ゼフィランサス


 

自然 地球 生命 人体
幸せ 愛情 暮らし 知識
経営 歴史 八島ノート

結婚 夫婦 妻として
夫として 家庭 子育て
教育 子として

 
     
 

@zephyorg's Friends

ご挨拶
イベント&セミナー
サービス  サポート
幸せのプロフェッショナル
Andre_Louis オークション
ゼフィランサスについて

 
FOLLOW YASUMASA ON     
     
ミッドタウン・ガーデン 芝生広場

教育 Education Updated 2017.06.17

お手本  教師  学生   学校  小学校  高校  国語  現代国語  理科  社会
受験  大学  幸せのプロ  質問    情報源  O 教育・学習支援    参考文献  F 教育

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

   
         
         


 

 

 

 現在、法律も教育も問題ある。人の幸せになるためとして作られたものじゃない。

 真っ先に教えなくちゃ

 人の質を向上

 

 

 

 "A great WSJ article on the benefits of increasing the school week - we should resist reduction as much as possible"                                      @BillGates

 "Students in Mesopotamia attended their schools from sunrise to sunset."
                             The Case for Saturday School - WSJ.com  @WSJ

 

 「人にはそれぞれ他人にない素晴らしいものがあり、その個性を無限に伸ばす可能性があります。内に潜んでいる優れた個性や資質を磨き、見事に青春を謳歌する花を咲かせてほしい。自分自身が充実し満足するもの、本当に自分が燃えることのできる道を見つけ、その目標に向かってひたむきに努力する。自分の能力を高めるためにあらゆることにチャレンジして下さい」

 「自分の一生は自分の責任で生きる」

 「就職して業務につくということは、その道のプロになるということですから、本格的な能力を身につけ、絶えず新しい知識や技術を習得しなければなりません」

 「一人ひとりが社会的な役割を見つけ、それに全力を尽くすところに幸福がある」

 「人生の理想、人間生活の目標は、個人と社会との円満な調和の中で自分をよりよく生かすことにあります」

 「人を生かし、他の利益、幸福を考えてあげる行為こそが善であり、社会の発展と福祉の増大につながるのです。常に人との「和」をつくることにつとめ 、向上心、自律心をもって生きることが幸福な生き方です」

 「生活・文化の多様性を認め合うことが世界平和に不可欠。やがて地球は1つのコミュニティーというようになりますので、国際感覚でものを考えることが大切」                   竹内正道

 

 

 

 

 

 
 

 

お手本  Model




 ものの道理を教える。 自然の感化です。人間の関係、自然物、天体と一緒です。

 生きる喜びを教える 、指導者がホントの真実

 勉強して楽しむと同時に人にはいい感情与えてゆく。教える時でも楽しく。教え方が上手だ。=楽しいです。笑わせたり、みんな。人が大勢集まるとこ、楽しいとこ。楽しく暮らすことお考えなって下さい。収入上で楽して。楽しく暮らさなかったら人の上に立てません。難しく暮らしてる人日の目見ませんよ。

 世の中の指導者による。叙情詩。せめて美しい、程度の高い花園残しておきたい。

 生きてく上で。

 心の教育、人間の感情で結ばれている。その人にふさわしいものしかない。

 楽しいですよ、世の中楽しいこといくらでもあります。ここに来てから、よれよれの服がぴちっとした服になる。僕がくずさない。こちらがきっちりしてないと結構な方が来たとき見下げられます。

 三つ揃い、中心にいる者が大切です。お手本となります。自分がお手本となって、みんなが右へ倣えをしてゆく。学問よりも人間教育やる。人間として向上する。植物、動物、変化、自然、全体、現在、精神、肉体のほうも、あくまでもその中で笑って楽しく栄えてゆく。うまくいってる人はいってる。感情に等しいだけのもの。先生となるもの、ご自分頑張って下さいね。家の和、でないと入れない。

 ほめ育て、意識してやってませんが習い性となる。人間の心が響いていくこと。心が繋がってゆくことです。会員、僕は教育してません。自然に良いこと目に入ります。僕はここに来てる子供たち好きです。がーんとしかられてるんだけども心の底にあたたかいものが、世界で心通ってる僕だけ。頭から言われたけれどここだけはあったかいもんがある。人間心ですね。だからこの子供達かわいい。やってくれる。何も言わないけど、心です。飼い主に似る。犬も正直、自然現象。

 

 

 

 

 「将来、国や産業のリーダーとなり、国や産業を繁栄へと導く能力の持ち主を育てること。これが教育制度の役割だ。知的財産に目覚めた国では、創造や革新に関連する教育の割合が高まっている 。
 現在の子供たちがリーダーとしての役割を果たすことになる2050年の視点から考える。将来において、人々の中心になって様々な課題を解決し、災害を回避し、危機に対処し、高いレベルでの安全、幸福、そして経済的、社会的、文化的な成長と開発を達成できるように国や国民を導くことができる人物に育つために必要な教育と準備を、いますぐにでも子供たちに与え始めるべきである。

 知的財産に関するすべてのプロセスや教育増進効果のある施設、議会、裁判所、高等教育機関、研究施設、企業、中小企業などを子供たちに体験させ見学させるべきである」 荒井寿光 カミール・イドリス

 

 「よい日本人になりなさい」                東郷平八郎

 

 

 

 

 

 
 

 

教師  Teacher


 

 教育者そのものが知識ありません。そんな時代に風流なんてなんや。

 先生の影もふまない。師匠の何歩でもさがる。人格、国家の品性落ちてきてる。堕落でない。アメリカにさせられてる。先生ふざけたスポーツウェア、生徒民主化はきちがえてる。

 300分の1が最高の教師。 その教師の程度だけのこと、

 校長会、誰かが方向転換できないのかな。大勢集まって情けないと思います。

 君より詰まらん人が来るだろう。君より素晴らしい人が来る訳ない。だから勉強しなさい。

 皆がそういう人先生として戴くでしょうか。そこを考えて自分を磨き出してゆく。

 

