ゼフィランサス


 

自然 地球 生命 人体
幸せ 愛情 暮らし 知識
経営 歴史 八島ノート

経済 ビジネス 顧客 組織
科学技術 製造 金融
政治 日本政府 世界政治
コンサルティング

 
     
 

@zephyorg's Friends

ご挨拶
イベント&セミナー
サービス  サポート
幸せのプロフェッショナル
Andre_Louis オークション
ゼフィランサスについて

 
FOLLOW YASUMASA ON     
     
陽だまりの 東京国際フォーラム ガラス棟 ロビーギャラリー 丸の内

ビジネス Business Updated 2017.06.17

男として  司馬遼太郎  ラファエル・サバティーニ  世界一  自覚  個性の発見
世界に唯一つの名言  遥かな灯台  根性  自信  就職  好きなことをやれ!♪
転職  P.F.ドラッカーU  仕事   縁故  成功    情報源

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

   
         
         












man

男として  As a man


 

  筋道が通る通らんじゃない。実力をもったものが上になる。

 男はね、仕事にぶつけて行くような男でないと、ものに成りませんよ。

 女の人に全然好かれないようじゃ、人がやっぱり目付けるくらいの男性でなかったら駄目。

 51〜52、僕の人生の第2の出発。なんにもなしからやってきた。O君炊事、7年間。

 お母さんとうまくいかない。女性とうまくいかない。と仕事面に出てくる。私と仕事を別と思ったら大間違い。じゃじゃ馬ならしじゃないけども、女性をうまくもってゆくような男でないと大成しませんよ。男と生まれて女にもてない男はダメ。もてる努力すること。もてる条件、人の社会でみんなに活用してもらえる人となること。

 大きな店でも創って、

 日本一いったのこっちのが上だ、僕は頭は下げない癖になるからね、

 逞しく生きていく男性、日本で指折りの大会社の社長、

 自分の態勢を作り上げていかないと

 自分がね力さえつけばいい

 偉人て言われてる人で親のお陰で

 もっと人間大きくならんと

 値打ちのない社会

 社会の上にたつ

 一個の個人としての実力をつける

 自分のことは自分でやる

 気迫を望みます

 行った先でもてるように

 人間の勝負、人物です。腹の太い人間になる。

 男は男らしい、あらゆる人を包容する力、何でも可愛がってやろう

 当然としての形が、考えがあってやっていく、男は結構にならんかったら

 一つのことやったら人には負けない

 自分てものがいつでも中心

 大きな人物にならんと、

 男だったら上辺は笑ってる、心の中は真剣勝負 、

 自分は自分でつくること。頼り、頼りがいがある人。たくましい生命力、行く先で女の子に好かれて好かれて、もてるような奴でなかったら。生活力、主人の顔色うかがいながら生きてく。そんな男。

 本当の自分をつくり上げて鍛える。一つものにして徹底してやる。 結構な精神に鍛え上げて。

 自分で力つけて上がって

 強いものがどんどん

 自分が仕事つくる

 しただけのことしか言えない。

 実力持ってるとあとどうにも手がでない。

 世界中で頂点に、なるのかならんのか

 言わねばならんこと、言うべきことは言う。物は何でもズバーと言える人間になる。そこに人間の生きて行き方がある。今やってることにおいて周りが誰も真似できないくらい人の何層倍もぶち込んでまい進する。現在の己、やってきた結果。

 自分で得なくちゃならん。自分の世界、自分でこしらえていかないと。 こうと見極めたらそれで押し通してゆく。それだけの英知、頭がなかったらダメです。

 自分が結構、いつの世の中でも胸はって堂々と生きていける。人間の社会である。肩書きや財力ではないでしょう。男一匹、もっともっと素晴らしい者に。しっかりやる男。生まれてきたことうーんと楽しんで、色んな人達の中で、男の花、女の花、花ったら女と思ったらいけない。銀杏だって男と女があって銀杏ができる。

 真剣とはどの程度のものであろうか。本当の真剣、今の世の中甘い。みんなスキだらけ。そこまで真剣、この世の中、気楽に安易にできてます。あっちもこっちもどんどんへこたれてゆく。ふるい、残る。勝つ負ける、嫌いですけどもやっぱりふるいに残らなきゃなりませんね。結構として。年間1億稼げるのか。

 大勢の人に慕われてゆくだけの力あったでしょうか。 今世襲なんてありません。下克上。実力、今の自分が先祖。人に買われるだけのものもったら立場。僕はまず生まれたことに誇りを持ってます。

 老いが倒れれば若いものがやってゆく。地球が滅亡に動いている、どうくいとめていくか 。やらないことはいつまでたっても力になりません。やらなくちゃならない。色んなことやって学んで人見てやってゆく。初めからプロはおりません。人間は色んなとこ通ってできてく。

 こちらの都合だけでやる。それだけいつも努力怠らないつもりです。

 こうと見極めたらそれで押し通してゆく。それだけの英知、頭がなかったらダメです。楽しい生き方ある。

 依頼心を持たないこと。

 自分でやって力を持つようになることです。それしかありません。

 ロダンが若い芸術家達に言ってる言葉

 飛翔。 これからはちょっとの失敗許されない。

 自分でみんな得てきた、この真実には勝てない。僕の知識の三分の一でも吸収してくれるもの望みます。

 今世襲なんてありません。下克上、御守護、自分の本性だとかなんとか、門閥は今の時代いりません。実力、今の自分が先祖。

 人から盗んだ、あとは自分で開発した。

 ごまかしみたいな生活大嫌い。ズバリそのものでないといや。

 安定性がなかったら

 持つべきものを持ちなさい。

 依頼心。本当の自分、依頼心、本当の自分てものが確立しない。人を当てにしない

                                                 八島義郎

 

 

 

 

 
 

 「いつかフェラーリを買うのが私の志です。といったら、ちょっと言葉の使い方が違うでしょう。同じ夢でも、自分個人の願いごとを遥かに超えて、それが100人のため、1万人のための夢であり、やがて100万、1億の人々のためになるというスケールの大きな夢、これが志だと思うんです」  孫正義 @masason

孫正義LIVE2011 (全編), 孫正義LIVE2011 2010-3-29 国際フォーラム ホールA
SoftBankCorp on USTREAM. Conference

Togetter - まとめ「孫正義 Live 」
孫正義、【志】を語る。「孫正義 LIVE 2011」書き起こし(その1) kokumai.jpツイッター総研

 

 

 「出過ぎた杭は誰にも打てない」          石井裕

 「社会はいかなる時代にあっても人の実力を発揮することを妨げない」         カーライル

 
 

 

 

 

 

 
 

    VOL.3    2001.04.22

 

        司馬遼太郎

 

 「日本語の『おかあさん』という言葉は、明治のごく初年から始まった、文部省がつくった言葉ですね。お父さん、お母さん、という言葉まで役所がつくったという国は世界にないだろうと思います」

 

  司馬遼太郎 (1923-1996)
 大正12年、大阪市浪速区生まれ。本名福田定一、大阪外国語大学蒙古語科卒。青年時代の夢はモンゴルの草原に住んで小説を書くこと。ペンネームは「史記」の司馬遷に遼かに及ばぬという意。産経新聞社時代 の作品「梟の城」で直木賞。のち数々の文学賞、芸術院恩賜賞、文化勲章を受章。
 「竜馬がゆく」「街道をゆく」「明治という国家」「この国のかたち」「21世紀に生きる君たちへ」etc. 『日本とは何か、日本人とは何か』を問い続けた国民的作家。

 

 「人間にとって、その人生は作品である」
 「われわれ人類の過去は、何億という『完結した人生』で押しつまっている。そのうち、自分の書庫で接しうる人数は、何万でしかあるまい」
 「私は、人という文字を見るとき、しばしば感動する。ななめの画がたがいに支え合って、構成されているのである。そのことでも分かるように、人間は、社会をつくって生きている。社会とは、支え合う仕組みということである」

 

 「日本の古代生産社会、もしくは政治社会は、朝鮮半島からの人間の間断なき渡来、ときには大量に、ときには組織的に渡来してくる人間たちによって多分に形づくられて行ったのではないか」
 「いったい日本人というのは、いつごろから蝶々というものを美しいと思うようになったのかしら ―と思って調べてみると、意外に新しいようですね。たとえば『万葉集』には胡蝶あるいは蝶々を詠んでいませんね」

