ゼフィランサス


 

自然 地球 生命 人体
幸せ 愛情 暮らし 知識
経営 歴史 八島ノート

Updated 2017.06.17

環境 地球温暖化
低炭素社会 自然エネルギー
 運輸 地理 日本の自然
東京都心の風景

自然エネルギー白書2010
スマートグリッド 原子力

@zephyorg's Friends

ご挨拶
イベント&セミナー
サービス  サポート
幸せのプロフェッショナル
Andre_Louis オークション
ゼフィランサスについて

 
FOLLOW YASUMASA ON     
     
城ヶ谷港・宿・新保港 福井県丹生郡越前町

原子力  Atomic Energy

みんなっ!! 地球って知ってる!? 地球がなぜ回ってるか知ってる!?
「原子力政策大綱の見直しの必要性」に関する提言

竹内康正YasumasaTakeuchi(@zephyorg)-@iidatetsunari - Twilog
「原発」の検索結果 - Twilog  「原子力」の検索結果 - Twilog  「資料」の検索結果 - Twilog

NG 原子力工学

   
         
         

 


























VOL.289  大雪 閉塞成冬  2010.12.09

 

みんなっ!! 地球って知ってる!?
地球がなぜ回ってるか知ってる!?


 

 

@iidatetsunari’s (飯田哲也 tetsu iida@ISEP) most favourited tweets

 RT @iidatetsunari: 今のエネルギー村は、幕末に例えると安政の大獄。変化を恐れる思考停止オヤジの最後の悪あがき。歴史の大流は変わらず、恐れるに値しません RT @happuu_kaidoo: @iidatetsunari 電力業界を筆頭に産業界は腰をすえての反対運動                      Dec 9th 2010

 

    虚妄の原子力ムラとそれに踊らされる新政権

 「特集 原子力復興という危険な夢 新政権の環境エネルギー政策はなぜ逆噴射したか」

 「処理出来ない核廃棄物を止めどなく作りだす巨大技術が、今後本当に有効か」 RT @iidatetsunari 12/8(水)発売の岩波「世界」は原発ルネッサンス批判特集にも寄稿。原発ルネッサンスが、じつは何も実態がないことは先日のISEPイベントでも明らかだが、虚妄の原子力ムラとそれに踊らされる新政権がはっきりします。

 進歩!♪ RT @iidatetsunari: あり得ないほど珍しく寄稿を依頼されたゴリゴリの業界紙(エネルギーフォーラム)の特集「再生可能エネと原子力、低炭素社会の「主役」はどっちだ」が発行されました。結論は火を見るより明らかだが、非常識が常識になっているのがこの国だが、飯田に寄稿依頼が来るくらいにはなったか・・

 RT @iidatetsunari: 寄稿した『六ヶ所再処理工場稼働2年延期をどう読むか〜際限なく劣化するこの国の政治と政策の深層』(原子力資料情報室通信)が発行されました。

  「物言う知事」はなぜ抹殺されたのか RT @iidatetsunari: 本日(12/4土)16時@山口県教育会館での「佐藤栄佐久×飯田哲也」『エネルギー政策と地方自治』(映画「東京原発」上映会に併設)に登壇のため、新幹線で山口に向かう。電策捜査で陥れられた佐藤氏は、地域社会に立脚した曇らない目を持つ尊敬すべき政治家であり、対談が楽しみだ。

 

    原子力妄想から目覚め、自然エネルギーによる第3の革命を目指せ

 RT @iidatetsunari: 『岩波世界』新年号(12/7)脱稿!『新政権の環境エネルギー政策はなぜ逆噴射したか?』。乞うご期待。なお全体特集は「原発ルネッサンス批判特集」なので、こちらも読み応えがあります。

 RT @iidatetsunari: Steve Thomas(グリニッジ大学)とLutz Mez(ベルリン自由大学)を連れて、原子力委員会で非公式のヒアリング。二人とも原子力ルネサンスが嘘っぱちであることを数多の実例で論証。

 RT @iidatetsunari: 【原子力シリーズ】11/23(火・祝)は原子力円卓会議2010シンポジウム「原子力政策をどう見直すか〜日英独における今日的論点とその方向性」を開催します(11月23日(祝)13:00〜@東京工業大学 本館第1会議室)

 RT @iidatetsunari: 『日本の論点2011』出ましたのでぜひご覧ください。飯田哲也「原子力妄想から目覚め、自然エネルギーによる第3の革命を目指せ」(P488)

 

 