 

 

 

 

 
 

 

学生  Student


 

 いい生徒であること。親を喜ばせること。

家が楽しい時、栄えて成績あがる。勉強だけやってたらあがるそんなもんじゃない。

 努力、コツコツコツコツしてゆく。やり出したら徹底してやってゆくこと。いい生徒であること。親を喜ばせること。歳時記、勉強する人、だから楽しい。言葉、動物。詩つくる。だんだん勝手に上手になってる。今やる時期、やってる人ものになる。

 立場、学業、もっと大事なもの、あなたどなたの子、その親がこの学校行かして、どれだけ結構になってくれるだろうか。学生としての本分。親に対して子としての本分。いい子をもった、人には言わないけれど心の中でホロッーと涙。将来必ず成功します。

 若い人、今履き違えが多い。自由、遊びごと、良い結果結ぶこと奨励されてません。自分が。周りが幸せにならないと。

  自分の成すべき事、学生、自分の勉強、ちょっとの時間には勉強。体も使わなかったら。健康も。何でもかんでも怠けただけ損。人に後れをとります。やってやってやって、どんな痛い目に遭っても何時の間にか。結果が現在に出ている。現在の自分詰まらんと思うのなら。努力したって無駄な努力。どんな勉強してもその人が好かれなかったら生きない。薄暗いところで生活、研究していくしかない。広い世界で楽しく生きてく人、楽しい人、色んな知識、そういう人間にあなた方なって頂くために、特に今日やった。  

 朝、自転車走ってますか。欲深く勉強しただけのものがなんかの時に役に立つ。世の中のもの、無駄にしちゃ駄目。いつどういう形で生かされるか分かりませんよ。

 

 

 

 

 「かへすがえすも後進の書生に望むのは、奮ってその身を世間の風浪に投じて、浮かぶか沈むか、生きるか死ぬかのところまで泳いで見ることだ。この試験に落第するやうなものは、到底仕方がないサ」 
                                                 勝海舟

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

学校  School


 

 

 

 すべて幸せ一本につくられていたら学校も教育も法律もない。

 

 

 「生徒から愛され、保護者から信頼され、先生が身体を張って生徒指導をしてくれる学校が理想の学校です」
 「単なる知識ではなく、人間としてのあたたかい心を持った生徒の育成こそが期待される」
 「知性というのは単に教科の学習だけでなく幅広い教養のことで、使命感、自己犠牲、奉仕活動、包容力等を含むもの」                                                                              竹内正道













 
 

小学校  Elementary school


 

 子どもとの交流で感じた政治家とのギャップ

 

 

 

 

 

 

 

 
 
高校    Senior high school

 

世界最先端プロジェクトの研究助手に地元高校生を起用 冨田勝  科学技術振興機構

天才高校生はIT業界を変えられるか? - 記者の眼:selfup

JK総ラン2009夏 日本全国200万女子高生の“今”がわかる Seventeen 9月号

 















 
 

国語  Japanese


 

 

       VOL.51  2002.08.11

 

        現代国語

 

 「人を感動させる文章てのはやはり魂が入らなけりゃダメなんです。魂が入ってない文章は人は何とも思わない。本当に心を入れて書いた文章てのは感動する」

 

本日は昭和57年度、駿台予備校夏期講習、藤田修一 「東大現国対策演習」から

 

 「どの分野や領域でも、その道へ入って行けばますます難しい、手強い、困難であるということを痛感する。それが実は向上の第一歩、前提である。試行錯誤の連続、間違いながら上達する。失敗、これを材料にして伸びていく。失敗こそ向上の証し」
 「本質的な読解と表現の力が必要。力をつけなきゃどうにもならない」
 「人より2歩3歩前に出ればいいんだよ。他の受験生との比較において受かる受からないがある。今夏休みという季節に自分はいるんだけれども、この時俺は何をするか、私は何をしなくちゃならないか、やるべき事をやったかやらないか、ということを考えながら歩いていかないと、一年ていうのはあっという間に過ぎていくからね」
 「料理の仕方を身に付ければいい。問題文てのはあくまで素材、材料。数打ちゃ当たるってもんじゃない。鉄砲の打ち方が問題。打てば上達するという時間はない」

 

 「読み解くということは生きることなんだ」
 「読むという行為は知的な作業。自己の内部に映像を構築せざるをえない」
 「今、散文時代。だからこそ韻文時代の心の豊かさを失っている。短詩型文学ってのは非常に高度な文学。切り捨てる。エッセンスだけ。切り捨てられたところに想像の翼を広げなければいけない。手掛かりは、リフレーン。リズムの美を醸し出す」
 「一文一文が連鎖反応的に前の論理に突き動かされながら、水の流れの如く流れている。そして究極の目的はイイタイコトという海に流れていく」
 「まわりの小さな全体に仕えるところの部品である。ひいてはイイタイコトという大きな全体に仕えるところの部分である。この部品てのは、ここに入っていてはじめて役に立つもの。イイタイコトという神様に仕える下僕ですよ」
 「この現実世界ってのは相対的な現実なんだ。この現実を描く現代文が、A⇔B記号が使えないはずはなかろう。クラスメートは必然的にA=A’」
 「極楽があるから地獄がある。対立表現と同内容表現、並立の関係、AからBへ」

 

