人生がときめく片づけの魔法 2 毎日がときめく片づけの魔法 近藤麻理恵
人生がときめく片づけの魔法  毎日がときめく片づけの魔法 近藤麻理恵

  幸せ  暮らし  
片づけ
  自分の身の回り  自然現象としての片づけ  

Tidying Up
   


  Twilog  片づけ  近藤麻理恵

Marie “KonMari” Kondo | 近藤麻理恵 Books
 

   


 
 
 

2017.7.3

 

自分の身の回り
 My personal belongings 

 

 

 親からもらったものは置いとく方がいい。親のおかげがある。

 

 お皿残る、→残る。その時その時きちっと片付く。手残りがない。

 家と外で入れるところが違う、家の靴下で会場へ行くと公私混同、必ずキチッとしておく。僕は自分でやります。やればやっただけのことが起きますよ。

 古い本を処分するとスッテンテンになる。1から出直し。やってきたものしっかり持ってないといけない。

 

 

出典/八島ノート  編集/竹内康正

 

 
 
 
 
   

 「生活様式、食物、睡眠、住む場所等を多少変化させるのは効果がある。生存の新しい状況に対応しようと、直ちに生理的精神的活動が活発になるからである」

    アレキシス・カレル

 
     



 
 
 

2017.7.10

 

自然現象としての片づけ
 Tidying up as a natural phenomenon 

 

 

    「本当の人生は、片づけたあとに始まる」    mariekondo

 

 片づけ祭り、始めました! 昨日迄に衣類・段ボール等8袋分を捨て、今日から本類♪ 近藤麻理恵さま @MarieKondo の『人生がときめく片づけの魔法』米国版は、Amazonでは仏教哲学に分類。でも自然現象を扱うその内容は神道に近い。

 彼女は5年ほど巫女をされていて、「モノに気持ちや感情がある。モノは持ち主の気分を敏感に吸収する」など、モノの性質・自然現象を踏まえたその技能は、6世紀伝来の仏教とは違う。それ以前の、シュメール・ペルシア由来の古神道、その現代版です。

 

    建築物と同じで、先ず設計図

 華やかな部屋etc. 何に囲まれて生きたいか大好きなモノだけに囲まれた生活。ときめきの毎日。理想の部屋での理想の暮らし心がときめくモノしか置かれていない部屋で過ごす。最高に自分がときめく部屋着

 

    ものには性質がある。それにふさわしい事態が起きる

 どのメーカーかで、起こることが異なる。「持ちモノは自分の選択の歴史。片づけは自分の棚卸し。人生のリセット。過去に片をつけた結果、人生で何が必要で、何をやるべきかが、はっきりとわかる」

 

    無駄を省く。僅かな人生、如何に有意義に生きるか

 「まずは捨てる衣類、次に書類小物、最後に思い出品。必ず触って判断する。一つひとつのモノと真っ正面から向き合う。本当に気に入ったものか。ときめきを感じる。触った瞬間、答えは出ている」

 

    「空間は未来の自分のために使う

 「残すと決めたすべてのモノ定位置おうちを決める。分散させない、一点集中。シンプルな、立てる、モノが喜ぶ収納デザインもよいもの。今日も支えてくれてありがとう。モノをねぎらうおうちの子オーラ

 

    本当にときめくことに、大いに時間と情熱を

 無駄が無い状態「身のまわりを心地よく整え、ときめきを増やしていく。今ときめく。清らかな空気。完璧な片づけを体験すると、人生がときめくような感覚を覚えます。毎日を自分で輝かすことができる」

 

  家の内と外はバランスする。内でときめくと、外でもときめく。内でときめくモノだけに囲まれていると、外でも。一つときめくと、循環で次々ときめく。ゴミに囲まれていると、ゴミに囲まれた人生w 自然現象としてみると、誠に理に適っていますね^^

 

竹内康正

 

 

 
 
 
こんまり流×片づけのゴール 理想の暮らし描き出そう
片づけの鉄則、まず服から こんまりメソッド
こんまり流×服は立てて収納 引き出しを美しい本棚に
片づけで「ときめく」人生を発信 近藤麻理恵さん
こんまり流×さよなら「積ん読」
こんまり流×小物を一気に整理 似たもの集め、分けて

        WOMAN SMART|NIKKEI STYLE
 
 



       
 
 
 
 

     
   







Λ

         
  自然 人体 幸せ 経営 知識
竹内正道著作集
八島ノート  世界の名言
幸せのプロフェッショナル
Twitter  Twilog
Instagram  YouTube
LinkedIn  Andre_Louis
ご挨拶  竹内康正
 
    ©2017 Yasumasa Takeuchi