    なぜ原発輸出論が「ナイーブ」か

 RT @iidatetsunari CERES「21世紀の電力会社」 「原発に投資する電力会社は社の存続を賭けることになる」とAndrew DeWitが週金で紹介していたレポート。これを見ると、日本はいかにも20世紀ということがわかります

 RT @iidatetsunari なぜ原発輸出論が「ナイーブ」か。第1に巨大な財務リスク(フィンランド原発は2兆円に達しつつある)、第2に核拡散リスクとそれをコントロールできない日本の政治不能、第3に失敗する国策の構図(もんじゅや宇宙と同じ)、第4に実は技術が空洞の原子力村・・

 河野太郎の指摘 「日本のエネルギー政策」シリーズ1 原子力発電 RT @konotarogomame 再送 日本のエネルギー政策の問題について、ぜひこの動画をご覧ください

 RT @kamegon_ube: 先ずは終わってる原子力をホントに終わらせることが最重要課題だと思う。 以上。

 

 

@zephyorg’s (竹内康正YasumasaTakeuchi) most favourited tweets

    地球がなぜ回ってるか知ってる!?

 みんなっ!! 地球って知ってる!? 地球がなぜ回ってるか知ってる!? あれはね、自然エネルギーで回ってるの!♪ 原発で回せるもんなら回してみろ!! お・ば・か・さ・ん♪ RT @DruckerBOT 簡単なことを前提にして戦略を考える。                           Jul 13th 2010

 1.廃棄と準備(無能な財界人>バカな政治家+アホな官僚=鼻糞な環境政策 原発推進する政治家全員、次回選挙で落とす) 2.機会の探求(市民に知識を持たせる) 3.顧客価値の創造(電源選択の自由) ブレーンストーミング 分析 検証 事業化                   Jul 15th 2010

 

    正確な、有意義な知識が、広範囲に広まり、若い人たちが奮起することを期待!♪

 有り難うございます!! 時代がいよいよ動いて来た感じですね!♪ 新しい世界、新しいルールをつくり、新しい人たちと共に変わってゆく!! 正確な、有意義な知識が、広範囲に広まり、若い人たちが奮起することを期待したいですね!♪ RT @kamegon_ube: @zephyorg 先に山口で行われた佐藤栄佐久氏と飯田さんの講演会、飯田氏の「原発はターミナルケアの時代」との発言が特に印象深かったですヨ。 個々の自然エネルギーの抱える問題が指摘されだしたのもムーブメントが動かしがたいからだと。

 

 

 

 

 

 























 

 

「原子力政策大綱の見直しの必要性」に関する提言


 

平成22年9月18日 秋葉原UDX

 RT @iidatetsunari 今日はこれから「自然エネルギー革命とフィードインタリフ国際ワークショップ」@立教大学に出て、午後に中抜けして原子力委員会のご意見を聞く会に登壇し、また立教大学に戻って日本のケーススタディを報告します。                               9:46 AM Sep 18th

 RT @iidatetsunari 原子力委員会ご意見を聞く会、いよいよこれから始まります(飯田は食事のため10分遅れて会場入り)。なお、今日は個人の意見ではなく、飯田が世話人を務めてきた「原子力政策円卓会議2010」としての提言を、禁欲的に行います。

 RT @iidatetsunari 先週18(土)の原子力委員会ご意見を聞く会は、滞りなく完了しました。原子力委員会は、方向性はともあれ、「見直し」には着手するようです。なお、飯田が報告した「原子力政策円卓会議2010」の提言は、以下からダウンロードしてください。

 

 【資料】 「原子力政策大綱(H17.10)の見直しの必要性」に関する提言書(概要) 2010(平成22)年9月18日 原子力政策円卓会議2010 原子力委員会ご意見を聴く会in 東京    飯田哲也 @iidatetsunari

 【資料】 「原子力政策大綱(H17.10)の見直しの必要性」に関する提言書 2010(平成22)年9月 原子力政策円卓会議2010 (世話人) 飯田哲也 @iidatetsunari @isepjapan 澤田哲生 長ア晋也 吉岡斉

 【資料】 「原子力政策大綱」 平成17年10月11日 内閣府 原子力委員会

 【資料】 先日9月18日の、秋葉原UDX、内閣府 原子力委員会 「原子力政策大綱」の見直しの必要性について ご意見を聴く会 in 東京 資料、動画がUPされています。(議事録が掲載されるまで配信)

 

 

 「原子力に対する立場の差異をこえ、多様な人々が、政策転換という選択肢も含め、自由な政策討議を行うことのできる状態を実現すべき。硬直化した原子力政策を、社会状況の変化に見合うものへ。

