八島義郎先生から頂戴した歌唱劇のパネル(部分) 「幸たらむとすれば」 昭和61年(1986)春季 『隠れ行く月影』
八島義郎先生から頂戴した歌唱劇のパネル「幸たらむとすれば」(部分) 昭和61年春季 『隠れ行く月影』


竹内康正  ご挨拶  2012年~2013年
幸たらむとすれば
  幸たらむとすれば  西日本への遷都が必要  2013年アクセス数  

If you want to be happy
   

 
     
  2013年 幸たらむとすれば  出会ったのは昭和、先生68歳の初秋
     西日本への遷都が必要  ヒトは受精だけでなく、死によっても遺伝
 
     
 



 
 
 
 

2013.8.15

 

 

幸たらむとすれば
 If you want to be happy 

 

 

 大正3年(1914)生まれの先生に、初めて出会ったのは昭和57年(1982)、僕が16歳、高校2年、先生68歳の初秋でした。紹介者は4つ年上の従姉。出会いの時も、別れの時も、満面に笑みを湛えつ、手を振られたそのお姿。今も断ちやらず。

 ある日、 八島先生の補佐の方が僕に、「貴方のお父さまの書斎に、『丹波人物志』という本があるから、お借り出来ないかしら!」。僕、「はい?」。父の書斎には確かにその本が。お持ちすると、「写しを頂いても宜しいでしょうか!?」。僕、「どうぞ」。またある日、「私、和泉式部なの!」

 

 八島先生が、大阪から西宮に遷られる時、先生の部屋に飾ってあった歌唱劇のパネルを一枚、頂戴しました。昭和61年(1986)春季 『隠れ行く月影』。そこには、直筆で、

 

 












































 

 

 歌唱指導を受けたり(作詩・作曲は約800曲)、歌唱劇に出演したり、質問やお手紙を出したりと、16歳から15年間、僕が八島義郎の元で学び、筆記した講話ノートは3千数百ページに及びます。生きてるうちに、すべて公開致しますね。

 

             平成25年8月15日

                幸せのプロ  竹内康正

 

 

 
 
 
 
 





 
 
 
 

2013.12.30

 

 

西日本への遷都が必要
 Need Capital relocation to West Japan 

 

 9,526名の皆さま、いつもフォロー&メンション、ありがとうございます。一年、あっという間ですね。3.11で東京から丹波に避難してより、2年9カ月が経ちました。

 仕事を措いて、来る日も来る日も福島第一原発の情報収集に明け暮れた2011年。神戸や淡路に移住し、避難者支援や農業体験、学童保育を経験した2012年。大阪が瓦礫焼却した2013年。この間、発した警鐘は数知れません。

 

 東京は、まもなく壊滅します。壊滅とは、子どもを産み育てられない都市、ということ。今、首都圏で暮らす総ての人々が被曝しています。当然、脳も。このままでは政治も経済も、日本国としての機能が、核汚染によって崩壊します。

 西日本への遷都が必要です。政治家、官僚の皆さまは早急に、候補地の選定、首都機能の移転、放射能防御態勢の強化を。男性、老人たちも、核汚染から避難しないといけない。ヒトは、受精だけでなく、死によっても遺伝するからです。

 

 人類は未だ、ヒトが死ぬと、その人の魂・精神・霊魂が何処へ往くのか、掴めていません。人は天国に昇るのでも、地獄に落ちるのでもありません。人は終始、この地球上の、物質の世界にいます。その物質の世界のエネルギーが生命体、ヒトという生命体の魂・こころになっています。

 「人間・ヒトが死ぬと、物質界のエネルギーである魂・こころは、別のまだ生きている肉体、それも遺伝的に一番近いところに往く。魂・こころは分解しないから、その人と一番条件の似た人に結集する。結集をうける者は、死んだ人の性格の影響をうける」

         八島義郎  1989

 

 この、大切な、人類発生以来の、祖先から連綿と伝承されてきた、ヒトの魂・こころを、容赦なく分解してゆくのが、人工放射性核種です。体が壊れる時は、こころも壊れていきます。東京は、ヒトが健康に住める土地ではありません。

 

  一年経ったら、一年経った分、幸せに。日々、幸せの生き方をしていれば、求めずとも勝手に良い結果が出てきます。人が幸せに生きるにはどうすればよいかを会得したい方は、いつでもご連絡ください♪

 

          平成25年12月30日

                幸せのプロ  竹内康正

 

 

 
 



       
 
 
 
 


2013

2013年ページ別アクセス数 竹内 康正 Yasumasa Takeuchi

 

Λ

         
  自然 人体 幸せ 経営 知識
竹内正道著作集
八島ノート  世界の名言
幸せのプロフェッショナル
Twitter  Twilog
Instagram  YouTube
LinkedIn  Andre_Louis
ご挨拶  竹内康正
 
    ©2017 Yasumasa Takeuchi