ゼフィランサス FOLLOW YASUMASA ON     
   
 

自然 地球 生命 植物 動物 人体 健康
幸せ 愛情 暮らし 知識 経済 経営
歴史 八島ノート ご挨拶

生命

遺伝 生物多様性 植物 ゼフィランサス
農業 森林 動物 昆虫  哺乳類 
畜産  人体 スキンケア 医療
健康 自転車

 
   
     
   

幸せのプロフェッショナル 情報源 参考文献
イベント&セミナー サービス サポート
ゼフィランサスについて 採用案内

昆虫  Insect Updated 2017.06.17

アンリ・ファーブル    情報源  参考文献




昆虫、形づくられただけのもの。性質、鳥でも。鳥には鳥の世界がある。



アゲハチョウ(揚羽蝶) 前蛹へ糸を引く終齢幼虫 

→(孵化)→幼虫→(蛹化)→→(羽化)→成虫

昆虫    名前がついているものだけで、110万種    1000万〜3000万種?

チョウ類    17,600種

甲虫類(鞘翅目)    100〜500万種    日本  約11,000種

 「毒があれば目立ってもかまわないから、毒のある昆虫は目立つ色彩や模様になった」
                                           海野和男

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

VOL.52  2002.08.23

 

        ジャン・アンリ・ファーブル

 

 「小鳥は野の喜び。生き物と一緒に暮らすことに心の底から喜びを感じる」
 「上手に質問しさえすれば、自然は知りたいことをみんな話してくれる」

 

  Jean Henri Fabre(1823-1915)               http://www.e-fabre.com/
 南フランス、サン・レオン村生まれ。ノビタキやアヒルなどと豊かな自然に囲まれ少年時代を過ごす。18歳、カルパントラ小学校教師。25歳、コルシカ島で中学物理教師。地中海の大自然にふれ独学で本格的な昆虫研究に。29歳、アヴィニョンのリセで物理化学教師。37歳、ルキアン博物館長。44歳、「植物記」、レジョン・ドヌール勲章受章、宮廷参内。38歳から80冊近い科学書、55歳から「昆虫記」刊行。63歳、23歳のジョゼフィーヌと再婚。昆虫に一生を捧げた「プロヴァンスの詩人」

 

 「この歓喜の林のえもいえぬ楽しさ! 私は何回もこの最初の幸運な発見をした場所に戻っていった。そこで最初のきのこの授業をハシボソガラスと一緒に受けた」
 「小鳥は野の喜び。生き物と一緒に暮らすことに心の底から喜びを感じる」
 「わずかばかりの土地、いくらかの時間、これこそ私の願いであり、夢であった」
 「疑念が証拠の重みに屈服するまで、何回でも自分で見て触って確かめてみたい」
 「観察する者は何ものをもゆるがせにしてはならない。最も些細なことから何が出てくるかは誰にも分からない。私は観察する、実験する、そして事実に語らせる」
 「私は信念を持っていたので、すべてを出しきることをいとわなかった」
 「気高い人のうちとけた態度は、私をやすらかな気持ちにさせてくれる」

 

 「食うか食われるかの冷酷な闘い。闘いは情け容赦のないものだ。弱者は死ななければならない。死は生と協力して生物の均衡をはかり、変化のない老い衰えた邪魔者を秩序、多様性、活力に入れ代える。生き残るのはごくわずかである」
 「1つの胃袋から他の胃袋を経ながら物質は命を長らえている。生き物の宴会ではそれぞれが次々に会食者であり、そして料理にされる。今日食う者は明日食われる。すべては生きたもの、あるいは生きていたもので生きており、すべては寄生である」
 「葉は決して行き当たりばったりに配置されてはいない。幾何学とは空間の調和、松かさの鱗片配列にも惑星軌道にも、分子から宇宙までいたる処に存在する」
 「総ては法則に従い、総ては不滅で存在を続ける。形や外観は変るがもとは同じままだ。動物も死ぬと少しずつ空中に炭となって散っていく。動物は燃料を食べ、呼吸によって運ばれる空気で体内深くそれを燃やし、溶けた炭を絶え間なく出している」
 「この上なく倹約家である自然は、ほんの一片の炭でダイヤを、粘土でルビーを作る」