 「頼朝は、流人の身でありながら北条氏ら東国の武士(農場主と考えていい)たちに擁せられ、平氏を倒すべく挙兵した。一たんは敗れ、ついで成功した。いずれにしても、日本史上最初の耕作者の首領たちの政権ができたのである。奈良朝、平安朝といった絵空事のような律令体制からみれば、すべての点で現実感覚にあふれ、思想や芸術にいたるまでリアリズムに満ちたものになった。ここで初めて、何が潔いか、何が美しいかという土民のモラルが出てきます。」

 

 「サムライとは何か、と問われれば、自律心である、ひとたびイエスといった以上は命がけでその言葉をまもる。西南戦争を調べてゆくと、じつに感じのいい、もぎたての果実のように新鮮な人間たちに、たくさん出くわします。かれらこそ、江戸時代がのこした最大の遺産だったのです」
 「東郷青年は、この学校で何を考えたか。世界歴史のなかに残るような海戦の指揮者として、自分が歴史に登場するということは、考えたことがなかったでしょう。そういう野望のある猛々しい青年ではなかったようです。日本海海戦のとき、東郷は艦橋にたって、ただ砲弾にあたって死ぬ…・。つまり全軍のシンボルであり続けるという、自分の使命とか存在というのはそう考えていたようですね。極東の無名の国の青年が、年を十歳もごまかしてまでこの商船学校に入学し、すてばちにならず、規律で最高点をとっていたことを思うと、胸の痛むような思いがしました」

 

 「明治は、リアリズムの時代でした。それも、透きとおった、格調の高い精神でささえられたリアリズムでした。どうみても『明治国家』とは、べつの国、べつの民族だったのではないかと思えるほどです」
 「明治時代はふしぎなほど新教の時代ですね。江戸期を継承してきた明治の気質とプロテスタントの精神とがよく適ったということですね。勤勉と自律、あるいは自助、それに倹約これがプロテスタントの特徴であるとしますと、明治もそうでした」

 

歴史から学んだ人間の生き方の基本的なことども
 「むかしも今も、また未来においても変わらないことがある。そこに空気と水、それに土などという自然があって、人間や他の動植物、さらには微生物にいたるまでが、それに依存しつつ生きているということである。自然こそ不変の価値なのである」

 「君たち。君たちはつねに晴れあがった空のように、たかだかとした心を持たねばならない。同時に、ずっしりと逞しい足どりで、大地を踏みしめつつ歩かねばならない。私は、君たちの心の中の最も美しいものを見つづけながら、以上のことを書いた。書き終わって、君たちの未来が、真夏の太陽のように輝いているように感じた」

 

 

 日本人の優れたところ、それぞれの時代を動かした高潔な遺伝子、彼らが残してくれたものをより豊かに、より内容のあるものとして次世代に伝えたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

司馬遼太郎

 

   VOL.50    2002.08.01

 

        ラファエル・サバティーニ

 

 「どの方向へ進めば自分の真の目的達成に役立つかが分かった瞬間、ただちに行動を開始する」

 

  Rafael Sabatini ラファエル・サバチニ (1875-1950)
 イタリア、アンコーナ郊外ジェシ生まれ。幼少時を母方の英国で過ごし、7歳、父がオペラ歌手としてポルトガル王からナイトに叙せられポルトーへ。10代をスイスの学校でスコットやヴェルヌ、デュマetc.読書に没頭。17歳、リバプールの商社で翻訳業、のち英国諜報機関に勤務。29歳、処女作「居酒屋の騎士」。40歳「海の鷹」、46歳「スカラムーシュ」、47歳「キャプテン・ブラッド」が米英でベストセラー、ともに映画化された。60歳で再婚、45作品を遺す。歴史冒険ロマンスの高峰の一つ。

 

 「今夜は世の中が面白くてならなかった」
 「愛のキューピットが今度に限り、親切の塊かと思われるくらいに善くしてくれて、令嬢ローザモンド・ゴドルフィンへの求婚が、すらすらと目出度く運んだ」
 「あなたは火のようなお方。私の魂を焼きつくして、すっかり灰にして…・。私、あなたのお心が変りさえしなければ、それで満足ですわ。いつまでも優しくして下さいね」
 「ローザモンドは愛しい人の帰ってゆくのを見守った。その男らしい立派な姿を、心から誇るような眼つきで。男の中の男を恋人に持つ身の幸せを神に感謝した」 
 「貴女が私を立派な人間にしてくれた。貴女を愛する男なら誰だって優しくならずにいられよう?」 「将来の幸せが保証されるのだと思うと意気の揚がるのを覚えた」
 「男の信実がしみじみ嬉しく、ありがたく思われて、吾れ知らず涙が湧いてくる」
 「わたしたち、一緒に新しく踏み出しましょう」  「可愛い人だなあ! ああ!」

 「海の鷹(シー・ホーク)の巣からは、限界の線がくっきりと見えていた」
 「ガリー船の櫂を漕いでいれば必ず四肢は非常な強さを持つようになる。体が続かないで倒れるか、筋肉が激烈な労役に平気で堪えられるようになる。サー・オリヴァーはその6ヶ月の間に全く疲れるということを知らない鋼鉄のような人間になった」
 「もともと勇気と熱意があるところへ、幸運も手伝って、出掛けた以上は素手で帰るような事は決してない」 「一旦やりかけたことは、必ずやり遂げずには置かない」
 「サクル・エル・バールは今まで一度たりとも彼らに負け戦をさせたことがなかった」
 「自分は油断なく窺っているから運を取り逃がすようなことはない。運がめぐって来なかったら、私が運を創る。私はこれまで自分で運を創って来たのだ」
 「開いた本のように相手の心を読む」 「自分の為を考えて言っているのではない」
 「愛が、やはり私の心を動かす生きた力」 「できるだけ有効に生涯を送っている」
 「貴公は海の鷹を捕まえようというのか? 貴公が? その丸々した鷓鴣がか?」
                                                     海の鷹

 

 「何事であれ、ありったけの知能と精力を注ぐ、というのが常に彼のやり方」
 「さまざまの劇の仕事のほかに、こんどは毎朝1時間、フェンシングの練習」
 「アンドレ・ルイには書物から学ぶという研究癖があった。これらの労作を読んで非常な利益をうけ、色んな大家の流儀を覚え込み、それぞれの流儀を比較分類し、自分に向いたものを選び出して実際に応用してみた。大家たちの理論を懸命に考え、深く研究した結果、アンドレは彼独自の理論を編み出すにいたった。長い間このことに精神を集中していたため、彼の洞察力は異常なまでに鋭くなっていた」
 「どの方向へ進めば自分の真の目的達成に役立つかが分かった瞬間、ただちに行動を開始する」
 「ぼくは自分で自分をつくりあげたことを感謝しています」
 「理想を抱きながら同時にそれと反対の方角へ進むのが誠実といえるでしょうか」
 「僕はそういう人たちを凌駕したいと思っている」 

 「もし彼が生きていたら、今日諸君に語ったであろう言葉を語るためにここに立った」
 「君はいなくてもやはり君の雄弁は人々を動かす。僕はその教義を一言一句にいたるまで知っている。君と僕の目的。君の思想は僕の舌で表現してみせる」
 「唯一の確かな有益なコースを指示。二つの意見が存在する余地があるのか?」
 「ただの一度でも彼自身について言われた純粋に真実な言葉を聞くことがあれば、彼の魂の救いになるだろう」  「ぼくにとって他人のことは自分のことなんだ」
 「物語には生気と把握力があった。観客の中の芝居の通人たちに真のフィガロの趣きがあると思わせ、いわば首都の素晴らしい世界にふれさせた」 
 「ぼくは、ものごとを直接的に、こまかに観察する習慣をもっている」
 「自分ひとりを頼りにしなければならない」

 「もし風車があまり手強いとわかったら、風のほうを何とかやってみましょう」
 「なあフィリップ、未来はただ過去の中にのみ正確に読みとることができるんだよ」
 「人間研究には、劇にあらわれる人間の思想を研究するのが一番手っ取り早い」
 「きみは制度ではなくて、人間を変えなければならないんだ」
 「国家はその最良の分子によって支配されないかぎり、凋落し、衰微する」
 「今は、才能と気力をもった若い人には、とても大きな機会が恵まれている時代」
                                                 スカラムーシュ

 

 男は男らしく逞しい生命力、女は女らしく。オリヴァーやアンドレの、ことにぶつかると必ずやり上げて次に進んでゆく姿勢、爽快ですね!!今目の前にあるものにぶち込む、それで食っていけるまでやる、そしたら次に道が広がる。土台は知識ですね。男は行った先で持てるように、女性は信頼できる男性を掴むこと。これしかない。

