ゼフィランサス


 

自然 地球 生命 人体
幸せ 愛情 暮らし 知識
経営 歴史 八島ノート

遺伝 生物多様性 植物
ゼフィランサス 農業 森林
動物 昆虫  哺乳類 
畜産 

 
     
 

@zephyorg's Friends

ご挨拶
イベント&セミナー
サービス  サポート
幸せのプロフェッショナル
Andre_Louis オークション
ゼフィランサスについて

 
FOLLOW YASUMASA ON     
     
国立科学博物館 地球館 系統広場

遺伝  Heredity Updated 2017.06.17

うぶ毛の一本も、生命誕生以来、遺伝質として受け継いで来たもの
グレゴール・メンデル    情報源

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

   
         
         

 

 

 



 自然物、細胞、結合、自分はただつくられているもの。

 人類地球の始めから

 お父さんの身お母さんの身

 その方決まったことなさる

 代々のてっぺんにいて

 隔世遺伝。ある人死ぬと子供に似たような人。肉体だけ遺伝でない。精神も遺伝としてきてる。肉体だけじゃない。精神も遺伝。

 それだけの歴史、

 生み付けられた癖がある

 親子は一緒。 現在の自分、自分で何一つ創り得たものはない。うぶ毛の一本も、先祖、あなた自分でつくれない、先祖に感謝。貴族のような顔立ち 、I。他の人と群を抜いて違う。念の動きは遺伝的に決まっている。 考えて創る、意識。すべて遺伝、顔形、まず逃れられない。形、顔、性格、才能。そこに質が出ないといけない。意識じゃない。

 人間総て一緒ではありません。生まれ、立場、質。体質すなわち性質です。同質、近く、切れる、あるものと繋がり、日々の生活ができてゆく。

 人物は何千人いてもお母さん、その人、絶対人とは混ざらないものがある。

 産み付けられた枠の中から抜け出す。

 総て生みつけられたもの。

 人間ての、ほんとに定められたもの。総て先祖のお陰。先祖になかったら起きない

 全部遺伝。自分というものを生かす。世界に自分は一人、磨けば誰も及びがつかない。

 人間そのものが創られたもの。質が違えばやらない。色の研究。その人の状態に等しい。その人に一致して出る。何事でも質が出てきて、それだけ神経使えばつかめてくる。

 遺伝、誰もが同じです。カラー、感情。社会的なある立場、どれだけの人に好かれて認められて立場にあるか。

 性質で体、そういう事情の中で生きている。それだけの条件で物を考えている。

 これを知って、なんと恐ろしいどうにもならない、と思うことが数あるから。人間一つの自然物、定められたとうり動いてゆく。こわい。

 生きてる。心それにつれて動いている。体が変化してくる。心、体、事情、遺伝的に決まっている。いつ頃こうなる、が当る。生きてる、どういうことか、自然界、そのエネルギー。同質結集、三原則の中にすべてある。もの事は人間がやる。総て人間、人間遺伝、体質性格、いつ頃どうなるか決まってる。総ては決まってると見てもいいですね。運命何万年も前。ノーベル賞、100個くらい持って来い。

 あなたの顔形だって自分でつくったものじゃない。体質、性格、くせも遺伝、歩き方もそっくり、総てが遺伝。産みつけられてるからやっかい。歯を磨き始めるところ、自分てもの矯正する。決まってる、良いのであれば、悪いと分かったら変えてゆく。煙草の時間、参考書、図鑑。民族というのも決まりきった。

 先祖乗り越える。いやだな、横着。まそんなことですね。頑張ってやりましょう。

 人は生みつけられた性質で生きている。こちらを打たれたら、何故打たれたか原因を知り、因をもたなかったら果は生じない。

 運命何万年も前

 35億年前の遺伝子ができた。条件てものその時できた。あとは繰り返し。僕は人間ばっかり見てる。何故こうなったのか。何故こんな子ができたのか。

 ルパン3世僕は4世

 運命は総て遺伝で決められている、そんなこと言ったら何にも変わるものはない。

 

