.41 【足立氏列伝】 足立権太兵衛基則
vol.42 【足立氏列伝】 足立基則の子孫
vol.43 【足立氏列伝】 足立氏と赤井氏
vol.44 【足立氏列伝】 足立正興とその兄
vol.45 【足立氏列伝】 足立氏忠臣蔵
vol.46 【足立氏列伝】 足立権九郎基兼
vol.47 【足立氏列伝】 足立重信
vol.48 【足立氏列伝】 足立藤九郎保宗
vol.49 【足立氏列伝】 北九州の足立氏
vol.50 【足立氏列伝】 南九州の足立氏
vol.51 【足立氏列伝】 中国地方の足立氏
vol.52 【足立氏列伝】 岐阜県郡上の足立氏
vol.53 【足立氏列伝】 三河の足立氏
vol.54 【足立氏列伝】 足立氏の家紋
vol.55 【足立氏列伝】 姓氏大辞典と足立氏
vol.56 【足立氏列伝】 二つのあだち郡
vol.57 【足立氏列伝】 関ヶ原の合戦と足立氏

vol.58 【先祖の生き方】 足立氏と経験科学
vol.59 【先祖の生き方】 名字と苗字
vol.60 【先祖の生き方】 生き方を歴史に学ぶ
 

 

 

 

平成14年  2002

vol.61 【仏教と日本人】 はじめに
vol.62 【霊魂不滅】 宇宙
vol.63 【霊魂不滅】 インドの神々
vol.64 【霊魂不滅】 輪廻転生
vol.65 【霊魂不滅】 自業自得
vol.66 【霊魂不滅】 霊魂不滅
vol.67 【霊魂不滅】 イランの神々
vol.68 【霊魂不滅】 
再生
vol.69 【解脱への道】 前生の物語
vol.70 【家族の源 家族
vol.71 【家族の源】 もろい核家族
vol.72 【家族の源】 理想の家庭
vol.73 【家族の源】 先祖のこと
vol.74 【家族の源】 先祖供養

vol.75 【足立の元祖】 家の永続性
vol.76 【足立の元祖】 武蔵武芝
vol.77 【鎌倉時代】 鎌倉時代と宗教
vol.78 【足立氏列伝】 後醍醐天皇と丹波の足立氏

vol.79 【足立氏列伝】 南北朝時代の足立氏
vol.80 【足立氏列伝】 足立正興とその兄
vol.81 【足立氏列伝】 足立氏忠臣蔵
vol.82 【先祖の生き方】 生き方を歴史に学ぶ
vol.83 【解脱への道】 過去世
vol.84 【解脱への道】 釈尊のふる里
vol.85 【解脱への道】 釈尊の降誕
vol.86 【解脱への道】 釈尊の降誕

 

 

平成15年  2003

vol.87 【解脱への道】 釈尊の太子時代
vol.88 【解脱への道】 釈尊の太子時代
vol.89 【丹波新聞】 祖先敬う気持ち支えに 「足立氏」テーマに家族論        
vol.90 【神戸新聞・丹波新聞】 青垣・妙法寺 開宗750年  開宗750年法要盛大に
vol.91 【両丹日日新聞】 「家族の源流足立氏ものがたり」 中央公論事業出版から出す  
vol.92 【全国書店ネットワーク】 「家族の源流 足立氏ものがたり」 著者からのコメント    

vol.93 【解脱への道】 出家
vol.94 【解脱への道】 解脱への道
vol.95 【解脱への道】 釈尊の悟り
vol.96 【解脱への道】 仏教のはじまり
vol.97 【解脱への道】 釈尊の教え

 

 

平成16年  2004

vol. 98  【法華経の成立】 仏教教団のはじまり
vol. 99  【法華経の成立】 仏涅槃と仏教興隆
vol.100 【法華経の成立】 アショーカ王(阿育・天愛喜見王)
vol.101 【法華経の成立】 大乗仏教の菩薩と経典
vol.102 【報道ニッポン】 掃除・給仕・学問 人々の心の拠り処を守り続ける
vol.103  【法華経の成立】 法華経の成立

 

 

平成17年  2005

vol.104  【立正山妙法寺】 はじめに
vol.105  【智願院さま】 立正山 妙法寺
vol.106  【智願院さま】 妙法蓮華経はどんなお経
vol.107  【智願院さま】 本尊さまは何ですか
vol.108  【智願院さま】 開山の智願院さま
vol.109  【智願院さま】 法華宗はどんな宗旨
vol.110  【智願院さま】 毎日のおつとめ
vol.111 【法華経の成立】 カニシカ王
vol.112  【智願院さま】 妙見さん
vol.113  【智願院さま】 鬼子母神さま
vol.114  【妙法寺のおまつり】 星祭り
vol.115  【妙法寺のおまつり】 彼岸
vol.116 【法華経の成立】 八宗の祖 竜樹(ナーガールジュナ)
vol.117  【妙法寺のおまつり】 お盆

vol.118  【妙法寺のおまつり】 除夜の鐘

 

 

平成18年  2006

vol.119 【年頭所感】 年頭所感
vol.120 【雑著 行学二道の精進と時代にあった布教の実践
vol.121 【雑著】 行学二道の精進と時代にあった布教の実践
vol.122  【妙法寺のおまつり】 妙法寺の由来
vol.123  【妙法寺のおまつり】 足立権太兵衛基則公
vol.124  【妙法寺のおまつり】 大仏師法眼命尊の涅槃像

 

 

平成19年  2007

vol.125 【年頭所感】 亥年の新春を祝して
vol.126 【日本経済新聞】 おんなと生きもの 十選 命尊「仏涅槃図」 村田喜代子   
vol.127  【丹波妙見さん縁起】 妙見講
vol.128  【明日に希望を託して】 忘れられた「心の糧」
vol.129  【明日に希望を託して】 忘れられた「心の糧」
vol.130  【明日に希望を託して】 忘れられた「心の糧」

 

 

平成20年  2008

vol.131 【年頭所感】 戊子 謹賀新年
vol.132 【明日に希望を託して】 忘れられた「心の糧」
vol.133 【明日に希望を託して】 悩みの解決はできるか
vol.134 【明日に希望を託して】 悩みの解決はできるか

 

 

平成21年  2009

vol.135 【年頭所感】 己丑 新春のご挨拶
vol.136 【明日に希望を託して】 人間性の回復

 

 

平成22年  2010

vol.137 【年頭所感】 謹賀新年
vol.138 【メールマガジン廃刊&バージョンアップのお知らせ
vol.139 【雑著】 『心の財第一なり』 ―JR脱線事故を振り返って

 

 

平成24年  2012

vol.140 【年頭所感】 壬辰

 

 

 

同一記事へのリンクは、出版に際し、当初の原稿に加筆した記事です。

 







     

Λ

         
  自然 地球 生命 人体 幸せ
暮らし 知識 経営 歴史
竹内正道著作集
八島ノート  世界の名言
幸せのプロフェッショナル
Twitter  Twilog
Instagram  YouTube
LinkedIn  Andre_Louis
ご挨拶  竹内康正
 
    ©2017 Yasumasa Takeuchi