 

 

 

 

 
















 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロックフェラー

 

東郷平八郎

  VOL.25        2001.09.23

 

        世界一

 

 「成功の秘訣は、どんな職業でもいいから、絶えず、その第一人者となることを心掛けること」
                                           カーネギー

 

今回は、大日本雄辯會講談社、キング新年號附録(1933) 「偉人は斯く教へる」から

 

 「この戦に、『若し』ということはない。いや、世界に『若し』が勝った例はない。この一戦、我々は必ず勝たなければならぬ。いや、必ず勝つ」                            ネルソン
 「あの小説を書いたのは、私ではありません。あれは奴隷制度の不正不義を怒り給う、神御自らがお書きになったものであります」                            ピーチャー・ストウ
 「この戦争は、わしがやったのではない。あの奴隷の悲惨を救い給う為に、神の起し給える、正義と愛の聖戦だと信じていました」                                 リンカーン
 「敵艦見ユトノ警報ニ接シ、聯合艦隊ハ、直チニ出動、之ヲ撃滅セントス、本日天気晴朗ナレドモ浪高シ」 「天は正義に与し、神は至誠に感ず」
 「わしは、天祐とか神助とか云うものは必ずあるものだ、と信じて居る。しかし、それは正義あっての天祐であり、至誠あって後の神助である。我等が、真に一念、お国の為に今度の一戦は勝たねば相成らぬと、必死になって準備をしておいたので、天祐もあり、又神助もあり、何も彼も好都合に運んだわけである」
                                                東郷平八郎

 

 「大統領も靴磨も、同じく世の為人の為に働く公僕だ。世の中に、卑しい業というものはない筈だ。ただ心の卑しい人はあるものだがね」                             リンカーン
 「ボロを着た少年を尊敬せよ、将来の偉人傑士、此の中にあり」           ガーフィルド
 「私ももう12歳、学問を始めてから6年になる。男児学ばざれば、則ち已む。学ばば、当に群を超ゆべし。安んぞ奮発して志を立て、以て国恩に答へ、以て父母を顕さざるべけんや」
 「汝、草木と同じく朽ちんと欲するか」                               頼山陽
 「決して時計を見ないこと、これが若い人達の、一番覚えて置くべき忠告」        エジソン
 「人間、志を立つるに、遅すぎるということはない」                  ボールドウィン

 

 「成功の秘訣は、どんな職業でもいいから、絶えず、その第一人者となることを心掛けること。私は最初、12歳の時、紡績工場の糸巻小僧に雇われた。その時、私の決心したのは、よし、世界一の糸巻小僧になってやれ、ということであった。そして一生懸命に働いた。その働きが認められ、こんな子供に何時までも糸巻小僧をさせておくのは惜しいというので、今度は郵便脚夫に雇われた。

 その時も私は決心した。世界一の郵便脚夫になってやろう、とね。そして一生懸命に、一軒毎の家と番地と姓名を暗記したもんだよ。終いには、市中どんな小路でも、私の知らぬ家は一軒もなくなった。無駄な努力だと言うかも知れないが、それが認められ、まもなく電信技手に挙げられ、以来だんだんと、同じやり口でついに今日あるを得た」                              カーネギー

 

 「おおよそ、完全無欠な仕事というものは、多くの小さな注意と、小さな仕事とが相集って成る。故に、大事を完成するものは、細心の注意と努力」                       ミケランジェロ
 「誰もやらない時に、真っ先にやるのが貴い。真似る事は全く容易」            コロンブス
 「職務に心身を傾注している時は、腹を立てる暇はない」              ヒンデンブルグ
 「閲歴がどうあろうと、大臣たるの器量があったら大臣にするがよい。貫禄なぞは、二頭立の馬車で、4〜5日市中を駆け廻ると出来るものだ」                           西郷従道
 「自動車はありますがね、あれは役所の自動車ですから…・」              マクドナルド
 「己まず進むべき地に進み、我につづけと云ってこそ、人も進んで来る」         蒲生氏郷

 

 「私は邸宅を建てるつもりではない、家庭をつくるつもりなのです」
 「自分で薪を割れ、二重に温まる」                             フォード
 「金を儲けたら、直ぐに貯めることを考へなくては駄目。いいですか。殖さなければ減るのが金の性質。うんと稼ぎ、うんと貯め、うんと寄附せよ」                        ロックフェラー
 「人生は奉仕である。成功をかち得る人とは、人々に少しのより多くのサービスと、少しのより良きサービスを与える人に外ならない」                                スタットラー
 「只雑誌の誌面だけ良くすれば、それで義務を尽し了えたと思うのは大間違い。読者からの手紙には親切に返事を。人間を動かすのは、只親切」                     エドワード・ボック
 「正人君子は、弁護人を要せず」                              フォシオン

 

 「母親の涙も、化学的に分析すれば唯少量の水分と塩分。けれども、慈母の頬を流れるその涙には、化学も分析し得ざる、尊い深い愛情が篭っている」                        ファラデー
 「雛鳥が内側から卵の殻を突き、母鳥が外側から突く。早過ぎてはいけない。遅過ぎてもいけない。熟しきった一瞬の気合が、人間萬事を決する」                        徳川家康
 「眼だけで物を見ただけでは、何にも発見できません。心で見るのです。そして、心の中で考えている事に丁度当てはまった物を見て、一種の霊感を受ける。ただひょっと思い付いた、などということは断じてないのです。それを得ようと血の滲むような苦心、努力をしている心にのみ与えられる、尊き賜です」
                                               アインシュタイン

 「芸術は、実用に譲歩する」                      ゲーテ

 

 

 世界の中にあなたは唯一人。磨いたらなにが出てくるか分からない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーネギー

 

大日本雄辯會講談社
















Consciousness

自覚  Consciousness


  

 あなたまだ自分てもの分からんでしょ。僕らはだいたい自分が何者か分かっています。自分が分からんようなことではですよ、本当の自分の生きていき方分からんですよ。

 僕でなかったらできないということやる。それをやる。人の運命幸せにしてあげること、僕にできる。

 僕は人様に強制ってこと一切しません。自由です。するのもしないのも自由です。みなさんは答きいて。僕は人に言われてじゃない、自分でやってる。これが自力です。僕は自分でやっていかないといかん。自分でやってゆく。

 自力で立っていける       

 一人一人遺伝物。世界中で同じ人はいない。

 自分で創り上げるんですよ、もっともっと馬力出さんと、何やったって生きていける、自分でやってく、自分は自分を助けるんですよ、

 他の者がやれない自分てもの

 自分の本分全うする、やってやって当然としてのもの

 人類の文明の発祥である

 大事を成そうと思ったら 、当然として自分が求めた運命

 自分がどのあたりにいるか 、日本で中ですよ

 自分の道はっきり自覚して、自分は自分だけのもの

 その人一人にしかないもの、あなたの本来のものに

 自覚する。一人一人立場が違う。生まれも違う。自分として本分全うしてゆく。 僕でなかったらできない、今自分が得意なものやる

 天分、持っていて出てくるものじゃない。やっていって発揮される。

 運命ってのは自分が開く。周囲の人が認めて動いてくれないと、しかし原動力は自分。自分は世界で一人である。怠けてると一番下らん男。磨き出すと世界一。自分にしか出来ないことがある。片っ端から経験積んでゆく。人ってものは磨き出す。人が目をつけてくれるだけのもの持たないとダメ。人にこれはやるんじゃないか、それだけのもの持ってなくちゃダメ。どこまでもどこまでも大きく。

 同じような運命のものいやしません、皆違う。自分を磨き出すよりないでしょうね。 分からぬままに追いつめられて、目が覚めたら生きてる。自分てものよく知って、その人に等しいものしか自然界にない。それぞれが自分の世界自分でつくる。物理です。同質やんか、どうにもならない。縁故広くもつ。自分のことも人と一緒にものを進める。ものには性質

 自分というものがどんなものか分かってきたら、そこで脱皮する。

 女の尻、そんな甘い人間が僕の代理できると思ったら大間違い。

 この世に自然物として生まれ、生きてる以上は何か成すべきこと。有意義に生きる。何が一番貴いだろうか。一番素晴らしいもの、人間が幸せになること。一人でも幸せの人つくる方が上だと思っています。説明会、幸せを広めること、好かれる処に人が集まる。なんにもないところから創り上げる男。