 

 

 

 

 



 

VOL.288  大寒  鶏始乳  2010.01.30

 

 

 
うぶ毛の一本も、生命誕生以来、
遺伝質として受け継いで来たもの
Even the one of the baby fuzz is inherited as idioplasm since life birth
 
 
 

 昨日、千代田区一ツ橋の学術総合センター一橋記念講堂で、高校生や大学生たちに混じって、国立遺伝学研究所60周年記念シンポジウム、「夢みる遺伝学 〜そして生命(いのち)が好きになる〜」、に参加して来ました。  04:52:52

 高校生による研究発表では、日本各地のフナムシ45個体のDNAシークエンス、塩基配列や蔵卵数比較で遺伝子解析、16S rRNA系統解析や系統樹作成等、大人顔負けの研究内容や覇気の良さに目を見張りました!!  05:26:27

 MITの合成生物学の大会、iGEM(遺伝子工学ロボコン)2009銅メダルの東大チームや、理化学研究所ゲノム科学総合研究センター所長、米国科学雑誌「Science」編集者、遺伝学研究所副所長の講演&討論。  06:02:41

 

    遺伝子、塩基配列、結合、細胞、自然物、自分はただつくられているもの

 「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、環境に対処して、変化できる者である」                 チャールズ・ダーウィン  6:18 AM Jan 31st

 オトシブミやアゲハチョウなどの昆虫は、揺籃を作ったり蛹になったり、次世代を残す為の作業プログラムが、数mmに満たない頭の中に組み込まれている。遺伝子、塩基配列、結合、細胞、自然物、自分はただつくられているもの。  06:39:11

 現在の自分、自分で何一つ創り得たものはない。うぶ毛の一本も、生命誕生以来、遺伝質として受け継いで来たもの。脳波、感情、念の動きは遺伝的に決まっている。考えて創る、意識じゃない。すべて遺伝。顔、形、性格、才能。  06:59:40

 

    科学技術は、生命現象に含まれる。機械は、すなわち自然である

 生命40億年、科学技術1万年。科学技術は、生命現象に含まれる。機械は、すなわち自然である。この自然界を構成する自然美。同質の結集、バランスの対称性、時間の循環。規則正しい周期、歴史の繰り返し、自然史。  07:19:36

 「偉い科学者の共通点は、人のやってない事をやること」    和田昭允  09:48:14

 こちらこそ、有り難うございました! とっても有意義な時間を過ごせました!♪ RT @biogr ありがとうございました☆ #nig60  18:34:41

 

 

 

 

 秋葉原 行ってきました! みんないた!♪ 御坂美琴 & 白井黒子 & 初春飾利 & 佐天涙子 @ とある科学の超電磁砲 < レールガン > さあ、僕も心機一転!電撃ビリビリいくぞ〜!

 

 

 

 

 

 

 
 

 「人間は1つの細胞から発生し、2つに分裂、さらに各々が分裂し、果てしなく分裂を続ける。父親と母親の細胞物質からできており、肉体的に過去に依存する」
 「同じ人間は二人といない。精神的個性と同様、体液にも個性がある。精神と同様、細胞と体液も記憶する力を持っている。細胞はその持主特有のものである」             アレキシス・カレル

 

遺伝子数  35000    ヒトゲノム  31億塩基対

 

 「DNAは生命の本質への鍵を握っている。生命の本質は理科の実験でやるような化学反応と同じく、ごく普通の物理的・化学的作用の産物。そこに特別なものは何もなかった。二重らせんの構造はエレガントだったが、そのメッセージは身も蓋もないものだった。生命は化学の問題にすぎなかったのである。今後は、DNAが人間の生き方そのものに及ぼす影響、しだいに大きくなりつつあるその影響が、ますます注目されるようになるに違いない」

