ネオバロックのお洒落な外観が好きで、毎朝の自転車コースに。四季の樹木も美しい、元赤坂 迎賓館  2009.6.12
ネオバロックのお洒落な外観が好きで、毎朝の自転車コースに 元赤坂 迎賓館  東京都港区 2009.6.12

八島ノート
  年表  P.F.Drucker vs 八島義郎  八島義郎 プロフィール  主な作品  参考文献  ヤフオク!  

Yashima Notes
     
 
 
竹内康正 筆録

written by Yasumasa Takeuchi

 八島ノートは、昭和57年から平成9年迄(1982~1997)の15年間、大阪と西宮で、竹内康正が芸術家で宗教家の八島義郎のもとで学び、その講話を筆録したノートです。数十冊、三千数百ページに及ぶ筆録。

 

Twilog  八島義郎  遙雲  八島先生  八島ノート

 
 
     
  2014.9.4 八島義郎 生誕100年に寄せて 災害に遭わない条件  己を知り、不幸の因を変える。家族は西に
2014.5.4 八島ノート  いつの間にか15年。手元には講話ノートが数十冊、3千数百ページに及ぶ筆録
2013.8.15 八島義郎 生誕99年に寄せて 幸たらむとすれば  出会ったのは昭和57年、先生68歳の初秋
 

   


 
 

Chronological table
年表

大正  昭和  平成
八島義郎 竹内康正 竹内正道 年表 平成元年水無月三日 作成 Chronological table of  Yoshiro Yashima Yasumasa Takeuchi Masamichi Takeuchi

世界・日本 西暦 和暦 八島義郎 八島ノート 竹内康正
 
明治天皇崩御 西園寺 1912 大正      
小林一三 宝塚唱歌隊 1913 2      
第一次世界大戦 大隈 1914 3 8.15 生誕    
対華21ヶ条要求 1915 4 朝鮮全羅南道鳥知院生まれ    
寺内 ベルリン五輪 1916 5 2    
ロシア革命 1917 6 鹿島組    
シベリア出兵 原敬 1918 7 長野県南佐久郡小海村    
パリ講和会議 1919 8 一円札 祖母勢以没    
国際連盟 1920 9 6    
高橋是清 1921 10 小海小学校1年 沢地れん    
ワシントン会議 加藤 1922 11 乱雁 奈良第5小学校2年    
関東大震災 山本 1923 12 9    
清浦奎吾 パリ五輪 1924 13 法蓮町 豪邸 機関車改造    
治安維持法 ラジオ 1925 14 満州大連大黒町    
大正天皇崩御 若槻 1926 昭和 ドーベルマン ハーレー    
昭和恐慌 山東出兵 1927 2 御影第一小 宝石 発明家    
張作霖 1928 3 甲陽中学校2年 創作楽器    
世界恐慌 式年遷宮 1929 4 塚口 ヤクザ 幼いスワン    
金解禁 海軍軍縮 1930 5 大天目 16 芸術家になる    
満州事変 犬養毅 1931 6 京都 仏師鈴木 化仏 手紙    
満州国建国 1932 7 神戸鋳物師 塚口 専念寺林    
国際連盟脱退 1933 8 福娘 和田軍一 東京王子    
室戸台風 岡田啓介 1934 9 次郎 落葉 20 自画像    
  1935 10 自画像眼鏡    
2.26 ベルリン五輪 1936 11 22    
日中戦争 近衛文麿 1937 12 23    
国家総動員法 1938 13 24    
第二次世界大戦 平沼 1939 14 ポータラカ山のアリア    
日独伊三国同盟 近衛 1940 15 唐美人    
真珠湾攻撃 東條英機 1941 16 御影 “我”が無くなった    
東京空襲 神戸空襲 1942 17 28    
学徒出陣 1943 18 29    
大空襲 東南海地震 1944 19 30    
広島原爆 無条件降伏 1945 20 31    
日本国憲法 吉田茂 1946 21 32    
片山哲 1947 22 33    
芦田均 ロンドン五輪 1948 23 34    
湯川秀樹ノーベル賞 1949 24 35    
朝鮮戦争 警察予備隊 1950 25 36    
講和 日米安保条約 1951 26 妻別居、子3人    
主権回復 1952 27 七年後の春、大導師に    
テレビ 神宮式年遷宮 1953 28 拾い仕事    
ビキニ水爆実験 鳩山 1954 29 妙法 白装束 能勢 山小屋    
神武景気 クラウン 1955 30 木の葉を観て悟る 三原則    
国際連合加盟 1956 31 白雪 草食って研究 42    
科学技術庁 岸信介 1957 32 空 春華門院 新和会    
東京タワー 1958 33 18年後、世界最高の霊魂    
明仁結婚 伊勢湾台風 1959 34 崇神神詞 人類の幸せ 塚口    
安保闘争 ローマ五輪 1960 35 46    
農業基本法 1961 36 玉造    
オリンピック景気 1962 37 48    
東海原発 鉄腕アトム 1963 38 49    
新幹線 東京五輪 1964 39 50    
証券不況 朝永振一郎 1965 40 誠成公倫会設立    
いざなぎ景気 1966 41 浦和 大和   2.22 誕生
初の建国記念日 1967 42 53   兵庫県丹波市生まれ
小笠原諸島本土復帰 1968 43 54   2
東名高速全線開通 1969 44 55   芦田保育園
大阪万国博覧会 1970 45 56   4
ニクソンショック 1971 46 57   5
山陽新幹線 田中角栄 1972 47 58   佐治小学校
中東戦争 式年遷宮 1973 48 59   7
セブンイレブン 三木 1974 49 母たつ、没 89   8
沖縄国際海洋博 1975 50 61   9
ロッキード事件 福田 1976 51 世界最高の霊魂   10
  1977 52 63   能力開発センター
成田国際空港 大平 1978 53 関西本部地決定記念メダル   高砂 白陵中学校
東京サミット 1979 54 65   13
鈴木 モスクワ五輪 1980 55 66   14
神戸ポートピア'81 1981 56 67
 