 「一筆啓上、火の用心。おせんを泣かすなよ。馬を肥やせよ」
 「子供がどうしてグリコのおまけをあんなに喜ぶか知ってる? おもちゃだから。何故子供はおもちゃを喜ぶの? おもちゃを通じて夢を見ることができるから」
 「美を求める心。愛情をもって凝視すれば対象の美を実感できる。言葉を捨てて対象をじいっと見つめると、今まで示さなかった美というものを示してくれる」
 「不立文字。夜盗の術の極意を伝授。ものを体得する場合に言葉はかえって邪魔になる。言葉で教えても本当に覚えられはしない。体が覚える。肉体が覚える」
 「花の色はどんなに美しく咲き匂っていても、あっという間に散り敷いてしまう」
 「本当の恋愛ってのは、いざとなれば生か死。粗野な激しい情熱とかかわる」
 「あの出会いの時はあんなに瑞々しい情感を二人は抱き続けることができた。あの愛の持続を、あの恋の永遠性をみんな希求する。喪失するからです」
 「模倣なくして何の独創があるか。幼児が母の一挙手一投足を真似るじゃないか。その一個の人格をもった存在が他を真似て独創、個性を確立していく」

 

 「文は人なり、って本当に人間がでるね、文章ってのは。だから小論文、感想文が課される。入社試験に面接と小論文がある。教師の授業もその人の人格の投影。技術を教えるんじゃない、人間ですよ。だから喋っても書いても行き着くところは人格。
 だから人より前に出るためにはやはり誠意の問題。採点者が「ああ快適な気持ちにしてくれた。良かった。これは東大入れてやろう」こうなるわけ。だってそれができるんだもん。3人で回し読みはするけれど1人の点数に引きずられるってのは大いにある。いやいや採点してんだ敵は。これほど辛い作業はないですよ、缶詰めにされて。何で俺は教授になったか、何で俺が助教授をやってなきゃなんないか、と思う瞬間なのよ。君達も苦しいけども敵も苦しんでる。だから読ましてやる答案を作らなけりゃ駄目。「うん、誠実な人柄だ、真面目だ、真剣だ」そう感じさしてご覧なさいよ。
 かといってテクニックを弄したことが見えたら駄目。そこはやはり、テクニックですよ。テクニックを見せるテクニックは駄目。それは生きることと同じ。君達が将来社会の指導者となって生きる場合に色んなことを知ってなきゃ駄目。だから現国の読解の方法ってのを知ってごらん。随分違うと思うから。都会の街の中を車を運転するような気持ちで読解する。前を見て横を見て後ろを見て、精神の働きを活発にして」

 

 「人を感動させる文章てのはやはり魂が入らなけりゃダメなんです。魂が入ってない文章は人は何とも思わない。本当に心を入れて書いた文章てのは感動する」
 「現代国語の読解てのは実は温かさ、思い遣り、相手の身になるということが必要。相手はこれが言いたいんだろう、それを嗅ぎとってやろう、思い遣ってやろう」

 

 

 実社会は人物で動いていますね、感情で繋がってる。受験や就職、結婚や昇格でも、そこに等しい人が入っていくというのが自然。これは物理ですね。自分に値するなら目の前にあるはず。どれだけの条件をもった人になるか、競争ですね。会社でも当然優れた人から採ろうとする。それには家の中の楽しい感覚がどうしても必要。

 

 

 

 

 

 
 

 

理科  Science


 

 

 

 

 

 
 

 

社会  Society


 

 

 

 

 

 

 
 

 

受験  Entrance Examination


 

 

 

 

 

 

 
 

 

大学  University


 

 学者連中、実際何もこの人たちが物言わんでも世の中は動いてますし、労務者でも食ってる。

 

 

 

 

Web2.0時代の「大学」とは - 記者のつぶやき:ITpro

ハーバード大学  イェール大学  マサチューセッツ工科大学  東京大学

上智大学大学院 地球環境学研究科  甲南女子大学

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

幸せのプロ  The Professional of Happiness


 

 でたらめはできない。資料の裏付け、自分のこととして心に刻みながら話しやってゆく。

 僕は幸せのプロである。

 どの方にも同じように、みんな平等です 。僕あなたにしたくてもできない。僕にとって会員様は皆平等。あなた一人にしたら皆にしなくちゃならない。

 結構にならないとしたらよっぽどどうかしてる。ここで僕の言っていること、ほんとにみんなが一緒に栄えてゆく。人間は幸せにならないと詰まりませんね。 助け合い運動、互助、僕が奨励。会員ならない人は損、これからみんなで良く考えてゆきましょう。会場会場、僕だけはせっせと。 歌唱劇、サービス、もっともっと充実させていこう。みんな助け合っていきましょうね。

 その時分全部自前です、会費決める皆さんがやった、半額にして下さい、僕からやろう言ったことない 、仕事もちながら、僕は会費頂かなかった、給料貰って生きていくって経験

 これで大勢の方入れる、ここ土台としてやれる、記念のメダル、本当に嬉しかった、あれ創った時これからだ思った、若い人頑張ること、綺麗なメダル、ここをどうやって生かすか、人類が全部幸せというとこまで、どうもってくかは皆にかかってる、僕がいて皆さんが協力して、

 こちらはただ皆さまの真心ででき上がってゆく。僕のとこへおこしになる皆さんすばらしいと思います。涙がでます。うれしいです。これだけのところがあるでしょうか。あったら、 S、よろしいですか。これだけの方たちがそれぞれの事情のもとに真心としてもってこられる。何もないですよ。心だけです。お互いの真心でしょう。そこに普通では考えられないことが起きるんでしょう。世界最高のもの、いかにすばらしいか、よそに真似できません。よそのようにムダできません。

 いいものをつくる。うわあ、人が人を呼ぶ。皆が誇りにする。僕はここのこと言ってるけど皆のもの。幸せがどこまでも広がって僕は価値ある死に方したい。早くこの実態が分かって世の中の人が本当に救われる道に入って。助かってゆく。幸せの生き方。世界で比べもののない素晴らしいものができあがる。

 ここ、すなわち僕です。僕に近づいて不幸、迷惑ありますか?その人自身にある。みんな得をしてます。人が結構になるように。やってきた甲斐があります。僕一人でできるでしょうか?これを理解し努力した人さまがあってこそできた。不幸で暮らしていくことないように。活動。結果をつかんでゆく。我無し。自分の為にという気もないかわりに、人のためという気持ちもない。一緒。プラスマイナス。僕が居なくてもやっていけるような人達がどんどん育って、将来は完全に出なくなる日も来るとして。