 「親と子が似ている。自分の特徴が子に現れる。特徴は何世代も受け継がれ、結果として親きょうだいが似る」

 「ゲノムとは、個々の細胞の核に含まれているひとそろいの遺伝的指令のことである。どの細胞にも、双方の親から来たゲノムがひとつずつ、計ふたつのゲノムが含まれている。子が受け継いだ染色体は二本ずつあるから、遺伝子もふたつずつあり、ゲノムもふたつあることになる」

 「受精卵の中に含まれる両親の遺伝情報。一個の細胞である受精卵というささやかな出発点から、新しい個体ができてゆく発生のプロセスにおいて、この遺伝情報が実現される。単純な一個の細胞が驚くべき変化を遂げ、ヒトの場合なら百兆個の細胞からなる複雑な成体になる。その変化を支配しているのがDNA。ヒトを作れるのはヒトのゲノムだけである。ヒトのゲノムは、私たち一人ひとりの成長を支配する壮大な指令書だ。そしてその指令書には、まさにヒトの本性が書き込まれている」

 「生命とは、互いに絡み合った膨大な化学反応の体系にほかならない。その秘密は、私たちのDNAの中に、これもまた化学の言葉で書き込まれた、途方もなく複雑な指示書のなかにある」 

 「育ちの影響力は大きいとはいえ、そこにはおのずと限度がある」

 「私たちは何世代にもわたり、最初は目的にかなった種だけを飼い慣らし、次にはたくさん仔を産む牛や、大きな実のなる果樹を選抜して育てることにより、人間に都合のいい動物や植物を手に入れてきた。穀物、果実、肉といった、私たちが口にするほとんどすべての食物は、古代に行われたもっとも初期の、そしてもっとも遠大な影響を及ぼすことになった遺伝子操作の遺産なのである」  ジェームス・D・ワトソン

 

 

 

 

 

 

 
 

  VOL.58           2002.11.1

 

        グレゴール・メンデル

 

 「はきちがえてはいけないよ。 みんな自然現象なんだから」
 「両親の形質は、変わらずに、その子孫にふたたび現れてくる。親の形質は、子孫のすべてに、変わらずに伝えられる。ある場合には、子孫のあるものは一方の親によりよく似ており、他の例では、他方の親によりよく似ている」

 

  Gregor Johann Mendel(1822〜1884)        http://www.mendelweb.org/
 オーストリア領シレジア、ハイツェンドルフ生まれ。18歳、オロモツ大学哲学科。21歳、ブルノ修道院修練士。カルデア語etc.を学ぶ。25歳、司祭。29歳、ウィーン大学で物理・生物学専攻。32歳、ブルノ高校、物理・自然史教師。34歳から8年にわたりエンドウの交配実験、43歳、「雑種植物の研究」発表。45歳、修道院長。楽しい人柄、明快な教授法で多くの生徒に慕われた。気象学者。59歳、銀行頭取。聖職にありながら、生命科学、遺伝学、バイオテクノロジーの基礎を築いた。

 

 「かろうじて自活しながら勉強を続けられた。環境が私の職業の選択を決定した」
 「院内所蔵の植物ならびに鉱物標本のささやかな収集を自由に手にするの便宜を供され、余暇あるごとに常にこれの研究を怠らなかった」
 「こんなときに、むにゃむにゃお経など上げるのは馬鹿げている」
 「自然の研究は、深く自分の心をとらえて離れず、独学や実地経験者の助言を通じ、自己の知識の空隙を補充するためには、如何なる辛労もおそれはしない」

 

 「地球は、時の経つにしたがって、生物が発生し生存する為に必要な活動をするようになった。最初に植物が生まれ、ついで動物が下等なものから現れた。動植物は次第に発達して豊富になり、最も古いものは新たにさらに発生したものに場を与えるため、一部ずつ滅びていった。火成・水成の造岩作用はいまだ終っていない。地球の創造力は今日も依然として活動状態を維持している。大地の火が燃え、それを包む大気の流動が続く限り、地球の創造の歴史は決して終るものではない」
 「生物の発達の基本は、元来普遍的なものである。有機的生命体の発展の仕方に統一性がある」
 「遺伝形質は、因子によって伝えられる」