白陵高校
東北新幹線 中曽根 1982 57 68 大阪新 歌唱劇開幕之詞 住吉山手 十三 蜜柑狩り 16 生徒副会長
東京ディズニーランド 1983 58 教養とは 人生の幸不幸 愛情 選曲集 住吉 きっと 生徒会長 京都
ロサンゼルス五輪 1984 59 春咲く花あれば 人皆持舟 質問・手紙 300回 丹波 本郷
つくば博 プラザ合意 1985 60 心して己が道 難波江の シュメール 独覚 一員 御影 大道学園
男女雇用機会均等法 1986 61 幸たらむとすれば 唯一目 親の為 良い後 遙かな灯台 20 奈良大学
バブル景気 JR 竹下 1987 62 運命を良くする 不退転 自転車 ニューオータニ
瀬戸大橋 1988 63 過去から未来 短かき人生 天日嗣 形をつけて 千里 関西大学
壁崩壊 昭和天皇崩御 1989 平成 黎明近し 飛翔 神誼の書 末広がり くるくる坊主 75km/h
東西ドイツ統一 1990 2 76 神とは 出帆 愛の絆 警備 翡翠タイピン 根本 ルビー
バブル崩壊 湾岸戦争 1991 3 裏と表 お茶室 異人館 帝国ホテル 王子 HILTON
ビル・クリントン 1992 4 永遠の魂 西宮 Jaguar 26 黒田化粧品
徳仁結婚 式年遷宮 1993 5 神誼の書Ⅱ ブラシ 君 子供 芦屋 資生堂BS 
村山 関西国際空港 1994 6 80 信頼 HILTON 梅田 産経新聞
1.17 Windows95 1995 7 微笑   赤坂 UNU 釉藍
橋本 アトランタ五輪 1996 8 心の華 南麻布 絵画館 父の為 パソナソフトバンク
香港返還 京都議定書 1997 9 83 SONY ESPER研究室 31 愛宕 西新橋
長野五輪 小渕恵三 1998 10 恋の大阪   エヌアイテレコム
東海村臨界事故 1999 11 吉野川によせて
 
大手町 光通信
シドニー五輪 2000 12 86   竹内正道著作集
G・ブッシュ 9.11 2001 13 87   恵比寿 リクルート
田中耕一 ユーロ 2002 14 八島芸術とは   36 世界の名言
イラク戦争 品川駅 2003 15 89   ゼフィランサス
アテネ五輪 2004 16 90   プラスをとりあげる
中部国際空港 2005 17 91   意志で因をつくる
トリノ五輪 安倍晋三 2006 18 92   40 創刊の詞
防衛省 福田康夫 JP 2007 19 93   この一代は大丈夫?
リーマンショック 2008 20 94   生きてる奴は表情
バラク・オバマ 鳩山 2009 21 95   元気があれば何でも
記録的な猛暑 菅直人 2010 22 5.31 没   ツイッター開始!!
3.11 福島原発爆発 2011 23     セミナーテーマ
安倍 ロンドン五輪 2012 24     46 幸せのプロ
アナ雪 式年遷宮 2013 25     西日本への遷都
妖怪ウォッチ 2014 26     災害に遭わない条件
パリ同時多発テロ 2015 27     49 みんなの幸せ
リオ五輪 ポケモンG 2016 28     Versailles🇫🇷Paris
ドナルド・トランプ  2017 29      
  2018        
  2019        
東京オリンピック 2020        
  2021       55
  2022        
  2023        
パリオリンピック 2024        
  2025        
  2026       60
  2027        
ロサンゼルス五輪 2028        
  2029        
  2030        
  2031       65
  2032        
第63回神宮式年遷宮 2033        
  2034        
  2035        
  2036       70
  2037        
  2038        
  2039        
  2040        
  2041       75
  2042        
  2043        
  2044        
  2045        
  2046       80
  2047        
  2048        
  2049        
  2050        
  2051       85
  2052        
第64回神宮式年遷宮 2053        
  2054        
  2055        
  2056       90
  2057        
  2058        
  2059        
  2060        
  2061       95