 総ては自分で決める。衆にまどわされるのでない。自分でこの道しかない。大きな生き方のためには小さいもの目をつぶらなくちゃならん。どこまで狂ってるか。

 とにかく自分が信ずる道を歩むこと。どこまでやれるか、さらに工夫。今までのところでは実に不満だ。もの事は人間がやる。

 依頼心、本当の自分てものが確立しない。

 自分の世界、自分でこしらえていかないと。

 縁故の中で立場が決まる。人間の縁故、信用されいいようにいいように。各地、知己、どういう生き方をしたかの結果です。僕、人を幸せにすること一生懸命。黎明近し、生きるか死ぬか、下からはいあがってくる者。のぼせることなく、人間は甘んじてはいけない。家庭の和。人を大切にしないとダメ。みんなと一緒に。

 気分悪くなることしないように。

  世界の中にあなた一人。磨いたら何が出てくるか分からない。因縁事。磨き出せば何が出てくるか分からない。

 のぼせたら元の木阿弥。変えていこう。のぼせてくると、無くなってくる。自分の元々忘れて自我。本来の自分、自分、体はここでも変わらない。出てくる筈のものしか出てこない。自分で幸せのがしてしまう人たくさんいる。理解力、実行が必要になる。 

 宜しいですか、そのつもりで、トップが出なくても、二番でもいい、三番目でもいい。やったらやっただけ自分。人を見下げていくような人伸びない。後の人において。それを自覚してやってもらいたい。そこを皆さん自覚して。                

 自覚してやらないといけない。昔の京都、今は大阪、いわゆる中心。自分を大切に。

 乗り換える人

 本来の姿

 総て自分次第

 何を吸収してるか

 吾子よ、御苦労である。皆の幸せのために邁進せよ。 大勢の人運命。

 人皆持舟にての出航なり。無駄のなき努力為しつゝ己を知る事肝要なり。己を知れば人も知るなり。まして定まらぬは浮世なり。大海の小舟流れに逆らわず如何なる波に乗るかは己次第なり。

                                                    八島義郎

 

 

 

 

 

 「自らの強みを知りなさい。最初に考えるべきは、為されるべきことは何か。年に2度、何をもって憶えられたいか、を考えなさい」                           P.F.ドラッカー

 「才能は孤独のうちに成り、人格は荒波にて成る」             ゲーテ
 「強者はもっともすばらしく孤独である」                  シラー

 「古人の跡を求めず、古人の求めたる所を求めよ」             風俗文選

 「何ちゅうことですか。あんたの会社がつぶれるかも知れんというときに、そんな呑気なことでええんだっか。あんたの家もつぶれかけとるんですよ」           松下幸之助

 

 

 

 

 

 

 

 
 

VOL.66            2003.03.01

 

        個性の発見

 

 「あなたは、自分の死ぬ日を正確に知りたいですか? その時期によって、今の生き方が変わると思いますか?」

 「何か1つのジャンルで成功し、世界的に有名になれるとしたら、どんなジャンル?」

 

本日は、ディスカヴァー21「あなたならどうする100の?」から   http://www.itoh.com/

 

 「あなたは、親のどういうところが好きですか?」
 「教養がないけれどお金持ちの親と、お金持ちではないけれど教養のある親とでは、どちらがいいですか?」
 「次のうち、どれか1つだけ選び直せるとしたら、何を変えたいですか? 親、出身地、時代、生活レベル、学歴、容姿、知能程度。それとも、他の何か?」
 「あなた自身は全く変わらないとして、もう1度、人生をやり直せるとしたら、今の配偶者(恋人)を選びますか?」
 「これまでの人生において、人間的に最も大きな変容を遂げたのは、いつですか? それは、どんな変容でしたか?」
 「これまでの人生において、「このまま死んでもいい」と思うほど、幸福な瞬間がありましたか? いま現在、どんな時なら、「このまま死んでもいい」と思えますか?」

 

 「今この瞬間、どこへでも移動することができるとしたら、どこへ行きたいですか?」
 「1週間、全く自由に過ごせるとしたら、何をしますか? 3ヵ月間あったら、何をしますか?」
 「1,000万円を自由に使えるとしたら、何に使いますか?」
 「仕事(勉強、家事)をやる理由は何ですか? やらない理由には、どんなものがありますか?」
 「あなたは、1日に何回、鏡を見ますか?」
 「人とは違うことをアピールするために、どんなことにこだわっていますか?」
 「『人生は○○○○○』。あなたなら、○○○○○にどんな言葉を入れますか?」
 「大地震が起こり、家族は全員無事だったとします。倒壊しかけた家の中から、何か1つだけを持ち出せる時間があるとしたら、何を持ち出しますか?」

 「あなたは、あと24時間の命だとします。それまでの間、何をしても、どこへ行ってもいいとしたら、どのように、この24時間を過ごしますか?」 「あなたの人生の目的は何ですか?」
 「占い師が知りたいことを何でも教えてくれるとしたら、どんなことを尋ねますか?」
 「次のうち、どれか1つを完全に手に入れられる代わりに、その他のすべてを失うとしたら、何を選びますか? 富、名誉、地位、権力、愛、安全、才能」

 

 「現在、100%熱中していることはありますか? もし、ない場合、どんなことなら、100%の情熱を傾けられるのですか?」
 「今のあなたを100点満点で採点すると、何点ですか? もし現在、100点に満たないとしたら、どうすれば、100点になると思いますか?」
 「あなたにとって、素晴らしい1日とは、どんな日ですか? 具体的に、朝から晩までを思い描いてみてください」
 「願い事を3つまでかなえられるとしたら、どんなことを実現したいですか?」
 「長い間、やってみたいと夢見てきたことはありますか? どのような条件がそろえば、それは実現するのですか?」
 「あなたの人生を豊かにしていくには、何が必要ですか? そのために、何をしていきますか?」

 

 「いちばん最近、自分自身のために何かをしたのはいつですか? それは、どんなことですか? 誰かのために、心から何かをしたのは、いつですか?」
 「あなたが、今、いちばん気にかかっている人は誰ですか? なぜ、その人が気になるのですか? その人に、今、最も伝えたいことは何ですか?」
 「男性と女性、どちらと一緒にいる方を好みますか? 年上の友人と年下の友人では、どちらの方が多いですか?」
 「誰のためになら、身代りになって死ぬことができますか?」
 「あなたが、今、死んだら、葬式は、どんなふうに行われると思いますか? 何人ぐらいが参列し、誰が涙を流すと思いますか?」

 「男として、妻として、父親として、娘として、会社員としての自分など、いろいろな自分がある中で、あなたは日頃、どんな自分にいちばん比重を置いていますか?」
 「あなたは、人から、どんな人間だと思われていると思いますか? 本当は、どんな人だと思われたいですか?」
 「自分のことを何でも話せる人が、何人いますか? 自分のことを何でも話してくれる人が、何人いますか?」
 「自分には価値があると思いますか? それは、どうしてですか?」

 

 「あなたは、自分のことをどのくらい知っていますか?」で始まる、CDサイズのこの本のサブタイトルは「自分を哲学する、究極の質問」。学生のころの書き込みを見て自分が浮き彫りにされているのを知り、爆笑でした! みなさまも、どうぞトライしてみて下さい。世界に唯一人の自分を知る。そこから他の追従を許さない歩みが始まりますね。

 

 

 

 

             VOL.86              2004.10.28

 

        世界に唯一つの名言

 

 今回は、「世界に唯一つの名言」を創作するツールをご紹介致します。
英文科に在籍した学生時代、フランス語の授業で隣の席だった女の子に教わったゲームをアレンジしたものですが、元はある学者の方が発案されたものだそうです。

    ◆◇ 「世界に唯一つの名言」創作ツール ◇◆

 まず、A4の紙(大きくてもOK)一枚と筆記具をご用意ください。紙を横向きに置き、上辺(長い辺)に辺を8等分した目印を記載します。
 次に、目印を目安に上辺に沿って横書きで「8個の形容詞」を記入してください。形容詞(〜い、〜しい)は自由に思いつくまま、お好きな言葉で結構です。名詞を修飾する言葉(〜な、〜のようなetc.)でもOKです。これで1行目が完成です。
 次に2行目に、1行目と同じようにさらに「8個の形容詞」をお書き添えください。これで2行目が完成、1行目と合わせて計16個の形容詞が揃います。