 僕らの目にとどかない、骨おっていらっしゃる方のために、大勢の方が動いて下さっていらしてこそ ここやっていける。申し訳ない。活動、定着。あの方が活躍して下されば。まだその人自身が。

 ま、とにかく今日も明日も、明るく楽しく。人、幸せにいくとこ。生きていくってことをずっとつらぬいていく。幸せになろうと思ってこられる方、どんどん来られればいいし、どんどんお帰りになられても結構。誰もいなくなっても僕一人でもやる。もともと僕一人だった。ただしこの気持ち。みんな手を取り合って、生きてる限り惨めなることないように、生きていきたいものです。体。僕にもっとこうしてくれたほうがお考えでしたら、無記名で結構ですから、もっとこうしてくれ、ああしてくれ、皆様方のほうから。少しでも楽しんでいこう。今日からまたお互いに頑張りましょう。一生懸命やってまいりましょう。

 ここへ来られたということはどういうことなんだろう。僕これまとめて、教育なんて、真実、我々がここに集まる質、因縁、教えていかなくちゃならない。教育の機関設けなくちゃならない。受け売り式で間に合わしているようじゃいけない。何故そうなるのか、徹底的に覚えてもらう。人間的にもなってもらわなくちゃならん。何故、答えられない。これが本当に理解できたならば争いなんて起きるものじゃない。人をこしらえあげる。本当に分からしたい。望むような、勉強心のある者であれば、今年かけての来年、再来年、僕のやるべきこと。もう一つ。筋、人類がいつ頃から始まった、今日まで、縁故として集まる方、調べて本も、一人一人を調べ、やってきた上です。よそにない。各方面、集まるだけの因縁。

 ここ、将来フランスの方に伸びなくちゃならない。

 若返ることない。この間に基礎つくらなければどうなるでしょうか。研究しうる人間。真実のみ。幸せ。僕は自分の体を差し出して僕の研究さしだしています。ご理解下さい。どうぞね、これからも、一人の人が幸せになるために。一人の方が1年に一人幸せに。僕の命も限りがある。基礎、育てています。僕が死んだからといってこの灯火は消えません。 ここ。体が変わって現象が起き、幸せになってゆく。灯火を絶やさないように。 ここ、将来中心部に。

 何が為にこうやってやるか。ますます世の中、その中でお互いが助け合って伸びてゆくんです。大勢の人が集まってこそできたことでしょう。フェスティバル、春夏秋イベント、家庭、明るく、楽しく、話題ができた。

 幸せの一員として来た方で受付、 教師、僕自身が一人何もかもやっていた。とても手が回らなくなって初めての受付。僕の代理。僕は人様に。十二歳から上。会員さんのお一人お一人が皆さんがお手本、すべての方が僕の代理。幸せの中で生きている。

 将来、みんなが助け合い、楽しく生きてゆける態勢つくる。 ここは人類が続く限り消えてはならん。

 大勢にならんと幸せの範囲、こちらの実態、自分の子供や身内みたい、日本で一番程度の高いところ

 ここは、幸せ、健康に焦点絞って。         

 会員のために始めた 、会員様から儲けようなんて 、

 会員は相互助け合い運動。          

 人様が幸せになって頂くことで僕が生きてる。こうしたらこうなる説いてるの世界中にない、ここだけです。ここでしゃべってるようなこと、世間でどこでもしゃべってません。みんなはこういうとこあるの知りません。 結構になる。僕は幸せになること研究してゆく。

 ここ、世の中戦争が消えます。病気が消えます。幸せが増えます。ここは一人一人の幸せ。かっちりした人材、基礎、世界中の人が幸せになるまで。 人類栄えてゆくため、今日も何故無理して出てくるか。 ここは世界の平和のためにできた。 ここは、良識ある人達を育てるところ。学問するところじゃない。平和で、良識ある人。、人様一人でも幸せになること、僕の生きがいなんだ。僕がしなかったら誰がやる。

 僕自分からこういうことやろう思ったことない。自分の総ての自由を放棄して邁進してきた。皆の幸せのためだけに。僕みかえり何にもない。助かってゆく。幸せの生き方。真心一生懸命。人ってものはただどういう心で生きてるか、その心でできあがってゆく。世界で比べもののない素晴らしいものができあがる。素晴らしい人達大勢成長して維持しておし進めて頂けたら、僕生きてません。自分てものまるっきり捨て去って、ただ人様のため、人のためよければ権力、利益頭にない。今本当に皆様の真心の中で生きております。ありがとうございます。来年もさ来年もこのままでゆくと思っております。おれて曲って幸せがこないといけません。

