ゼフィランサス FOLLOW YASUMASA ON  @zephyorg's Mutual Friends 
   
 

自然 地球 生命 植物 動物 人体 健康
幸せ 愛情 暮らし 知識 経済 経営
歴史 八島ノート ご挨拶

植物

森林 農業

ゼフィランサス

とりどりのゼフィランサス
2001−2003

 
   
     
   

幸せのプロフェッショナル 情報源 参考文献
イベント&セミナー サービス サポート
ゼフィランサスについて 採用案内

ゼフィランサス Zephyranthes Herb.

Updated 2017.06.17

ゼフィランサスについて  性質  知識  ピンク系ゼフィランサス

 2004−2006  2007−2009

平成22年  2010



平成21年  2009

 


平成20年  2008


ゼフィランサス 2008

ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿 ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿

ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿 ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿 ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿

ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿 ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿 ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿

 

 

ゼフィランサスについて

 

 ゼフィランサス、強いですよ。3本が何百株、株分けしたらもっと増える!♪

 ピンク色の頬紅のような花、次から次から増え、咲く。実に綺麗です。僕、大好き。綺麗な花です。一遍見たら忘れない。一つの花は三日でも、かたまってると三ヶ月花咲いてます。

 ゼフィランサス、僕はそんなのが全部人間に見える。ゼフィランサス、唯立ち止まってじっと見る。僕、折って持って帰ること出来ない。そこに根付いているもの。

 ゼフィランサス、たちまち増えます。僕が三本もってきたら三、四十本咲く。一本だけ咲いたから持ってきた。これがゼフィランサスでございます。                     1990.5.24

 ゼフィランサス、最後の一輪ももう終った。たくさん、何十株ってあったのに、何かちょっと淋しいですね。
                                            1990.11.10

 

ゼフィランサス(ピンク色)の性質

 ゼフィランサス、ものになった時、ものになる時。ものになる。ものになってゆくという自然現象。ピンク、感情満たされてる時、ものになる。ゼフィランサスの花咲くとき、楽しくていい時。僕はゼフィランサスの方が好き。二人は大人

 ゼフィランサス、梅はよろしい。 タマスダレ、白はものにならない。裏表でしょうね、サフランモドキ。白いの花小さい。ピンクの方が花大きい。黄、自分の思ったように物事ならない、面白くない。

 

 

 
 

ゼフィランサスの知識

原産地: 西インド、北〜南アメリカの温暖地方、草原に自生 、約35〜40種の原種

植物分類:  単子葉植物 ヒガンバナ科 ゼフィランサス属

和名: たますだれ、さふらんもどき、バンサンジコ(蕃山慈姑)

花ことば:  清純な愛、期待、潔白な愛、純白の愛、清い愛

ギリシャ名: Zephyranthes 西風の花  =  Zephyros 西風 の神 + anthos 花
ヨーロッパから見た西半球に自生、芳香ある美しい花

独逸名: Zephyrblume    中国名: 菖蒲蓮、風雨花   異属名:  Cooperia 

英名: Fairy lily、 Rain lily、 zephyr lily、 Atamasco lily、 Rain flower 、 Windflower

園芸分類: 春植え球根草、多年生草本で庭園に栽培される観賞用の草花 。
有皮鱗茎、球根性宿根草で71種からなる。 落葉性、いくつかは常緑。花壇の縁どり、鉢植え。

栽培特性: 日当りよく肥沃な土地に浅植えにし密植すると効果的。冬は 敷きわらや盛土して保護する。
耐霜性〜半耐寒性。 多くの種は分球(株分け)が盛んなうえ、よく結実する。
種子は果実が裂けると同時に採取し、播種する。播種後2〜5年で開花する。

頂ニ紅色ニシテ愛ラシキ一花ヲ着ク

 葉は互生し、線状または扁平な革ひも状、葉序は2分の1。ひとつの花の寿命は1〜3日で短いが、次々と新しい花茎が出てきて開花するので花を観賞できる期間は長い。開花期は種によって異なり、4〜5月に開花する春咲き種と6〜9月に開花する夏咲き種がある。

 開花期間中に1鱗茎から1〜3個の花茎を出し、各花茎に1花をつける。花蕾は、先端が2裂する仏炎苞に包まれる。花被は6裂、また8裂、雄しべは長短3個ずつある。柱頭は3分岐か3裂する。

 花色は種によって異なり、純白、乳白、淡紅、赤、黄銅色などがある。いずれの種も花芽形成の時期は定まっておらず、生長点が花芽になると、その下の葉腋で分枝して一定数(タマスダレでは3個)の葉を形成した後に再び生長点が花芽になるという仮軸分枝を年に2〜4回繰り返す。果実は刮ハ。

 

 

 

VOL.  193 花卉・観賞植物 Flowers and ornamental plants

 

★★ ピンク系ゼフィランサス ★★

ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿

●カリナタ (サフランモドキ)  Zephyranthes carinata Herb.