 
 
 
 


  P. F. Drucker VS 八島 義郎  
 
 
 
  西洋 地域 東洋  
  西欧文明 文明 日本文明  
  ユダヤ人 人種 日本人  
  アメリカ合衆国 国籍 日本  
  1909~2005 生没年 1914~2010  
  オーストリア ・ドイツ・英国 幼少・青年期 朝鮮・中国・日本  
  経営学者・経営コンサルタント 職業 自然科学者・芸術家・発明家・宗教家  
  ピーター・ドラッカー Wikipedia 八島義郎  誠成公倫  
  ピーター・ドラッカー  P. F. Drucker Google 八島義郎  
  ドラッカー  P. F. Drucker 国立国会図書館 八島義郎  
  社会生態学者 自称 幸せのプロ  
  人を幸せにすること 基本的な関心 人を幸せにすること  
  経済発展と同時に、倫理的なもの、
精神的なものに恵まれること
幸せとは 健康で、経済的に恵まれ、家庭や職場で
人との和があり、愛情面満たされること
 
  マネジメント ライフワーク 幸せ  
  経営者・マネジメント・ 政府・学生 クライアント 幸せになろうという人  
  平面的  (人間・職場・仕事)
人間によってつくられた人間環境、
社会の核、絆としての組織体への関心
哲学 立体的(自然・ヒト・家庭・暮らし・仕事)
人間の感情、行為、社会科学的現象も
すべて自然現象
 
  人間・企業・政府・組織・経営者 主な観察対象 自然・動植物・ヒト・家庭・企業・経営者  
  堂々と経営し、成果をあげ、仕事を楽しむ モットー 自分の力でやる。胸張って、堂々と生きる  
  日本芸術・書画 芸術嗜好 彫刻・絵画・写真・作詩・作曲・書・歌唱劇  
  大統領自由勲章勲三等瑞宝章 受章・受賞 日本ゴールドディスク大賞国際アカデミー賞  
  ヤフオク! amazon 楽天
メルカリ YouTube
作品 ヤフオク! amazon 楽天
メルカリ YouTube
 
  @DruckerSchool  @DruckerInst
@moshidora  @DruckerBOT
ツイッター 八島義郎 - Twitter検索  
  Leader to Leader Institute
Graduate School of Management
The Drucker Institute
Drucker Business Forum
Drucker Taught Enterprise 2.0 Strategy
ドラッカー学会
上田惇生ホームページ
ホームページ    
         





  Yoshiro Yashima   Youun  
 
八島 義郎 (遙雲)

1914 ~ 2010

 大正3年朝鮮(日本統治時代)全羅南道生まれ。彫刻家長谷川栄作に師事、雅号・遙雲木彫「唐美人」大阪毎日新聞金賞。兵庫県新美術連盟委員。木工所経営。能勢入山、木の葉を観て自然界の三原則を発見し、三毒を滅す。仏教・神道の奥義を凌駕する。人の心が写り、その体質を変え、幸せに導く力を獲得。誠成公倫会開祖。日本ドーベルマンミニチュアピンシャクラブ設立、歌唱劇作・演出、作詩・作曲家、画家・芸術家。こころと体の相関etc. 自然科学に新領域創成。

 

 

 
 

  八島 義郎 (ヤシマ ヨシロウ)

彫刻家;作詞家;作曲家 誠成公倫会教主 【専】木彫 雅名=遙雲
【生】大正3年8月15日 【出】兵庫県
【歴】父の仕事の関係で、信州、奈良、大連、神戸と移り住む。昭和6年中学をやめ、彫刻家を志して上京、長谷川栄作に師事。のち西宮市に戻り仏教彫刻など、数々の展覧会で受賞。世の注目を浴びたが、18年彫刻を捨て、工場の経営を始める。戦後、貧乏のどん底のような生活を続けたが、29年宗教的な回心を体験。40年宗教法人・誠成公倫会を設立。のち石版画を手掛け、再評価される。平成14年銀座・玉英画廊で初個展を開催。一方200曲以上の歌謡曲を作詞作曲する異才でもあり、「八島義郎作詩200歌選曲集」などがある。【師】長谷川栄作