 ここにお見えになると人間として向上します。どこよりもレベルが高い。手も足も出ません。大学教授、ここの方がはるかにレベルが高い。

 世の中の人、全部が救われたい。どうぞね一緒にやって下さい。

 運命を変えて行くところ、此処しかない。

 どういうつもりで ここ来ているのか。これからの世の中、どういうつもりで生きてゆく。僕からの注文があります。
 もっと色んなものに興味、好奇心。将来役に立つことか、立たないか。趣味、品性を向上させる。自分自身を上等のものにさせること。役に立つものであればそれで宜しい。色んなことに好奇心、無駄に遊んでしまわないで、詰まらない漫画、あとに残りません。同じ漫画なら世界名作もの、家無き子だとかマッチ売りの少女、フランス革命時、世界名作もの。スカラムーシュだって漫画でみんなあるはず。動物、植物、図鑑、草木。動物、確信を持って身に付けていくこと。将来その人。詰まらんこと言って笑うことでも文字にすると川柳になったり、俳句、いつのまにか出来上がる。養われてゆく。
 世の中いつも危険がいっぱい。色んな危険。運動、遊び、色んな危険。そういうことに対してきちっと考え、立派に。 ここに来ても、自分を大切にすること。育てあげること。若い人、もう少しこちらに色んな質問を出してもらいたい。出てくるもの少ない。もっともっと色んな趣味。ただ本読むだけだったら駄目。抜書きやってもたいして役に立たない。実際。小鳥、犬でも実際飼ってやってないと本なんかに書いてないこと自然に分かる。本、漫画でもいいから名作もの、考えること思い付くことがいいんです。詰まらん人退屈します。知識が。
 ここ、こんなとこ来て結構になろうとしてるんですからなおさら生かして、物事瞬間に出来るようになる。内部でお手伝い、必ず生きますよ。春も イベント、必ず自分を成長させる。新しいことばっかりにぶつかって、その機会を逃さないこと。言われたこと一生懸命やってゆく人。
 これからの若い人達が真剣に僕の話を理解して、幸せをしょって立つ人が出来なくちゃいけないんです。僕の手助けをして。 

 この研究、僕が死んだら紙に残るだけ。それを生きた形でつたえる。

 その活動が人の知識・幸せに繋がる

 僕は僕である時は 、僕が抜けたらどうなるか、あそこで変わったから、みんなの上に幸せに、何教えていいか、これが最後のとめ、超一流という証拠、僕の上いくような人間、自分の力でやっていける人間、あと浄化できるもの、これが僕の魂です、自分の魂だけでやってる

 日本の国だけで忙しくって 、日本離れたら一切やりません。人類の幸せのもと、いずれ世界中の人が真剣になって、世界は右へならえ 、世界の幸せを指導していく。お手本となって世界に普及、世界に輝いてくる、世界中教育してやる、はやく世界中の人が幸せに

 僕は一人からやってきた 、自分一人でやってきた、一人の人助ける為に全力 、

 会員さんの為にやってる 、会員さんとここのこと 、 会員様、幸せになること一本でやってきた。僕はね、儲かるとか頭ございません。ただどれだけの人が幸せになるだろうか。自分個人としては今何にも言うことない。研究室を設けたい。思ったこと何でもやってみたい。

 僕は気さくな人間、ただ風と共に生きてる

 僕は幸せのプロである、 それだけのものありながら、 ここあってこそ幸せに

 何年かん年教育して、経営の手腕あるか、一通りノートぎっしり身に付け、皆が周りを見ながら成長していく

 指から足の先まで、ぴしっとかく。僕しかいない。僕誰にもおそわったことない。20年こえる。みなノートとるだけで頭に一つも入れない。心をえない。まったく僕は孤独です。友達ができない。僕と心が通じる者がでない。そこまで人の幸せねがう者でてこない。心の底からでてくるこの心わかって頂けますかね。めさきのよくにとらわれないこと。めさきあるもの、つきぬけつきぬけ、つきぬけたらまたつきぬける。それでここまでやってきた。教授というか、こちらがつっこんだら答えられる人いない。

 

 

 

 

 

 

 
 

 

質問  Question


 

 どんどん質問やお手紙出して下さい。

 本にかいてないこと、聞いて下さい。本にかいたることは本読んで下さい。

 サイン、心が入ってるか。

 ぼくには、他人も自分もない。一人でも幸せにいってくれることは本当に嬉しい 。何でも結構です。僕にぶつかって来て頂くと結構かと思いますよ。ただし幸せについてでございます。

  聞こうと思えば聞いて下さい。話の種はそちらにある。 どんな質問にも返事ができる。なぜね突っ込んでこないか。

 わずかな一言でも大事なこと教えてくれた。

 これからの皆さんの質問の内容、どんどん色んな突っ込んだ質問してもらわないと、自分も進むと同時に 皆もそれにつれて成長するように、質問出して下さい。どうも宜しくお願い致します。                  

 一番最初、僕一人です。 今のプロジェクトあちこち、僕は一人から来た。来るも勝手 、去るも勝手、求める人にとことん教えます。 人集めたことない、毎日毎日。僕は尋ねられて答える。自分からああだこうだやりません。 僕は人をああだこうだやらない。その人の才能と心です。その人だけのもの価値。この結果がどうなるか。ご縁があって来られた方、どんな窮地からも抜け出して頂くことに命懸けです。

 先の事が分からないんだったら分かる者に聞くべきです。その方が偉い。その精神と肉体と事情とは一致しますよ。

 頭のいい人の知恵をかりましょう。

 お手紙、お返事する時間が無い。主体の話が出来ない。本当の話。お返事する時間。これから日本、世界、人類、地球どうなって行くのか。それくらいのことは全部調べてあるんです。それにつれて異動も考えています。大変な事が起きますよ。そういう話をしてゆきたいです。

 どうぞ僕のいうとおり

 来てからすぐ分かるって嘘です。長い間に自然に自然に身についていかれる。 いつの間にか人が分かってくる。僕と心一つにして幸せに邁進する。ぽっと見て人の心分かる。でないとこんなとこ座っておれませんよ。

 ただ本当に毎日人様の真心の中で生きていける。僕の身になってみないと分からんでしょうね。今本当に皆様の真心の中で生きております。ありがとうございます。来年もさ来年もこのままでゆくと思っております。

 お手紙一つでも心が備わっていること。こころとこころだけなんですね。そこが心ですよね。

 世界に鳴り響きます。もっと早く、もっと大きなもの、すごいもの。13人僕の教え子、写真、世界の各地。肖像画。将来の素晴らしさを生きてる間に見せて下さい。世界第三文明。

 僕あと2年か3年か。僕の頭小さいから、

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 


NHK高校講座  全国教科書供給協会  東京書籍

 

 

 教育,学習支援業  EDUCATION, LEARNING SUPPORT

 

  81  学校教育
    810  管理,補助的経済活動を行う事業所
      8101  管理,補助的経済活動を行う事業所
    海外の学校教育
    811  幼稚園
      8111  幼稚園
    812  小学校
      8121  小学校