 「1人1人の観察者にとって、最初は無意味なように思われて見逃されやすいような小さな差でも、多く集まれば全体の結果に無視できない意味をもつようになる」
 「確実な根拠をもって診断をくだし、決して全体的な印象だけでいいかげんの判定をしないこと。そうした立前の実験の末にこそ、決定的な答えが期待できる」
 「外見上の一致で、遺伝的性質まで同一であると結論づけるのは大変危険」
 「種間の雑種は、変種間より形態の変異が大きく、親の型に戻る傾向が強い」
 「ある受精から生じた雑種の数は、不変型とその子孫の数に対して、代々有意な量だけ減るが、決して消滅することはない」

 

 「観葉植物でいろいろの色の花が咲くのは、ある定まった法則に従っているのであって、それはたくさんの独立の色の形質の組合せに表現されている」
 「2つの植物の明らかに異なった形質は、結局、原始細胞内で動き回り、相互作用する因子同士が結び付く際の、AA、Aa、aaといった組成の相違によって生じる」
 「ある系統の植物にさまざまな型で現れる不変の形質は、人工受精を繰り返せば、組合せの法則において可能なありとあらゆる結合を遂げ得る。対立形質が7通りあれば、子孫16,000株について両親の型のものはたった1株ずつのはず」
 「エンドウ属では、雑種の子孫に形質が不変のものができ、両親の形質のあらゆる組合せが見られる」
 「代を重ねても不変の雑種は、新しい種に到達したもの」

 「種子植物は、1個の胚細胞と1個の花粉細胞が合体して1つの細胞(受精卵)をつくる。この細胞は養分を摂取、新しい細胞を形成し、1つの独立した生物になるまで発生成長する。生物の発生はある定まった法則に従っており、細胞中の要素の物質的性質とその配列によって定められている。生殖細胞が親の元の細胞と一致するなら、それから出てくる新しい生物の発生は親と同じ法則に従う。異なった種の花粉細胞と結合した複合細胞なら、子孫の展開は両親とは違う法則に従う」
 「雑種は種々の胚細胞と花粉細胞を形成し、子孫が変化する理由がそこにある」

 

 「今回の旋風は時計の針と同様の回転、気象学の法則には例外たるべきもの」
 「今から女王は、ひとつしっかりした亭主を見つけなきゃというところですよ。蜂の世界も人間と同じで、りっぱな婦人が、まずい亭主と連れ添ったのでは悲劇でね」
 「私には実によくしてくれた母だった。この母のためには、私の力でできるだけのことはしてあげて、その老後を少しでも安らかにすることは自らの胸に義務と感じる」
 「今に私の時代が、きっと来る」

 

 35億年前に遺伝子ができた。条件てものはその時できた。あとは繰り返し。60万年前ぐらい、人間は何も身につけないで這い回っていた。羊水から生まれて空気、這う、手に口、伝え歩く、歩く。これが歴史、遺伝ですね。シュメール5000年、消えるものでない。隔世遺伝、子孫。肉体だけでなく、精神も遺伝として出てきますね。

 

 

 

 

 

 
     

 

 情報源

夢みる遺伝学 〜そして生命(いのち)が好きになる〜  国立遺伝学研究所60周年記念シンポジウム
国立遺伝学研究所
フナムシ  16S rRNA系統解析  系統樹  DNAシークエンシング  シークエンス  塩基配列  
iGEM  Main Page - 2010.igem.org  合成生物学  マサチューセッツ工科大学  遺伝子工学  teamTodai-Tokyo - 2009.igem.org
理化学研究所ゲノム科学総合研究センター  Science

文化はDNAに組み込まれている?「隔離された鳥の歌」実験

重さ22キロの特大ニジマスと、養殖魚の遺伝子操作 WIRED VISION

 

 

 







ZEPHYRANTHES
©2010