六麓荘から 朝靄の大阪都心~西宮~大阪湾を望む  2015.9.19  Yasumasa Takeuchi 竹内康正
六麓荘から 朝靄の大阪都心西宮大阪湾を望む  兵庫芦屋市 2015.9.19

竹内康正  ご挨拶  2014年~2015年
災害に遭わない条件
  八島ノート  災害に遭わない条件  みんなの幸せ  

Conditions not suffering from disasters
   


 
     
  2014年 八島ノート  3千数百ページに及ぶ筆録。若い人たちへ、真価を
    災害に遭わない条件  家族は西に。八島義郎 生誕100年に寄せて
2015年 みんなの幸せ  父母と家族の幸せ。子どもたちに美しい自然を残す
 
     


 








 
 

2014.5.4

 

  

八島ノート
 Yashima Notes 

 

 

 八島ノートは、昭和57年から平成9年迄(1982~1997)の15年間、大阪と西宮で、竹内康正が、芸術家で宗教家の八島義郎の講話を筆録したノートです。以前、ホームページでその一部を公開し、メールマガジンで配信しておりましたが、この夏から、Google+とツイッターを活用して、新たに皆さまの元へお届けしたいと存じます。

 

 八島義郎に初めて出会ったのは、僕が16歳、高校2年生、八島先生68歳の初秋でした。4つ上の従姉に連れられ訪れたのは、大阪・十三にある体育館のような会場。数百名のお洒落に着飾った女性たちに囲まれ、和やかな雰囲気の中、満面に笑みがあふれる先生のお話を伺いました。

 その後、従姉にすすめられるままにお手紙や質問を出したり、蜜柑狩りやフェスティバルホールの歌の集いに参加したり、春・夏・秋の歌唱劇、ドーベルマン大会、自転車大会など、歌唱指導を受けたり、歌唱劇に出演したり、口紅や香水を選んだり、メイクのアドバイスをしたり、毎日たくさんの人たちに囲まれて、楽しい笑いの中で過ごし、いつの間にか15年の月日が経っていました。

 

 先生がお話下さった幸せの生き方、僕の手元には講話ノートが数十冊、3千数百ページに及ぶ筆録が残されています。この夏、八島義郎先生生誕100年を機に、改めてこの人類史に残る貴重な記録を公開し、これからの時代を生きる若い人たちへ、幸せについて真摯に学びたい皆さまへ、国内はもとより世界中の国々の人々へ、日本の真価をお届けしたいと存じます。

 

   平成26年5月4日

    幸せのプロ  竹内康正

 

 

 

 
 
 
 
 

日暮れの空の渡り鳥、何処で命を終えるのか 六麓荘から日本一高いビル、あべのハルカスを望む  2014.3.3
日暮れの空の渡り鳥 六麓荘から日本一高いビル、あべのハルカスを望む  兵庫芦屋市 2014.3.3

 
 
 
 

2014.9.4

 

 

災害に遭わない条件
 Conditions not suffering from disasters 

 

 

 「人類、今のままだったら滅亡する時が来る。万物が育たない、動物が生きられない。山が駄目になる、生物が追われていく。ストロンチウム、放射能。食べられない、そういう時が必ず来る。放射能汚染したものが来る。魚も何も食べれなくなる、アウトですよ」

 八島先生から、日本のストロンチウム、放射能汚染の話を伺ったのは今から22年前、ちょうど幸たらむの歌唱劇のパネルを戴いた1992年頃でした。

 僕が死んだずっと先のことだろう、ぐらいにしか捉えてなかった。甘かった・・・・

 

 原発爆発直後の3月14日、東京都渋谷区恵比寿にいた僕に、政府の原子力の専門家から、「家族は西に向かわせます」、とのDMが届きました。

 15日に品川から大阪のホテルに避難。4月には丹波に引っ越し完了。

 Twitter に命を救われた。

 当時の僕のツイートが、報道写真誌 DAYS JAPAN 2012年2月号4月増刊号 検証原発事故報道 ~あの時伝えられたこと~ に収録されています。

 みんなの命を救いたい・・・・

 

 八島義郎は大正3年生まれ。戦前、洋画家の小磯良平らと、兵庫県の美術展の審査委員を務めた彫刻家。

 大阪の十三で、満座の中、満面の笑みを湛える先生に紹介されたのは、1982年の夏。

 八島先生から色んなことを教わりました。

 

    災害に遭わない条件

      夫婦仲良くする。

      親子仲良くする。

      家族仲良くする。

      彼のこと一生懸命やる。

      人間、仲良くやってる時、天災起きない。

      自分にその心が無かったら、災害には遭わない。

      人と争うこころを持たない。

      人の長所をみていく。

 

 八島義郎と縁があったのは、1997年迄。

 

     人の世の移り変わりの空しさが、むやみに胸に滲みてくる。

     生きて来た事を欣びと為す事は、父母への感謝と成る。

                     八島

 

 良い御縁を繋いで、生きてゆくんですね。幸せの生き方、まずは結婚から。

 

         平成26年9月4日

      幸せのプロ  竹内康正

 

 

 
 
 



 
 

自作の杉焼き梟に注連縄 丹波少年自然の家にて制作 自宅の玄関にて  兵庫県芦屋市 2014.12.21
自作の杉焼き梟注連縄 丹波少年自然の家にて制作 自宅の玄関にて  兵庫芦屋市 2014.12.21

 
 
 
 

2015.1.5

 

 

みんなの幸せ
 Everyone's happiness 

 

 

 フォローして下さっている 10,348 名の皆さま、こんにちは。今日の芦屋は陽が差して、とても穏やかな一日、小鳥たちの楽しそうな鳴き声が響いています。

 今年は生まれて初めて、手作りの注連縄を飾りました。藁の感触がなんとも心地良い。

 

 昨年の夏休みと年末は、丹波少年自然の家で、子どもたちの自然体験をサポート。川遊びや飯盒炊爨、キャンプファイヤー、蛍観賞、杉焼き、竹蜻蛉づくり、お芋掘りetc. 子どもの頃、僕が通った保育園や小学校もすぐ傍で、故郷の土や空気、水、木々や草花、生きものたちを満喫できました。

 

 年末年始、ドラッカーの「経営の哲学」をおさらいしました。

    変わらざるものとしての基本と原則。
    顧客を満足させる。
    利益を生む活動に力を入れる。
    何が目的か。

 父母と家族の幸せ。クライアントとその家族、みんなの幸せ。 (*^-')b

 

 子どもたちに美しい自然を残す。夢と希望を伝える。これしかありませんね。

 

         平成27年1月5日

            幸せのプロ  竹内康正

   

 

 
 
       
 
 
 
 
 
       

 


       
     
 
 
 
 
       
     
       



     

Λ

         
  自然 人体 幸せ 経営 知識
竹内正道著作集
八島ノート  世界の名言
幸せのプロフェッショナル
Twitter  Twilog
Instagram  YouTube
LinkedIn  Andre_Louis
ご挨拶  竹内康正
 
    ©2017 Yasumasa Takeuchi