現代日本人名録2004 2004年1月

 

 

  兵庫県新美術連盟 (総合)      日本美術年鑑 昭和16年~18年
               神戸市神戸区三宮町3-92 電三宮3351
 昭和5年結成の兵庫県美術家連盟と大正11年創立せる兵庫県美術協会を合同し、昭和17年1月同県在住の美術家を網羅して本会を組織した。国策に順応し、美術文化の発展向上を 図ると共に、地方文化の創造発展に努むるを目的とし、展覧会研究会其他美術文化に関する事業を行ふ。

 〔会長〕 大政翼賛会同県支部長 知事 坂千秋
 〔委員〕 飯塚周悦、伊川寛、大石輝一、小磯良平、杉浦三郎、鈴木清一、
      立脇泰山、林重義、三木朋太郎、宮崎翠濤、元川嘉津美、森月城、
      山下摩耶、山本廣洋、八島遙雲、和田和一
 〔嘱託〕 大塚銀次郎、会員190名、賛助会員24名

 

 

 

 

 
 

Major works
主な作品

 

【作詩・作曲】
  「八島義郎」の歌詞検索結果        無料動画 GYAO!
  八島義郎の歌詞一覧(50音順)    歌詞検索 イベスタ歌詞とる
  心の華 八島義郎作品集       コロムビアミュージック   1996.12
                            試聴用サンプル
  八島義郎作詩200歌選曲集 (続)       
コロムビア音楽出版   1992.9
  八島義郎作詩100歌選曲集       コロムビア音楽出版   1992.9
  八島義郎100歌選曲集       倉地利明,中島彰 誠成公倫会睦会 1983.8

  日本ゴールドディスク大賞      「二人は大人」「恋の大阪
  プラチナディスク賞  「全国ご町内音頭」「何時迄もLOVE YOU」「白蓮の精
  ダイヤモンド賞シングル      「思い出の浜辺」「男の力瘤」 
  ゴールドディスク賞  「
好き好き好き」「蝶」「シティ神戸」「待つよ糸桜」「待つ女」

【木彫】  「ポータラカ山のアーリア」 「唐美人」 「幼いスワン」 「聖観世音」
        「丹頂」 「羅漢」 「兎」

【絵画】   「日本の娘」 「憩いのひとゝき」 「 自画像」 「白蓮の精」 「面影」
        「揚羽蝶」 「忘れぬ人」 「乙女の夢」 「想い出」 「微笑」
        「妙見大菩薩」

 

 

 
 
 
 

     
 

Bibliography
参考文献

誠成公倫 - Wikipedia              2017.4
八島義郎 - Wikipedia              2008.9
現代日本人名録2004      CD-ROM最新版 日外アソシエーツ  2004.1
八島義郎(遙雲)その芸術にたゆたうもの  
 月刊美術 サン・アート  2002.3
八島義郎の幼少期 八島義郎の青年期     誠成公倫 : 新宗教研究サイト
新宗教教団・人物事典                  弘文堂   1996.1
神誼の書 八島義郎師の御言葉        山本幹雄編著  1989.6, 1993.2
教祖誕生 「神様」は芸術家なり       上之郷利昭  新潮45 1985.10
現代のカリスマ (全) 八島義郎と万華の世界   山本幹雄 赤松康弘 1984.11
新宗教辞典                 松野純孝 編 東京堂出版 1984.9
八島義郎先生校閲 八島義郎先生説話抄        宮武孝明編注  1984
八島義郎との対話 「21世紀への提言」   寺井精英 広済堂産報出版 
1984.5
特集 現代の軍師たち 変動期を乗り切る大指針  「Will」中央公論社 1984.1
新産業革命対応の哲学             「経営者」 日経連   1983.12
八島義郎先生の「生き方に学ぶ」 一医師の観た誠成公倫会  三島秀記  1983
「こころ」と「からだ」 医師からみた誠成公倫会   岡本好司 楽生社 1982
現代のカリスマ 八島義郎と萬華の世界      山本幹雄 楽生社  1980.12

日本美術年鑑       昭和16年~18年  美術研究所編 国書刊行会 1996.8

 

 
 
 
 







Λ

         
  自然 人体 幸せ 経営 知識
竹内正道著作集
八島ノート  世界の名言
幸せのプロフェッショナル
Twitter  Twilog
Instagram  YouTube
LinkedIn  Andre_Louis
ご挨拶  竹内康正
 
    ©2017 Yasumasa Takeuchi