 3行目は今度は、8等分した上下の形容詞2つから連想する名詞(固有名詞や修飾語のついた名詞でもOKです)を1つずつ、計8個ご記入ください。深く考えずに、最初にパッと思いついた言葉を書くのがコツです。これで3行目が完成です。
 4行目は、3行目の名詞の隣接する名詞2個から連想する名詞(これも同じく固有名詞etc.でもOKです)を1つずつ記入、4行目には計7個の名詞が揃います。
 5行目は4行目と同じ方法で、4行目の隣接する名詞2個から連想する名詞を1つずつ記入します。5行目には計6個の名詞が揃います。
 以下同じように、6行目には5個、7行目には4個、8行目には3個、と書き進め、9行目に2個の名詞が揃うまで同様の連想ゲームを繰り返してください。

 最後の10行目、ここには9行目の名詞2つから連想するもの、想い、イメージをふくらませて、単語でも熟語でもセンテンスでも数行の文章でも何でも結構です。頭の中、心のなかに思い描かれたものを素直に言葉に書き起こしてみてください。

 以上を図にすると、以下のようになります。(○は形容詞、□は名詞。プロポーショナルフォントで作成しておりますので、逆二等辺三角形となります)

  (1行目) ○   ○   ○   ○   ○   ○   ○   ○
  (2行目) ○   ○   ○   ○   ○   ○   ○   ○
  (3行目) □   □   □   □   □   □   □   □
  (4行目)    □   □   □   □   □   □   □
  (5行目)      □   □   □   □   □   □
  (6行目)        □   □   □   □   □
  (7行目)          □   □   □   □
  (8行目)            □   □   □
  (9行目)              □   □
  (10行目)      単語or熟語orセンテンスor文章etc.

 以下の解説は是非、上記のゲームを完成してからお読みくださいませ。

 

    ■□ 解説 □■

 最後の10行目、これがあなただけの「世界に唯一つの名言」となります。
この創作ツールを使えば、「いま」の自分のこころ、希望や夢の等身大の姿を正確に写し取ることができ、また想像力を豊かにするいい訓練にもなります。そこには「いま」の原因となった「過去」も、「いま」が条件となる「未来」も表れます。

 詳しく解説しますと、最初の形容詞は今のあなたの「こころ・感情」の状態を表す言葉で、プラスイメージの言葉が並ぶほど日々の生活が順調に、幸せに運んでいることを示しています。2行目の形容詞はさらに内面に踏み込んだ「こころ・感情」の表れで、日頃使いやすい無意識なこころ・感情の性向、癖を表しています。
 これら16個の自分自身の内面にある「こころ・感情」の状態から導き出す、3行目以降の名詞は、あなたの「こころ」の中にある言葉、普段慣れ親しんでいる人、物事、イメージ、希望、欲求etc.を表しています。
 一行一行、内面にある「こころ・感情」の状態を集約していきますので、行が下るにつれ内面奥深くにある「こころ」を照らし出し、整理し、最後の言葉である単語、センテンスetc.は「いま」現在のあなたの希望、欲求、課題etc.を表しています。

 同じ形容詞や名詞2つから連想するものは人によって異なること、素材となる言葉自体を自分の体内から搾り出していることを考えると、このA4一枚の紙切れに「いま」のあなたに同質な言葉たちが並び、それらを集約した最後のセンテンスが「これから」の方向性を決める、あなた独自の決定的な名言ということになります。
 クリエーター、アーティストの方なら詩歌や散文の創作に、経営者の方なら事業の定義や事業プラン作成に、学生の方なら自己の強みを知るetc.さまざまな用途に使える便利なツールです。語彙の豊かさがそのまま感情の豊かさや人間関係の豊かさをもたらしますね。友達や家族、部下や周りの方に目の前でやってもらうと、その方の思考回路や過去、大切にしているものetc.が分かって面白いですよ!♪

 

 

 

 

 

 

 

 
 

遥かな灯台  Far-off lighthouse


  

 僕は総てそういう生き方、何をやっても人には引けを取らん       

 今、あなたそれ出来ますか。でしょう。今出来たんじゃない。出来るために何年かん年やってきた。先行の灯台。これに向けて。これが僕の仕事。遥かな灯台置くんです。目標は遥か向こう。十年、ようしもう十年、そして死ぬまで。やらなかったら。人はそれぞれいい点持ってる。その人追い付こうとしても出来ない。それをもって太刀打ちするんじゃない。あらゆるもの持って、これでもか、これでもか、これでもかでいくんですよ。劣っていれば人の倍。駄目なら五倍。追い付き、勝手に追い越していく。こういう生き方でないと駄目ですよ。いいですか。 

 あと何年、月、確実に手を打ってゆく。心ある人であれば耳を傾ける。

 原動力というものがある、

 やり出した以上、いくところまでいく。 その道で早くトップ

 来た道は本当に地道

 どんなチャンスでも自分に、人がやってるんだから

 それまで食うや食わずでいた

 

 

 

 

 「人は大きな目的をもってこそ、おのずから大きくなる」               シラー
 「全力を単一の目的に集注すれば必ずそのことを成し得る」              カーライル
 「自分ひとりで石を持ちあげる気がなかったら、二人がかりでも石は持ちあがらない」

 

 

 

 

 

 

 
 

Willpower

根性  Willpower


 

 成らなかったらやらないからです。やるぞ、言ったらやりぬいてゆく。

 同じ人間でしょ

 どんな時も一人で乗り越えて来た

 駄目だったら人の倍

 物事はぶつかって強くなる

 踏まれたら立ち上がり

 自分が警察犬と思って訓練

 僕より苦労なさった方、僕の人生の半生以上三分の二は

 これだけはやり遂げよう

 やりとげていく、あらゆること注意して、自分の力でやりあげていく、何故やりとうさない、

 10年かかったってやり遂げる 。トップにならんとダメですよ 。一日の成長はたとえ1mmでも 。洗練というものが必要 。

 あと一ふんばりこれが、

 やるぞ、やって素晴らしい人生、あやふやなことでいかないで、人の幸せだけ願って毎日、ただ一人の人から始めた、

 不退転。ものは途中で投げちゃ駄目です。 僕に逆境ってありません

 必ず追い越してゆく。根性から事が起きてくる 。やる気でものはできあがって

 人間は色んなとこ通ってできてく。

 1回や2回や3回で 、何年たったって自分の初志貫徹 、それに値するものになる

 一切乗り越えてゆく。                

 世界中幸せにするつもりくらいで。皆さんの幸せ、その中で僕も楽しく生きていける。やる以上、やり上げる。そこまでやったか、あいつはやったな。ものはね、やるとなったら徹底してやることです。普通の写真じゃ物足りない。芸術写真まで。超一流と言われない限り見ない。やる以上死ぬまで。絶対人間として間違いない。信頼される人間じゃないと駄目。出鱈目な根性じゃ駄目。頭を働かす。自分の智恵と努力です。生きた人を幸せにするやつ。僕も自分を変えながら生きてる人間です。辛いなあと思う時こそやる。笑えない時に笑う。

 根性、常識、中学生程度、色んな方面の知識。やってできないことない。この根性とこの肉体と。死ぬまでやってやってやり通す。

 僕何も信じてません。自分だって信じていません。僕を支えているのは自分の根性、気持、心です。自分を支えているのは自分。だけどですよ、考えてみると孤独ですね。毎日仕事場、家、出てくる時間も時計の針、エンジンの音、これで終わってゆく。

 みんなそういっちゃなんですけど甘いですよ。国家も団体もない。僕ただ一人の人間だけで行き倒れたらそれまで。世界でただ一人です。おかげ認めません。こうしたらこうなる。こうだろう。

 運命ってのは自分が開く。周囲の人が認めて動いてくれないと、しかし原動力は自分。

 才能が無い。僕は言わせません。人の倍、追い付く。追い付けたらそれと同時に人間として追い越す。人間として大きな器。

 気力、根性がある方が勝つ。気魄。 人より劣れば人の倍やる。 叩き上げるんですよ。根性。男。

 今にみてろ。根性でやりぬいてゆく。男は42、3までに形がついてくる。人間一人でなにもできないというが、今にみてろ、一人で 動かして山でも動かしてやるぞ。やり遂げようとしたらそのくらいの根性。 今に見てろ、一人の力がどれだけのことをやるか。見てろ、山でも動かしてやる。信念をもってかかってました。それだけの。 今に見てろ。死ぬまで勝負です。どれだけのことをやるか、どれだけ有意義に、人の中で、今年は頑張って、平素が大事。人に好かれる、これを一生懸命やって下さい。