 

 「どんな植物でも、初めはごく控え目な状態の細胞から出発する。自力で万事切り抜けてゆかねばならない芽は、母枝を去らずにすむ芽と同じ構造ではありえない」
 「ある者は見事に新芽を吹き、ある者は僅かに弱い葉を広げ、ある者は枯れ落ちる」
 「植物の正反対の2つの性格。光を求めてやまない茎と、闇を望む根。入口と出口」
 「植物はたいてい厳しい倹約家だ。賢明なやりくりをして器官のバランスを保つ」
 「狭い年輪はたくさんの実を結んだ年。1つ1つの年輪は1世代ごとの芽の産物」
 「葉は炭酸ガスから取りあげた炭を、根からきた水と空気の要素と合わせて、下降樹液を合成する。樹液はすべてに適した液体であり、果実、材、葉、花、樹皮、芽の材料、生命の大乳房だ。動物は間接的に、世界中がこの豊かな流れを飲んでいる」
 「鉄の動物が、その食物たる石炭を消費するとき、実際は太陽のエネルギーの蓄積されている巨木のごときシダ類の葉を食べている。機械は物質以上のものだ」
 「ごくふつうの植物でも、大変洗練された食べ物の好みをもつ」

 

 「彼らはできるだけ繁栄し、数を増すために世に生まれ出た」
 「四季の暦におとらず規則正しい昆虫の暦、その極めて正確な出現」
 「各自が生活するためには、生活させてくれる条件が必要である」
 「昆虫はすでに、最初から完全な本能を持って生まれる。本能に従い、行動を選択することはできない。この能力が、その範囲は狭いがどれほど繊細で正確であるか」
 「知略の才能は遺伝する。明らかに祖先の才能で利口な村落がある」
 「観念は物質を支配する。形に先立つ1つの才能が道具を支配している」
 「すべての雄が生殖には激しい情熱を示し、満足の時が過ぎればすぐに夫婦関係は終わり、子供の将来はなりゆきまかせで、心配もせずにどこかへ行ってしまう」
 「夜、コオロギはアルマスの庭にあふれている。ラヴェンダーの茂みやテレピンの木は、みんなオーケストラになる。この小さな世界の優しい澄んだ声がこだまし合う」

 

 「美は到るところにある。そもそも美とは何か。それは秩序、全体における調和」
 「世界は己れ自身の上に立ち帰る一つの環である。一切は一切がまたやり直すために終る。一切は一切が生きるために死ぬ」
 「チャンスというものは、それを探しているものにしか滅多に授けられない」
 「頭脳に豊かな考えを貯え、心に気高い憧れを満たし、人生の闘いに臨むことだ」

 

 ヒグラシや蟋蟀の恋歌が美しい季節ですね。東京・恵比寿の庭にもオオスカシバやアオスジアゲハ、紋黄蝶、カラス揚羽、シオカラ蜻蛉、ヒメコガネ、セイヨウミツバチなどが訪れます。地球上で最も繁栄し全生物種の70%を占め、180万種以上と推定される昆虫。ムクドリは雛が巣立ちするまでに2万7,000匹も捕食するとか・…。

 

 

 

 

 

 

 

 

ファーブル

 

 












 

 情報源

ミツバチは「人間の顔」を認識できる WIRED VISION

幼虫の出すフェロモンで「姉たち」が短命に:ミツバチの社会 WIRED VISION
ユニークなクモ10選:画像ギャラリー WIRED VISION
クモの糸の驚異と、100万匹が作った「黄金の織物」 WIRED VISION
現存最古、1億4000万年前の「クモの巣」 WIRED VISION
ゴキブリは排尿しない:その優れた代謝系が明らかに WIRED VISION
「単眼付きの角」を持つハエ、1億年前の琥珀から発見 WIRED VISION
生きたカブトムシをリモコン操作(動画) WIRED VISION

アゲハ幼虫成長記録2  〜 タマゴからの成長記録 2009 〜  滅びゆく蝶の画像ギャラリー 絶滅が宣言されたオオモンシロチョウ

Yahoo!きっず図鑑  ぱらだいすなココロ 虫

Wikipedia  

 

 

参考文献








ZEPHYRANTHES
©2010