 円卓会議における討議が自由闊達になされることを保障するため、「チャタムハウス・ルール」を適用。多様な意見→問題意識を共有する場を組織。推進、反対、分かれても合意できる内容を提言。

 

 商業原子力発電に対する政策については、原子力発電の段階的縮小を含む、複数の政策選択肢を設定し、政策総合評価を行うべきである。核燃料サイクル政策についても合理的な「再」評価が必要。

 原子力政策大綱策定後、原子力委員会の頭越しに、基本政策の上書きが行われている。輸出前のめり、逸脱した状況について検証。事業停滞の現実を踏まえ、政策の見直し、抜本的な合理化が必要。

 核不拡散等、原子力をめぐる国際的状況が大きく変化している。財務・安全・保安リスク等、詳細な分析と政策的対処が必要である。政策評価が対象としていない「政策大綱」自体の再評価も必要。

 政権交代を踏まえ、政治主導の行政をよしとする観点から、自民党時代につくられた現在の政策大綱は、広い立場から政策レビューが必要。行政組織の権限・責任の明確化、国策民営体制の見直し。

 

提言

 1. 政治主導のガバナンス確立と行政組織の抜本的見直し。エネルギー政策一元的行政組織の確立。原子力委員会の独立性強化。政策専門家の育成。研究開発機関の活性化。事業仕分けの活用。

 2. 地域主権時代の政府と自治体との関係の見直しは急務。本来の地域のあり方。地域活性化の観点から、電源三法交付金等の制度改善や増設・リプレースに関わる支援制度のあり方を見直す。

 3. 熟議民主主義の時代に沿った意思決定プロセスの見直し。政府一元化。政府と地方自治体の役割分担。審議会の役割と人選。国民参加とリテラシー向上。情報公開、政策レビューのあり方。

 4. 形式的でない実質的な政策論議をするための変革が必要。公共政策をめぐる論議が欠如、官僚主導の政策決定システムは時代後れ。情報公開、国民参加、大学・研究機関等、議会の活性化。

 5. 形骸化している事業評価・政策評価から、オープンな、柔軟性・客観性をもった評価に転換する。金科玉条に、硬直的にやることによって、現実的な対応が出来なくなることは避けるべき。

 6. 官僚的な形式主義に支配されている原子力安全規制を、実質的に機能し信頼される安全規制に。安全という形式・建前を維持するがゆえに、実質的な安全性が損なわれることのないように。

 7. 国際的にも、地域活性化も出来るような、幅広い力量ある人材を育てることが絶対必要。研究者がオークリッジにこぞって入って来てる。イノベーションのフロントラインがどこにあるか」

                          原子力政策円卓会議2010  飯田哲也 @iidatetsunari

 

 

 

 


 
NG 原子力工学 Nuclear engineering
 

 

1 書誌 Bibliography 2 辞典・便覧類 Dictionaries. Thesauri. Handbooks 8 学術団体・研究機関 Organizations

19 雑 Miscellaneous 〔 原子力一般に関する通俗解説書〕

31 原子力工学 Nuclear engineering 〔原子力に関する包括的著作〕

    「世界の原子力事情に関する調査」報告書. -- 三菱総合研究所, 2010.3

41 原子炉 Nuclear reactors 〔原子炉物理,設計,建設,計装,運転,制御,安全〕 61 原子炉材料 Reactor materials

71 原子燃料 Nuclear fuels 81 アイソトープの生産・利用 Production and utilization of radioactive isotopes 〔一般〕

91 廃棄物処理 Treatment and disposal of radioactive waste

111 原子力利用 Uses of nuclear power

(113 ) (発電 Generation of electric power)

    原子力発電に関する基本的な資料  @mugla77  Aug 24th 2010

115 推進 Propulsion

141 核爆発 Explosion 143 平和的利用 Peaceful uses 153 核兵器 Nuclear weapons 〔 原子爆弾,核弾頭〕

 

ND148

    科学としての反原発 (市民科学ブックス) / 久米三四郎. -- 七つ森書館, 2010.8.

DL213

    原子力・エネルギーに関する意識動向調査. 平成20年度. -- みずほ情報総研, 2009.3

Z16

    原子力eye / 日刊工業出版プロダクション, 1998-

Z43

    原子力年鑑 / 日本原子力産業協会[他]. -- 日刊工業新聞社, [1957]-


 

 

 

 

ZEPHYRANTHES
©2010