 スカラムーシュ。どんなことにあたってもやり遂げて次にあたってゆく。世界に唯一人。やってやったら人に真似できない、あなたにしか出来ないこと必ずでる。

 その日その日で自分で働いて食わなくちゃならん。あいまいなことできない。一つ一つが真剣。これでいいってことない。

 Kに会場ができて、僕が泣いた砂浜見ました。やらんと駄目ですね。やらんと脆いだけです。将来ほんと役に立つ。やってやってやり抜く。苦しいなんてその時だけ、やって力をつけて自己というものしっかりもってゆく。

 自分が決め、やるぞと思ったら、徹底的にやる。やったら次のに移る。次に移る。

 僕の根性叩き込んでやる 、結構になり方

 負けないように頑張って下さいね。      

 やり出したら三日坊主では。           

 根性しっかり持って、男でも女でも。                       八島義郎

 

 かたしとて 思ひたゆまば なにごとも なることあらじ ひとのよのなか     明治天皇

 

 

 

 「壁があったら、ぶち破っていく根性がなかったらあかん。金網があったら、ちぎっていく。それくらい」
                                                     松原

 「人間の価値は、いかに早く、かつ楽々と逆境に対処できるかにかかっている」
 「人は転ぶたびに立ち上がって、だんだんに勇気や信念や成功しようとする意志や愛する力等を身につけるべきである。そして最終的には公平無私を身につけなくてはならない。こうした理知とは関係のない精神面が、その人の人間的魅力となる」                        アレキシス・カレル

 「水害、火事。10年後、被害をうけた町は例外なくすべて発展している。災害をうけなかった町は、発展しない。復興しなければならないという、人々の心のはたらきによって変わってくる。悲惨な被害が、その後の発展の起因となる」                                松下幸之助

 「涙とともにパンを食べたものでなければ、人生の味はわからない」       ゲーテ

 

 

 

 

 

 
 

 

自信  Confidence


  

 やってやってやって、そして、自信が出来上がる。手紙を出すこと。中に入り込んで行く。

 僕は頭からずばっと言います。 この世の中、これだけ自信もって言いたい放題言って、しかも真実ズバーと、覚えるものは覚えよ。 S精神。

 実るほど頭を垂れる。自信、自分自身に望みをかけて、学校行く行かない二の次三の次。学校の成績いいからって何の関係も無い。人間として如何に生きるべきか。生き方。

 やってやってね。やり抜いてゆく。そうしてね、自信ができてゆく。いつの間にか500曲

 押しも押されもせぬ人間 、

 僕が日本一って規模が小さ過ぎる。僕は世界一。

 

 

 

 

 















get

就職  Get a job


  

 実社会は人物で

 人に好かれたら仕事は来ますよ

 自分のしたいことやって食ってる

 先ず生活の基盤

 将来の為にどういうコース

 社会の中見て来た方がいい

 どういう世界で生きるか、どう進んでいくか

 好きな道選べばよい。 どの道を歩んだかで、その道で暮らしている。己を発揮、いいところを発揮してゆく。

 まず何が一番大切か。生活の道を立てること。その道で立とうと思ったら容易じゃない。

 移り変わる。新 会場。今までとぐるっと生まれ変わる。一生、あなたのねらい、どうなのか。有名な先生、勉強、筋がついてくる。どこまでやれるかやってごらんなさい。そこらへんのコック皆アゴですよ。同じ人間やったらできる。

 ヒルトン、コック、面接待ち、通訳者、Yさんの顔つぶさないように。Yさんの顔つぶすってことは 会場の顔つぶすことになる。やりだした以上は、人には一切ひけをとらん、人の人後に落ちるってことはゆるさん。僕の生き方にない。自分てもの独特のものをこしらえ上げてゆく。それだけのものにならんといけませんよ。僕は世界一人しかいない。僕を 凌駕する者できるでしょうか。

 自分に合わないものはやめる。あなた商売人じゃない、職人。甘い。お金、色気づいてくる。僕だったら自分で自信もって生きてくだけのものをつくる。

 面接。

 ミル、線香とどっちがいいか。

 

 

 

 

 「職業には、大きく分けて、『物に関するもの』、『情報に関するもの』、『人に関するもの』の3つがあり、わが国には約3万の職業があるといわれています。モノづくり、建設、オフィス、販売、専門・企業サービス、個人サービス、福祉・公務、医療・保健、教育・研究、運輸、マスコミ・デザイン・芸術、自然・動植物」
                                             雇用情報センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就職

 

      VOL.22    2001.09.02

 

        好きなことをやれ!♪

 

 「登っていくにつれて、下にいた時には見えなかったものが見える」         カルロ・ルビア

 

本日は、週刊少年ジャンプ「ノーベル賞受賞者特別寄稿 好きなことをやれ!!」から

 

 「科学者ではなく、自然が真実を語る」                 クリスチャン・ド・デューヴ
 「数字と同じ対称性と規則性は、自然の中にも備わっている」            ヴァル・L・フィッチ
 「我々の経験する最高の美と感情は、神秘的なものに対する感動である。それは、すべての真の科学の真髄である。この感情を経験したことのない者、自然の神秘に対する畏敬の念にうたれて我を忘れることのない人間は、死んでいるも同然である。
 不可知の宇宙が展開する、人知をこえた理路整然たる力の存在を深い感動の念をこめて信じることこそ、私の神の概念を形成する」                           A・アインシュタイン

 

 「現在、地球上に存在する生命は、色んな条件が正確に、しかも複雑に組み合わさった結果、生じたもので、こんな小さな惑星にこれほど多くの生命体が共存している姿には驚かされます。これほどの生命が存在できたのは、それなりの成分と密度をもった大気がこの惑星の周りにあったから。水のサイクル、太陽から受けるエネルギー、巨大な分子配列をもった化合物。そこから一種の細菌といえる原始的な生命体が誕生し、次第に複雑な生命体へと発展。これが太陽の光を栄養分として大気中に十分な酸素を供給する植物になり、この特性を利用する動物、さらに進化の過程で海に残ったもの、地上に上がったもの、空を飛ぶもの、寒いところ、熱い地方を好むもの。こうした枝分かれの中から人類も誕生した」
                                              フランソワ・ジャコブ
 「生命のすべての過程は、遺伝子の情報次第である。一つ一つの生きている細胞ごとに、とてつもない百科事典ほどの遺伝子情報が含まれている」                      W・アルバー
 「無数の種類の生物から構成され、絶えず変化し続ける複雑な生物界では、私たち人類はそれを構成する一つの要素にすぎない」                            トーマス・H・ウェラー

 

 「君たちが住んでいる世界というのは、君たちが生まれた時に一緒にできたのではなく、それは君たちのお父さんやお母さんたち、そのまたお父さんとお母さんたちといった風に、ずっと遡って300万年前に出現した最初の人類によって作られた。
 君たちは平和なよい世の中に暮しています。健康で栄養も十分。水道、電気、電話、TV、コンピュータ。綺麗で安全な街、必要な物をいつでも買える店、自動車や電車、飛行機、医者、救急医療機関。秩序ある社会、基本的な権利と自由。よい学校、献身的な教師。文明とはこうしたものが総て集まったもの。これは過去の遺産であり、君たちの祖先からの贈り物」
 「世界は人類が目覚しい発展を遂げたことで、かえって今、脅威にさらされてしまった。自然資源は枯渇しつつあり、環境は汚染され、森林は破壊され、砂漠化が進み、多くの動植物が絶滅の危機に瀕しています。君たちはもはやこれ迄のように、自分自身や家族、住む町や村、あるいは自分の国だけといった、狭い視野で物事を考えることはできない」                     クリスチャン・ド・デューヴ
 「人口は、毎年9100万人の割合で増え続け必要な食物、衣服、住居は夥しい数」
 「君たち読者は、優れた制度のもとで教育を受けられるという特権的な立場にある。君たちには、自分の住む場所であるこの地球がこのまま滅んでいってしまわないような政治的、経済的な対策を推し進める、特別な責任がある」                               トーマス・H・ウェラー

 

 「私の人生の、目標でありお手本だったのは父」
 「子供たちが、上手に育ったのは妻のお陰。彼女は本当にビーバーのように、よく働きました」
                                       トーマス・H・ウェラー

 「妻がいなかったら、ノーベル賞を貰うことはできなかった」           クリスチャン・ド・デューヴ
 「教えてくれたというよりも、両親の生活そのものが私のお手本でした」          W・アルバー
 「母の口癖は、“一番幸せだと思うことをしなさい”」                 アラン・M・コーマック
 「直接口にだしては言わなかったが、母は成功してもらいたい、できるだけ教育を受けさせたい、自分たちよりいい生活をして欲しい、と願っていた」                     ジャン・M・レーン

