ゼフィランサス


 

自然 地球 生命 人体
幸せ 愛情 暮らし 知識
経営 歴史 八島ノート

経済 ビジネス 顧客 組織
科学技術 製造 金融
政治 日本政府 世界政治
コンサルティング

 
     
 

@zephyorg's Friends

ご挨拶
イベント&セミナー
サービス  サポート
幸せのプロフェッショナル
Andre_Louis オークション
ゼフィランサスについて

 
FOLLOW YASUMASA ON     
     
東京ミッドタウン PLAZA

顧客  Customer  Updated 2017.06.17

マーケティング    情報源

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

         
     




 

 

 お客というものはその人につく。その人、その人にある。

 わずかなあなたがたのために、さらに大勢の人捨てるわけにいかない。

 お客に対する態度

 お客が来て来て満員になる、ニコニコ笑ってるところ金が入る

 商売の本当のコツ、お客があってこそ商売、一人のお客でも大事にする、来た人一人も逃さんこの心構え、あなたのとこ気持ちいい、だあ〜っとお金ができて、一人の人知ったら必ずその人ものにする

 もっと大きいのないの 、少しはお客が必要とするもの

 一人でも来てくれたらありがたい

 人の触れあいです。品物じゃない。人間として買ってもらえるかどうか。 個人的に買われること。

 お客に知識を持たせる

 お客はお客ですからね

 売れるものをやればいい 、

 実に如才がない。自分からやってる人、給料貰ってるのじゃない。客がどこに行こうか。安くっても行かないとこはいかない。高くってもいく人は行く。お金で競争しようという人がいます。必ず上手くいかない。

 同業者、気持ちのいいところへ行く。だから世の中なんの心配もありません。

 患者さんがあってこそ自分が立てる。 お客が大事

 そのかわり嫌だなと思っても結果が良ければ。お客があってこそ立つ。たとえそれが何であっても向こうの話聞く。向こうは気分いいんです。人間は感情、微妙です。態度、相手が人間なんですよ。その時から向こう弱いんですよ。お客さんの前でそれやってご覧なさい。気分よくされますよ。方針。

 関西人、上着飾って靴きたない。関東人、足元きちっと磨いている。その人がぱりっとする。お客さんが感じがいい。お客さんにあわせてゆく。また来ようってことになる。

 喜ばせてあげること。何でもそれで儲かりゃいいんですよ。

 結構な人に負けるんですよ。いいお客さん。これがね、人間の世界なんですよ。

 

 

 

 

 
 

 「「イノベーター」からバトンを受け取った「アーリーアダプター」は、メールをツールとして使って、この新しいサイトのうわさをあっと言う間に広め、やがて「アーリーマジョリティ」の関心を呼び起こすことになる」
                                            ビル・タンサー

 

 

 「5年後、10年後にも今と変わらないものを土台にすれば、目覚ましい成果を上げられる。アマゾンのお客様にとって大切なのは、豊富な品揃え、低価格、スピーディな納品。世の中が見渡しやすくなっている、行き届いた情報を入手しやすくなっている。お客様と手を結ぶ戦略を選択することが賢明。お客様にとって望ましい選択肢は何か」                                 ジェフ・ベゾス

 「ジェフは機嫌が悪くても、5分もすればケロっとして笑い転げるわ」            マッケンジー

 「僕らの商売は常に厳しいチャレンジをしている。アルバイトはプロ。絶対にノーと言わない、お客様の気持ちを汲み取る、ドアを開けさせない、お客様に絶対背を向けない。プロとして一生暮らして、結婚して子供も出来て、持ち家も持てるような能力を持った人が、一生うちでパートタイムをやってくれたらうれしい」
 「そこそこではダメ。常連を満足させるだけでは現状維持だけど、友人を喜ばせれば、またその友人を連れて来てくれる。ディナーレストランが売っているのは空気です。それは一番危ない商売。どれだけ競争力をつけるか、同業者が来たときに戦意を喪失させるものがたくさんなければいけない。すぐにパクられてしまうのではだめです」                                  長谷川耕造

 

 

 

 

 

 

 
 

Marketing

マーケティング  Marketing




 顧客が必要とするもの


 

 「企業が前提としているものが、現実に合わなくなった。静かな革命:  情報の急増、距離の消失、人口構造の変化、買い手への主導権のシフト、境界の消失。 静かな革命のおかげで経営戦略の重要性が高まった。社会、市場、雇用の場のいずれもが、新しい種類の欲求をもつ、新しい種類の人たちによって占拠された。消費者がボス。今日どの顧客に会ったか、何を学んだか。明日のために、自分たちの文化の上に何を築くか。明日とは機会のことである。自らの強みに焦点を合わせ、強みでないことは他社に任せる」                                          

 「ボスは顧客である。我々の事業は何か、顧客は誰か、顧客にとっての価値は何か。何から影響を受けやすいか。部分の集積ではない全体の価値は何か。顧客の満たされていない価値は何か、それを満たすことは出来るか。何を成果とするか?  成果をいかに評価するか? 顧客は成果をいかに評価しているか? 成果にかかわる情報をフルに利用しているか? 顧客戦略は何か? 今日の顧客は、製品の設計や改善にまで口を出す。 あらゆる組織が拠り所とすべき場所が市場である。役員会議室ではない。消費者がボス。

 CUSTOMER > KNOWLEDGE + PEOPLE + INNOVATION + COLLABORATION

 すべては顧客を理解することから始まる。企業の目的は顧客とともに企業の外にある。企業が何であり、何を生み出すかを規定し、企業が成功するか否かを左右するものは、顧客である。顧客を明確に識別し、外の世界を中心に、アウトサイド・インにものを考える。顧客に価値のあるものを供給することが企業の目的であり、顧客を満足させることが企業が成果とすべきもの。 いかにデータが溢れたご時勢になろうとも、重要なのは、顧客の心の内についての直接的な情報である。顧客と一体化することから未来は始まる。

 ノンカスタマーのうち、かかわりを持つべきは誰か?本当の顧客を明らかにし、主要製品の見直しを行なう。ex.医療機器メーカー、医師に焦点を合わせた高度なもの<最終使用者に合わせたもの」

 「喜んで買ってもらうこと」                              P.F.ドラッカー
 

 

 

市場調査とマーケティングの矢野経済研究所

 





 

 

情報源

フォロワー160万人超の顧客感動創造術! “型破り”米航空会社ジェットブルーは、 ツイッターでも先を行く
ツイッター+αのつぶやき企業戦略 ダイヤモンド・オンライン

ジョブズCEOが「前言を撤回」した実例6選 WIRED VISION
第4回 「料理ができて美人」はいくらでもいる。彼女に仕事が来たワケは?:日経ビジネスオンライン
トヨタが米国民を怒らせた本当の理由を 語ろう〜米著名自動車コンサルタントの マリアン・ケラー氏に聞く DOL特別レポート ダイヤモンド・オンライン

米国ベンチャーに大敗した日本の名門企業、生き残りへの道 シリコンバレーで考える 安藤茂彌 ダイヤモンド・オンライン

凋落一途の大手スーパー、 “霞が関”と同病だ 時評コラム nikkei BPnet 〈日経BPネット〉
需要減退期のマーケティングとは? 買うか買わないかは気分次第 大久保 恒夫 :日経ビジネスオンライン
“無料”で誘い、顧客を育てるフリーミアム戦略 日経情報ストラテジー 2009年11月号

「価値観革命の衝撃」 堀場雅夫 日経ビジネス 2009.9.7

 

 







ZEPHYRANTHES
©2010