        渋谷区立加計塚小学校

    813  中学校
      8131  中学校
    814  高等学校,中等教育学校
      8141  高等学校
      8142  中等教育学校
    815  特別支援学校
      8151  特別支援学校
    816  高等教育機関
      8161 
大学    大学一覧  古代の大学  イギリスの大学  イングランドの大学  オックスフォード大学  ケンブリッジ大学
            アメリカ合衆国の大学  アメリカ合衆国の各州の大学  ワシントンD.C.の大学  ジョージタウン大学
            マサチューセッツ州の大学  ハーバード大学  マサチューセッツ工科大学  ニューヨーク州の大学  コロンビア大学
            ニュージャージー州の大学  プリンストン大学  コネチカット州の大学  イェール大学
            シカゴ大学  カリフォルニア州の大学  カリフォルニア大学  スタンフォード大学
            
日本の大学一覧  大学群
      8162  短期大学
      8163  高等専門学校
    817  専修学校,各種学校
      8171  専修学校
      8172  各種学校
    818  学校教育支援機関
      8181  学校教育支援機関

82 その他の教育,学習支援業
  820 管理,補助的経済活動を行う事業所
    8200  主として管理事務を行う本社等       8209  その他の管理,補助的経済活動を行う事業所
  821 社会教育

    8211 公民館
    8212 図書館
      世界の主な図書館
          アメリカ合衆国の図書館  アメリカ合衆国議会図書館  ニューヨーク公共図書館  ボストン公共図書館  ワイドナー記念図書館
              アメリカ国立公文書記録管理局  アメリカ図書館協会

      日本の図書館蔵書数ランキング  国立国会図書館  電子図書館  国立公文書館
            図書分類法  日本十進分類法  国際十進分類法  デューイの十進分類法  
米国議会図書館分類法

    8213 博物館美術館   

金をかけずに「アニメの殿堂」をつくる方法

      博物館の一覧  世界の著名な博物館
          スミソニアン博物館  アメリカ自然史博物館  フィールド自然史博物館  国立航空宇宙博物館  国立アメリカ歴史博物館
          ボストン・チルドレンズ・ミュージアム  大英博物館  ヴィクトリア&アルバート博物館  テート・ブリテン
          サイエンス・ミュージアム  シテ科学産業博物館  ポンピドゥー・センター  パリ工芸博物館  ドイツ博物館
          エジプト考古学博物館  故宮博物院  上海博物館  カンタベリー博物館  テ・パパ・トンガレワ博物館
      日本の博物館  
          Category:科学技術博物館  日本の科学館  国立科学博物館 付属自然教育園  遺伝学電子博物館
          インターネット博物館  生命の星地球博物館
          東京国立博物館  奈良国立博物館  京都国立博物館  九州国立博物館
          国立歴史民俗博物館  国立民族学博物館
      美術館の一覧  
          メトロポリタン美術館  ニューヨーク近代美術館  グッゲンハイム美術館  フィラデルフィア美術館  ボストン美術館
          ナショナル・ギャラリー (ワシントン)  シカゴ美術館  サンフランシスコ近代美術館
          ルーヴル美術館  オルセー美術館  ケ・ブランリ美術館  ヴァチカン美術館
          ウフィツィ美術館  プラド美術館  アムステルダム国立美術館  ウィーン美術史博物館  エルミタージュ美術館
      日本の美術館  

          国立美術館  所蔵作品検索  国立新美術館  東京都写真美術館  文化庁メディア芸術プラザ

    8214 動物園植物園水族館

      生命 > 動物

        全国の動物園・水族館  動物園ファンのサイト TokyoZooNet
        日本の植物園
        水族館の一覧  日本の水族館  
        
野外博物館
    8215  青少年教育施設
    8216  社会通信教育
    8219  その他の社会教育
            日本の記念館  
日本の文学館  日本の資料館一覧  
  822  職業・教育支援施設
    8221  職員教育施設・支援業
    8222  職業訓練施設
    8229  その他の職業・教育支援施設
  823  学習塾
    8231  学習塾
  824  教養・技能教授業
    8241  音楽教授業
    8242  書道教授業
    8243  生花・茶道教授業
    8244  そろばん教授業
    8245  外国語会話教授業
    8246  スポーツ・健康教授業
    8249  その他の教養・技能教授業
  829  他に分類されない教育,学習支援業
    8299  他に分類されない教育,学習支援業

 

 

 

 

 

 

参考文献


 

 

F 教育  Education


    FA〜FB 教育・教育史  FC〜FG 学校・高等教育  FH 社会教育   FS 体育・スポーツ

 

〔F1〜F9のうち,体育のみを扱ったものは,FS1〜FS9を見よ。〕1書誌 Bibliography〔教育各部門の書誌を含む。〕2辞典・便覧類 Dictionaries〔教育各部門の辞典・便覧類を含む。〕
4学術団体・研究機関 Organizations〔教職員団体はFC27;FD33を見よ。〕5合集 Collections
〔ここには,講座,体系,叢書の類を収める。〕6叢伝 Collective biography〔教育各部門の叢伝を含む。個人伝は,伝記GKを見よ。〕

9 雑 Miscellaneous

    明日に希望を託して / 竹内正道. -- [竹内正道], 1996.11

FA 教育理論  Theory of education

1教育原理,教育科学 Principles of education. Science of education3教育哲学 Philosophy of education5教育学説・教育思想史 History of educational theory11教育研究法 Educational research〔教育調査法,教育統計法を含む。〕14教育政策 Educational policy〔ここには,教育政策理論を収める。各国の教育政策はFBを見よ。〕16比較教育・教育制度 Comparative education. Educational system〔ここには,比較教育・教育制度理論を収める。各国の教育制度はFBを見よ。〕18教育行政・財政 Educational administration and finance〔ここには,教育行政・財政理論を収める。各国の教育行政・財政はFBを見よ。〕
(21)(教育法規 Educational laws)〔→A613〕