 

 「子供時代に多くのことにチャレンジしておくと可能性の選択肢が広がる。大切なことは、何かをしている時にはそのことを楽しむ、ということ。昔に比べ、今はずっと簡単に多くのことを経験したり学んだりすることができる。あらゆる種類の本が手に入るし、旅行は簡単にできる、TVでさえ多くの情報を提供してくれる」                                              D・H・ヒューベル
 「より良い頭脳の為には、身体を動かし、何かを作り、字を書いたり絵を描いたり、色々な人と話し、わくわくできることをやり、想像力を働かせる」                        J・C・エクルズ
 「創造的な衝動は、内面にあるものから作り出されるが、他の人達が既に学び成し遂げたことで、私たちの知性を豊かにしようという努力は不可欠」                      D・A・グレーザー

 

 「始めるのに早過ぎる、ということは決してありません。I・ニュートンやA・アインシュタインが偉大な発見をしたのは、彼らが25歳になる前だった」                      ジョージ・ポーター卿
 「何かで成功するためには、自分がそれを楽しまなくてはなりません」            A・クルーグ
 「大切なことは、刺激的で、やる気の起こる、楽しめるもの」            J・L・ゴールドステン
 「自分自身を、裏切ってはいけない」                         カルロ・ルビア

 

 好きな道で立っていけるとしたら、それが一番幸せですね♪♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーベル賞







 

転職  Change job


 

 仕事、その仕事身につけ尽くした、その時、自然界の掟が働く。あるところから引き抜きがある。与えられたところで何処まで自分を活かしきれるか。これが総て。

 考えもってやってたか。上司はずっと様子見てた。目のある奴、目つけますからね。

 今、目の前にあるものぶち込む。アンドレ・ルイ・モロー、 素質、知識、スカラムーシュ、あれと同じ生き方です。それで食っていけるまでやる。そしたら次に道が広がる。ことにぶつかったら必ずやり上げて次に進んでゆく。 目先にあるものはどんどん消化すること。 目の前にあること全力で片付けてゆくこと。やりぬいていく人は必ずものになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Drucker

       VOL.28       2001.10.14

 

        P.F.ドラッカー U      T V

 

 「1万年前に陸上で起こったように、今後50年以内に、海洋においても、狩猟と採集から農耕と牧畜の時代に入る」

 

  Peter F.Drucker  (1909〜2005)               http://www.pfdf.org/
今回はダイヤモンド社「プロフェッショナルの条件」から

 

 「明治維新への探究心が、やがて私のライフワークとなったもの、すなわち社会の核、絆としての組織体への関心へとつながっていった」
 「戦後日本の奇跡は主としてマネジメント、特に企業マネジメントの成果だった」
 「世界に対し、1860年代、1950年代という2度の転換を通じ、いかにして激動を好機とし、苦難を絆に結びつけるかを示してくれたものこそ、他ならぬ日本だった」

 「封建時代の騎士が中世初期における社会の代表であり、ブルジョワが資本主義時代における社会の代表であったとするならば、教育ある人間は、知識が中心的な資源となるポスト資本主義時代における社会の代表である」
 「今度の転換は、西洋のものではない。世界の歴史と世界の文明である」
 「産業革命において鉄道が生んだ心理的な地理によって、人間は距離を征服した。IT革命においてeコマースが生んだ心理的な地理によって、距離は消えた。もはや世界には、一つの経済、一つの市場しかない」

 

 「知識労働者は生産手段を所有・携行し、自らの組織よりも長く生きる。その帰属先は自らの専門領域であり、彼らは雇用主たる組織の盛衰を決める。組織に依存しているが独立した存在であり、高度の流動性をもち、事実上、監督されえない存在である。知識労働者は、その専門について自分よりも詳しく知る者が存在するようでは、価値のない存在である」

 「知識とは、行動のための情報、成果に焦点を合わせた情報」
 「知識の位置づけは、共通の任務に対する貢献度によって規定される。現代の組織は上司と部下の組織ではない。それはチームである」

 

 「人間社会において、唯一確実なものは変化である。自らを変革できない組織は、明日の変化に生き残ることはできない」
 「組織は一人ひとりの人間の強みを発揮させるための仕組みである」
 「成果をあげるためには、人の強みを生かさなければならない。強みこそが機会である。人間一人ひとりの強みを、共同の事業のための建築用ブロックとして使う」
 「経営管理者とは知識の適用と、知識の働きに責任をもつ者」
 「マネジメントの定義は一つ、それは、人をして何かを生みださせること。今や唯一の意味ある競争力要因は、知識労働の生産性である」
 「生産性の向上は、より賢く働くことでしか達成できない。何が目的か、何を実現しようとしているか、なぜそれを行うか、仕事を定義し直す

 

 「イノベーションに成功するには、最初からトップの座をねらわなければならない」
 「成果をあげるための第一歩は、行うべきことを決めること。しかる後に、優先すべきこと、集中すべきことを決める。そして、自らの強みを生かすこと」
 「成果をあげるためには、貢献に焦点を合わせなければならない。組織の成果に影響を与える貢献は何か」
 「成果をあげる人は、自らの、そして組織全体の時間とエネルギーを、一つのことに集中する。もっとも重要なことを最初に行うべく、集中する」
 「まさに生産的であることが、よい人間関係の唯一の定義である」
 「無人の山中で木が倒れたとき、音はするか? 答えはノーである。たしかに、音波は発生する。だが、誰かが音を耳にしないかぎり、音はしない」

 

 「われわれが真に必要とするものは、多様な専門知識を理解する能力である」
 「新しい仕事で成果をあげるには何をしなければならないか。新しい任務が要求するもの、新しい挑戦、仕事、課題において重要なことに集中する」
 「集中すべきこと、改善すべきこと、勉強すべきことは何か。優先順位を決める」
 「一時に一つのことに集中して勉強する。次々に新しいテーマを決める」
 「時間は希少な資源である。時間の分析は、自らの仕事を分析する」
 「完全を求めて、いつも失敗してきた。だから、もう一度挑戦する必要があった」

 

 「成果をあげ、成長と自己変革を続けるには、自らの啓発と配属に自ら責任をもつ」
 「自らの強みが何か、それらの強みをいかにしてさらに強化するか、を知る」
 「努力しても並にしかなれない分野に、無駄な時間を使わない。強みに集中すべき」

 「自らの成長のために最も優先すべきは、卓越性の追求である。自らを成果をあげる存在にできるのは、自らだけである。他の人ではない。従って、まず果たすべき責任は、自らの最高のものを引き出すことである。それが自分のためである。人は、自らがもつものでしか仕事ができない。自らがベストを尽くせるのは、いかなる環境か」

 

 

 

 

 

 「何をもって貢献すべきか。もしこのキャリアに入っていなかったとして、このキャリアに入っているか。入っていないとするならば、今そのことについて何を行なうべきか」

 「我々一人ひとりがCEOである」

 「なすべきことをなさしめさせた者として憶えられたい」      ドラッカー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラッカー

 

work

仕事  Work


  

 大勢の人に好かれたら仕事いくらでもある

 仕事、師匠盗む。それくらいでないと育たないでしょうね。仕事教えるじゃない盗む。親子でも。

 仕事だけは一生懸命

 仕事は仕事だ、そうじゃない。人間関係がついてまわる。心が通う ってこと。

 一つのことやるったら徹底的にやる 、やればそれで立てるんですよ 、一つの道で立派に立てる 、人はね、その人その人の好きなことやらないとダメですよ。

 きちっと一遍決めたらその通りやる 、

 生きてる気合いを入れる 、

 仕事だけは真剣勝負

 自分だけ確かなものを自分が創る

 実際にことにぶつかって、スカラムーシュ、ことにあたって必要なもの

 人から盗むのはいい 、技術とかコツ、人のを覚えてく 、

 やる以上は、仕事のことに通じて 、

 チャンスものにしてグングン、片っ端からやり終えていく、

 現実に働いて自分が成果、自分中心に物事できてくる、

 今やってる仕事では肩、

 日本でやることたくさん、30年かかって現在です。先どういうことが待受けて

 裸一貫は自分のもの、今あるとこで周りの人に

 自分が経営者なったつもりで

 経験無いは通らない

 ものは一流でやる。最善をつくす。やる以上はさまになるように。 協力してやれば大きな力になる。また何かございましたらおうかがいしとうございます。築き上げる人間何をしたって築き上げます。