異名: グランディフローラ  Z.grandiflora     園芸名: Z.rosea
原産地: 中央アメリカ (ジャマイカ、キューバ、メキシコ、グアテマラ)
carinata 脊稜ある    

 1824年に発見され、日本へは弘化2(1845)年に渡来し始め、サフランとまちがえられた。和名は明治7(1874)年頃につけられたもので、サフランに似て別物の意。

  根出葉は半直立し、細く線形で光沢があり長さ15〜30cm、幅7mm前後と幅広く、緑色であるが基部は紅色を帯びる。 春から秋にかけて、1鱗茎から7〜10個の葉を出葉させる。花が上向き、ろうと状から筒状。春から夏にふつう葉の展葉と同時に開花する。屋外のロックガーデンでよく生育する。地下にラッキョウ型の鱗茎があり、葉は1株に2〜7枚を群生し、細長く線形をしていて、ひらたく柔かく、下部は紅色をしている。茎を1本、最も外側の葉間から出し、先に紅色の美しい花を1個つける。 開花は5〜10月、高さ20〜30cm、花は径6cm前後で大きい。

 花被裂片は鮮桃色で、6片または8片に分かれて平開し、下部は筒状で緑色。雄しべは6本、動揺する黄色いやくがある。筒の下には下位子房があり、子房の下に花柄があって、膜質の包葉がこれを包んでいる。 鱗茎は径約3cmで本属の中では大きい。

 花は長さ7cmのろうと形で明るいピンク色。美しい鮮桃色の大輪美花。半耐寒性で、日本の暖地でも半野生化するほど丈夫。 晩春から盛夏の花壇に彩りをそえ、夏花壇にさわやかな涼感を与えてくれる。温室でのコンテナ栽培植物として人目を引く。

 数十種がアメリカを中心とする西半球に自生。一名〈レインリリー〉と呼ばれ、夕立など雨後の翌日には不思議と花梗が伸びてくる。花径2〜5cm、草丈10〜25cm、1茎1花で、花の寿命は3日くらいと短いが、種類によっては初夏から晩秋まで咲く。

●Z.ロゼア   Rosea 輝くようなローズ色の美花。 赤花の代表種。半耐寒性。
キューバ、西インド諸島、グアテマラ原産。1823年にイギリスに紹介された。
鱗茎は小さな球状で径2cm前後。灰白色を帯びた緑色の細い線形の根出葉は
長さ20〜30cm、幅約5mmで斜上する。花筒部の短い、長さ最大3cmのろうと形
の花は濃いピンク色の小輪、7〜8月開花。花被裂片の幅は1〜1.5cm、花柱は
雄しべより長い。高さ15〜20cm、幅8〜10cm。

●Z.タウベルティアナ (モモイロタマスダレ)  Taubertiana 
ブラジル原産、耐寒性。種の形容語は人名にちなむ。1935年に日本に導入された。
葉は長さ20cm、幅1cmでやや厚く、濃緑色で光沢がある。開花は5〜9月。
花は寿命が短く1日でしぼむ。花被裂片は桃色、花筒部に濃緑色の条線が入る。
桃の里  
濃桃色の大輪美花。夏咲き。強健で秋まで不定期に雨周期に合わせよく咲く。
紅玉  淡紅色。オーストラリア原産。ローズ紅色の丸弁小輪の美花で5月咲き。

●Z. リンドレイアナ  Lindleyana 淡紅色 カバイロタマスダレ
ブラジル、メキシコ原産で半耐寒性。種の形容語は人名にちなむ。日本には1934年に
導入された。鱗茎は丸く径1〜2cm、葉は長さ約20cmで幅狭く、狭線形。4〜6月に
開花。花は小さく径2〜3cm。花筒部は緑色。

●サンアントーネ  クリーム黄色の剣弁の弁先が淡いワイン色の品種

●クリープ  小輪だが、美しい桃色に中心部は乳白色。耐寒性種。

●マーシャ  ごく淡いアプリコット、大輪で上品な花。

―――――――――――――――栽培のポイント―――――――――――――――

 植え方 4月下旬ごろが植付け適期。土の表面に腐葉土や園芸用の軽石、化成肥料などをばらまいて、湿っていて水排けのよい 肥沃な土壌で、半日陰または日当たりのよい場所に植え付ける。生育期には十分潅水し、4週間ごとにバランスのとれた液肥を施用する。深植えをさけ、球根の首の先端が地表すれすれくらいに植付ける。植付け間隔は球根1〜2個分くらいあけるか、球根がほぼ触れあうくらいに密植すると開花時に華やかで美しい。球根の首部を持ち、突刺すように植えると簡単。 一度植え付けると3〜4年は掘り上げずにおき、株が過密になって花立ちが悪くなると掘り上げ、株分けする。

 鉢植え 壌土を基本とした鉢物用土に荒砂。赤玉土・腐葉土・バーミキュライトなどを均等に混合して、下部にふるい分けた大粒土を入れる。4〜5号鉢に5〜10球 程度に密植し、球根の首が少々出るくらいの浅植えにする。 長雨が原因の赤斑病は、マンネブダイセンなどで消毒する。有機肥料を十分に与える。

 冬越し 耐寒性種以外は、降霜時に掘上げるか盛土をして保護する。鉢植えも、霜が降りたら給水をやめて、凍らない場所で休眠させる。 冬の過湿から保護する。

 繁殖  種子は取りまきとし、13〜18℃で播種する。子株を春に株分けする。

 

 

園芸

   
     

 

平成19年  2007

ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿 ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿 ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿

ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿 ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿 ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿

ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿 ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿 ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿

ゼフィランサス 東京都渋谷区恵比寿

 

 

 



ZEPHYRANTHES
©2010