25 教育論 Critical essays on education

    最新教育キーワード / 江川[ビン]成,高橋勝,葉養正明,望月重信. -- 第13版. -- 時事通信出版局, 2009.12

31教育心理学 Educational psychology33学習心理学 Psychology of learning35児童心理学 Child psychology38特殊児童 Abnormal children41青年心理学 Adolescent psychology51教育と社会 Education and society〔教育社会学は,ここに収める。〕53地域社会と学校 Community and school54都市と教育 City and education55農山漁村の教育 Rural education57僻地教育 Education in isolated areas61家族と教育 Family and education63マス・コミュニケーションと教育 Mass communication and education65経済と教育 Economy and education71学校・学級社会 School and class society75エリートと教育 Elite education77社会的弱者と教育 Socially handicapped and education

FB 各国の教育・教育史  Education in specific countries


〔在外子弟教育は,その母国の教育史・事情に収める。〕

1 世界 World

2教育史・事情 History of education4教育政策・制度 Educational policy and system5科学技術教育 Scientific and technical education8教育行政・財政 Educational administration and finance

11 日本 Japan

12教育史・事情 History of education

13 幕末まで

    日本学校史の研究 / 石川謙. -- 日本図書センター, 1977.12
    
昌平校と藩学 / 和島芳男. -- 至文堂, 昭和37. -- (日本歴史新書)

14明治以降
    最新教育データブック / 清水一彦,赤尾勝己,新井浅浩,伊藤稔, 第11版. -- 時事通信出版局, 2006.10

16 各地の教育史・事情

    秋田の子供はなぜ塾に行かずに成績がいいのか (講談社プラスアルファ新書)  / 浦野弘. -- 講談社, 2009.6. -- (467-1C)

21同和教育

22 学校誌 〔ここには,個々の学校・大学(各種学校,文部省所轄外学校を除く)の校誌,要覧を収める。〕

    図説中央大学. -- 中央大学, 1985.11

24寮誌25教育政策 Educational policy31教育制度 Educational system32
義務教育制度 Compulsory education〔不就学,長期欠席を含む。〕34学区制 Schooldistrict
35進学制度 School-choosing〔私塾は,ここに収める。〕36私立学校 Private schools37各種学校〔ここには,各種学校一般を収める。個々の各種学校は,それぞれの主題を見よ。〕
38文部省所轄外学校施設〔ここには,文部省以外の他の行政機関が所轄する学校施設一般を収める。個々の学校施設は,それぞれの主題を見よ。〕41教育行政 Educational administration42中央教育行政 Central43地方教育行政 Local45教育財政,教育費 Educational finance. Educational expenditure46国の教育費 National47地方教育費 Local48父兄負担教育費 Private51アジア・太平洋地域 Asia and Pacific areas52朝鮮
54中国56東南アジア地域〔南アジアを含む。〕59オセアニア地域61中近東・アフリカ Middle East and Africa63欧米 Europe and America64イギリス65フランス67ドイツ71イタリア73その他の西欧・南欧諸国75北欧76東欧77ソヴィエト連邦81アメリカ合衆国82教育史・事情83黒人教育問題86教育政策・制度87教育行政・財政91カナダ92中南米

 

FC 1 学校の管理・運営
School administration and management


〔大学の管理・運営は,FD31を見よ。〕

    子どもが道草できるまちづくり / 仙田満,上岡直見. -- 学芸出版社, 2009.7

3学校長の職務・権限 Functions and duties of principal5学級経営 Class management7指導要録 Cumulative guidance records8学校施設 School facilities(9)(学校図書館 School libraries)〔→UL371〕11学校行事 Customary observances in school12修学旅行,遠足 School journey. School excursion13学芸会,運動会 Exhibitions. Athletic meetings14学校保健 School health〔学校事故は,ここに収める。〕
15家庭と学校との関係 Relations to parents16PTA〔父母会は,ここに収める。〕17学校給食 School lunch program18共学問題 Coeducation21教職員 Educational personnel〔大学の教職員は,FD33を見よ。〕23養成 Teachers’ education〔現職教育を含む。〕25人事 Personnel management〔給与,勤務条件を含む。〕27教職員団体 Teachers’ unions
28社会的地位 Social status31学校教育 School education〔個々の国の学校教育一般は,FB11〜FB92を見よ。大学教育はFD1を見よ。個々の学校の校誌はFB22,FB37,FB38,FB51〜FB92を,また個々の大学の校誌はFD11〜FD25を見よ。〕

32 就学前教育 Preschool education

    遠足・園外保育 (まるごと園行事シリーズ)  阿部恵 チャイルド本社 (2009/03)
    幼児のあそび大図鑑もっともっとあそぼう!―全国保育園のイチ押しあそび  あそび編集委員会 , 河崎 道夫  かもがわ出版 (2009/01)
    これだけは知っておきたい 0〜5歳児の食育 岡崎光子 チャイルド本社 2006.10
    保育園・幼稚園の行事とあそび / コダーイ芸術教育研究所. -- 明治図書出版, 1994.8. -- (シリーズ幼児のあそび ; 5)
    幼児のあそび百科 / 秋葉英則. -- 労働旬報社, 1994.7. -- (幼児のあそび実践シリーズ ; 第5巻)

33 初等教育 Elementary education

    子どもたちの仲間学校犬「バディ」―動物介在教育の試み  吉田太郎 高文研 (2009/08)