 今まだあなた24才、まだまだ経験積んで、腕磨いてゆく。名前聞いただけで皆が頭下げる、あなたの名前聞いたらその世界で通る。そこまでやりあげる。お膳立てなんて今必要ない。うんと勉強すること。

 サラリーマンより自分でやっていく方が良い。それまでにその世界のことプロで通用する、それだけでしょうね。

 自分がその職業やる以上、あらゆること精通すること。

 自分がその立場に立ってごらんなさい。やらざるを得ないでしょう。自分をそういう風にもっていくんですよ。

 その日その日で自分で働いて食わなくちゃならん。あいまいなことできない。一つ一つが真剣。これでいいってことない。

 ただもう努力しかありません。必ずプラスになる努力、仕事のことには精通すること。 昔の僕には休みなかった。朝7時から全部僕自分で歩き回ってやってきた。

 プロ、食ってく連中。実際にそれ吸収。自分が事に当たって行かなければだめだ。創造性、考える、考える、いろんな角度から考える。そのうちに新機軸でてくる。素人は結果を見たがる。くろうとはそうじゃない。 じぃーっと見ている。少し分かってくると、何でもないなー、ということが分かってくる。

 今現実に自分がやってることぶちこんでゆく。満足、やってきてある。やってみて分かる。やらなかったらそのままですよ。一人前になるまでまっしぐらにおやんなさい。いずれあなたの時代が来るから。

 それくらいでないと駄目。ロダン。女の子なんて目に入らなかった。考えたこともない。暇がない。夢中。ちょっとの時間があれば遊んでる暇なんてありませんよ。話の合う人間がいない。

 ポストなんて、その人にふさわしいポスト天が与えますよ。なにかにぶちこんでやってゆく。勝手に人が。立場得るも失するも自分次第。考えもってやってたか。上司はずっと様子見てた。目のある奴、目つけますからね。

 力があって自分でやってる人は言いません。

 その道に専念しなさい。石、ひとつのダイヤ。それだけ、やる以上はやってゆく。中途半端なことやってて出来るものじゃない。やるんだったら最後までやりなさい。話に足るお店ほとんどない。その道でどこ行っても通用する。

 ハサミ一丁でキャデラック、葉巻、人使ってやり上げてゆく。この男はだめだったなあ、その間にものに成るものはやる。

 その人が入ると空気がころっと変わる。周りが動き出します。

 はじめ一つしかできなかった。しかし手抜くわけいかないから、そのうち五つできるようになった。そして向こうから値上げさせてくれと言ってきた。二度も。

 一人前になるまでまっしぐらにおやんなさい。いずれあなたの時代が来るから。

 ここ設立30年、昨日、 30年でこれまで。

 毎日毎日会場だけ 、本当の幸せとく人間 、研究洗いざらい教えて

 仕事は仕事だ、そうじゃない。人間関係がついてまわる。心が通うってこと。 人との関係上手。会議でも、一歩下がる。皆と和をもつ。自分から一歩下がり争いを除く。本当の賢さというものです。下がり、和して全体の成績を上げながら進める。感情面を鍛え上げて行くことにより立場があがる。仕事成功しようと思ったら、やる人が張り合いがあってニコニコ満たされて。

 会社楽しいですかって聞いた。僕そういうこと嫌いなんです。飴でもしゃぶって、自転車、歌唱劇、歌、よっぽど好きなんです。難しい書類、数字好みません。皆さまから飴玉、白、赤、ピンク、こんな楽しい、これが僕の仕事。人が結構にゆく。  

 実社会、戦国時代と何ら変わりない。プラスとなるもの身につけて、ようしやってやる。

忘年会、新年会 こちらはそういうことやりません。

 

 

 

 
 

 

縁故  Relationship


 

 縁故の中で立場が決まる。

 顔見合わしたらお腹の中からあったまってニッコリいける。

 縁故によって幸せに歩んでゆく。縁故、殺し合いしたり戦争したりしてる。

 縁故大切に、ちょっとした縁故生かせる人、生かしてあげるというだけの条件

 あなた立派な人になんのよ、

 僕のお金皆さんから貰ってる、皆さんがいらしてこそ僕は、

 良いご縁をちゃあんと繋いで、 結構な人と結び合う

 自分の気に入る奴ばかり

 ただ顔見てやあそれだけで縁故

 ここのお付き合いだけ

 自分の関係者徹底して面倒見る

 何やったって縁故

 どれだけの人の中で生きるか、人間の社会は縁故で成り立ってる

 世間に食べさせてもらってる

 ただ一代です

 僕はみんな親友です、何処で働くかということ、人類の発生の時から縁

 今の世の中で生きていく、社会で生きていく

 縁故の中で立場が決まる。人間の縁故、信用されいいようにいいように。

 どういう方の縁故ができて、味方ばっかりの中で楽しく、

 ポストなんて、その人にふさわしいポスト天が与えますよ。 人が認めて勝手にいいように。

 人に買われるだけのものもったら立場。僕はまず生まれたことに誇りを持ってます。

 その人が当然の処に所属します。人を尊重すること、人があってこそ生きていける。人のこと常に頭から離しちゃいけませんよね。

 自分で決めても人が認めて初めて。

 縁故のあるものは

 縁故、人と仲良くいこうと思ったら家の中がまず第一番大切です。

 人生、いろんな人にお出会いして、縁の糸、色が違う、織りが違う。わずかなこの世に生、あたら短い一生をどのように生きるか。 いろんな人にお出会いできたこと、有難うございます。ほんとに幸せであった時のそのままの気持ちで。 因縁、縁故で繋がる。地球の裏側でも縁、手紙来ます。祖先からの縁。 ここに来られた時、運命の分かれ道。生きるか死ぬか。落ちぶれて見る影もない。コネ、知らん者より知りあいをとる。

 自分が幸せ、人も幸せ、芸術。御縁、どこでどう繋がってますか。人間の御縁、どうなるものか。縁故というのも因縁、運命づけられてるんですからね、いいとこ引っ張り出して。

 言葉一つでも、人の御縁。どこからどう繋がってゆくか分からない。人間の世界、仲良く、どこ行っても尊重してくれて、ある技術身につけても人が活用してくれなければ。

 縁、生まれた時から繋がってる。初めはどういう間柄であるか、あとで憎み合うとか、自分で縁は創るもんじゃない。出来てくる。新陳代謝、いつ頃どういう質が出るか、きちっと当る筈。

 いろんな方があってこそ世の中成り立っている。どなたもがこの世の中いなければならない。

 話をするとかいうが、パッと顔を合わしたとたんに勝負あった。

 縁故の人貴重。僕がバカにしてた連中、有難いと思った。おあがり下さい。炭焼き、これがこの始まり。理屈抜きにして人の縁故有難いと思うこと。無駄な努力はしないこと。

 縁故を粗末にする人はこの世でみじめになります。お世話になった方、すぐ電話する。世の中感情で繋がってるんですよ。

 Nから一人で始めて、各地、知己、どういう生き方をしたかの結果です。僕、人を幸せにすること一生懸命、幸せの灯、消したくない。涙でますよ。僕の縁故ございません。枯れた。今世のはずっと昔。最近は祖先の縁故も枯れた。

 

 

 

 

 

 
 

success

成功  Success


 

  物をやってやった〜という爽快、この気持ち、これがなくちゃだめです。

人との関係上手。家が楽しくて。自分の感情どうもってゆくか。人との間どうもってゆくか、それだけで成功者になる。 その人次第。人生を楽しんで。若い間に築き。

 厳しい中から育ったから 、やったことは無駄にしない

 一生懸命やって自然のおもむくところへ。こっちから決めてどうこうじゃない。自分で決めても人が認めて初めて。

 僕は自分なんて当てにしてない。自分と取り組もうなんて気ない。その時その時全力でやってゆく。やっていって勝手に成るのであって、最初から欲しいなんて欲です。

 

 

 

 



 

情報源

一生安泰に暮らしたい日本人の心が招いた閉塞感 シリコンバレーで考える 安藤茂彌 ダイヤモンド・オンライン

男たるもの、知性も品も、欲も持て。知的肉食系で行こう!  GQ JAPAN 2009年12月号
賢夫人は「きれいな体にして返してください」と言った - 日経ビジネス Associe(アソシエ)

 





ZEPHYRANTHES
©2010