34中等教育 Secondary education35中学校 Lower secondary schools36高等学校 Upper secondary schools41教育課程 Curriculum
〔学習指導要領のテキストは,C613を見よ。〕42小学校における教育課程 For elementary schools43中学校における教育課程 For lower secondary schools44高等学校における教育課程 For upper secondary schools49教科書 Text-books〔教科書そのものは,Y21〜Y29を見よ。〕51教育方法 Methods of teaching52学習指導 Guidance of learning activities53読書指導 Reading guidance〔学校図書館の活用を含む。〕54生活指導 Guidance
55カウンセリング Counseling
    スクールカウンセリング モデル100例 かしまえりこ 創元社 2006.9
56進学指導 Guidance of school-choosing
57職業指導 Vocational guidance
    これからの国際社会に生きる君たちへ 北城恪太郎 こども夢チャレンジ文化講演会 渋谷区子ども家庭部児童青少年課
58レクリエーション Recreation61特別教育活動,教科外活動 Extracurricular activities
63教育測定・評価 Educational measurements and evaluation〔学力診断,学力調査,学習評価,テスト〕
    教育評価事典 / 辰野千壽,石田恒好,北尾倫彦. -- 図書文化社, 2006.6
65教材・教具 Teaching materials66視聴覚教育 Audio-visual teaching aids and methods67放送教育 Auditory aids68映画,幻燈,紙芝居 Visual aids
71各科別教育 Specific subjects
    環境教育事典 / 環境教育事典編集委員会. -- 新版. -- 旬報社, 1999.5
72社会科教育 Social studies73一般社会〔倫理,社会,政治,経済〕
74地理75歴史76国語教育 Mother tongue77読み方78話し方79書き方〔漢字教育,ローマ字教育を含む。〕81作文82文法83芸能教育 Fine arts84図工85音楽86習字87科学教育 Science88数学89理科
91職業・技術教育 Vocational subjects〔産業教育を含む。〕
    田んぼが学校になった―つくろうあそぼうたべよう 佐伯 剛正 岩波書店 (2007/06)
92家庭科93保健・体育 Health and physical education〔安全教育,純潔教育を含む。〕
95外国語教育 Foreign language97道徳教育,宗教教育 Moral and religious education

 

 

FD 1 高等教育 Higher education


各国の高等教育 Higher education in specific countries〔個々の大学の校誌は,ここに収める。ただし,日本の大学の校誌はFB22を見よ。〕3世界

4 日本

    東大のこと、教えます: 総長自ら語る!教育、経営、日本の未来「課題解決一問一答」  小宮山宏. -- プレジデント社, 2007.3
    帝国大学の誕生 国際比較の中での東大/ 中山茂. -- 中央公論社, 1978.1. -- (中公新書)

11アジア・太平洋地域16中近東・アフリカ21欧米22ヨーロッパ25アメリカ31管理・運営 Administration and management
33教職員 Educational personnel35教育課程 Curriculum

37 学生 Students 〔学生生活,学生運動を含む。〕

    写真図説日本学生の歴史. -- 講談社, 1970

39就職問題41学位 Degrees43海外留学 Study abroad51育英奨学制度 Student aid systems55通信教育制度 Correspondence education

  FG 1 特殊教育 Special education
3盲児,弱視児 Blind and partially sighted4聾唖児,言語障害児 Deaf and hard of hearing. Speech defectives5肢体不自由児,身体虚弱児 Physically handicapped. Delicate or debilitated6精神薄弱児 Mentally handicapped7英才児,天才児 Gifted children8問題児 Problem children

  FH 1 社会教育 Social education
5社会教育施設 Social education facilities(6)(図書館 Libraries)〔→図書館 U〕7公民館 Community centers8博物館 Museums〔特殊分野の博物館は,その主題を見よ。〕(11)
(美術館 Art museums)〔→K3〕21青少年教育 Youth education〔勤労青少年教育を含む。〕
24青少年団体 Youth organizations〔社会集団としての青少年は,EC153を見よ。〕27成人教育 Adult education(31)(通信教育 Correspondence education)〔→FD55〕(34)(視聴覚教育 Audio-visual education)〔→FC66〕(37)(家庭教育 Home education)〔→EF34〕

 

FS 体育・スポーツ Physical education. Sports

1書誌 Bibliography〔体育・スポーツ各部門の書誌を含む。〕2辞典・便覧類・年鑑 Dictionaries. Yearbooks〔体育・スポーツ各部門の辞典・便覧類・年鑑を含む。〕4体育団体・研究機関 Organizations5合集 Collections〔ここには,講座・体系・叢書の類を収める。〕
6叢伝 Collective biography〔体系・スポーツ各部門の叢伝を含む。個人伝は,伝記GKを見よ。〕9雑 Miscellaneous11体育理論 Theory of physical education13体育医学 Sports medicine15体育心理学 Psychology of physical education21体育史・事情 History of physical education22日本
25外国
    古代インド・ペルシャのスポーツ文化 / 松浪健四郎 ベースボール・マガジン社1991.6
27国際的スポーツ大会 International games28体育施設 Physical education facilities(29)(学校体育 Physical education in schools)〔→FC93〕
各種競技 Athletic and outdoor sports31体操・体育遊戯 Gymnastics33陸上競技・水上競技 Track and field athletics. Aquatic sports〔競走,競歩,跳躍,投擲,水泳,水球等〕
35球技 Ball games〔バスケットボール,バレーボール,サッカー,ラグビー,野球,テニス,ゴルフ,卓球等〕37武道,闘技 Combat sports〔柔道,空手,護身術,劔道,フェンシング,相撲,レスリング,ボクシング,弓道,射撃等〕

41 登山 Mountain climbing, etc. 〔ハイキング,キャンピング,スキー,スケートを含む。〕

    自然野外遊び 生活し、遊び、学ぶ親子向けの新しいアウトドアライフ入門   タウンネイチャー研究会. -- 池田書店, 1995.8

43 その他 Others

        ツール・ド・フランス

    ロードレーサー入門  基本テクニックからチューンナップまで 図解ハンドブック  日本交通公社出版事業局, 1988.1. - (Do-life guide ; 320)

    自転車 日本自転車振興会補助資料

 

 

教育ビジネスの現状と将来展望2006   諸外国の教育の動き  内外教育 データで読む教育

 

 

 

 



ZEPHYRANTHES
©2010