自然  人体  幸せ  知識  八島ノート  竹内正道著作集  サポート
 
 
 
昭和58年(1983年)春季・夏季・秋季歌唱劇パンフレット  八島先生歌集 新歌集 八島義郎100歌選曲集 昭和58年春季 民話のこころ 秋季 知識  八島義郎先生の「生き方に学ぶ」 一医師の観た誠成公倫会 三島秀記   八島ノート 昭和58年 竹内康正 筆録 八島義郎の言葉  Yashima Notes 1983 The Words of Yoshiro Yashima written by Yasumasa Takeuchi

昭和58年(1983年)春季・夏季・秋季歌唱劇パンフレット  八島先生歌集 新歌集 八島義郎100歌選曲集
昭和58年春季 民話のこころ 秋季 知識  八島義郎先生の「生き方に学ぶ」 一医師の観た誠成公倫会 三島秀記


  八島ノート  
八島ノート 昭和58年
     

   

     
  1983年  1月 4月 7月 8月 10月


 
 

  

 
 

 

 

1983.1
「こころ」と「からだ」 医師からみた誠成公倫会」 岡本好司著 より抜粋

 

 

発病とその条件

 

 人は皆、いつも岐路に立っている。その分岐点に立って、に曲がるべきなのか、にそれるべきなのか、何れが「幸せ」なのか、どちらが「不幸せ」なのかと迷い、そして悩んでいる。

 今まで医者も色々な方が訪ねて来られたが、私の研究医学に応用しようとして来られたのは、貴方が初めてです。是非とも臨床で試してみて下さい。

 

 

カリスマ医療
〔個別症例に対する言葉〕

 

 ネフローゼ症候群  子供さんの病気の場合は、親の状態による影響が大きい。お父さまとの間柄をより親密に、よりお父さまを尊敬すること。

 連合弁膜症による心不全  手術しなくても大丈夫。

 痔疾(肛門周囲膿瘍)  切ったらどうなるのでしょうね。出来るだけ会場に来ないと駄目ですよ、週5回は来なさい。1時から4時半まで、ずっと座っていて下さい。右側が悪くなったのは、〔奥様〕に対する気持ちの用い方に原因がある。

 

 

「こころ」と「からだ」

 

 胃癌  あなたは強情なお方ですね。あなたには、いやだと思う人が4人おられますね。先ず問屋で一軒、嫌いな店がありますね。あなたには、この息子、この息子という思いが強すぎる。自分で金を稼ぎ、〔奥様に〕物を買って宛てがってやってれば良い、というものではありませんよ。物では幸せは得られません

 これから毎日、会場へ来るように。

 

 心疾患(完全房室ブロック=アダムス・ストークス症候群)

 バランスの法則とその活用。自然界は、プラスとマイナスとのバランスで成り立っている。もし、あるプラスとマイナスのうち、マイナスがなくなると、プラスがなくなるか、代わりのマイナスが出来る。

 完全房室ブロック  どうにでもなってしまえ、という気持ちのあらわれであり、その気持ちでは、どうしても良くはならない。

 二束ブロック  淋しい、冷たい、面白くない、何もしてくれないと弱気になっている気持ちの反映である。

 

 ネフローゼ症候群  父親にかってもらっている子供は、家の外でもかってくれる男性がいる。

 

 

「こころ」と「からだ」の相関関係

 

 人間は自然環境・社会環境のなかで、相互作用を行いながら安定した生き方をすることである。

 

 

感情とは、情動とは

 

 感情の反応形式は、すべて遺伝的、先天的なものであり、本人は意識している部分もあり、していない部分もあり、本人も言語として表現出来にくいものが多いが、外から読み取れるすべての行動の発生源である。

 

 

病気と性格

 

循環器系

 

高血圧 人生に夢をもち、その夢の実現に一生懸命努力する。その代わりに、それを阻害しようとする条件があれば、それを徹底的に排除しようとする。それが出来ない時は、恨みとして心にしまい込み、日頃はおくびにも出さず持っている。それをくよくよ考える時、心臓病になりやすい。
 
狭心症 信じた人が、自分の期待通りにしてくれず、文句をいいたいがそれも出来ず、淋しい気持ちで、辛抱している状態で、温かい気持ちで縋れない
 

 

呼吸器系

 

肺結核
気管支喘息
物事を、白黒はっきりつけないと気がすまない、といったタイプの人に多い。自分が白と認める人に対しては、大変親和性をもつが、黒と認めた人に対しては、大変攻撃的な気分を持つ人が多い。呼吸器疾患にかかる基本的な性格は排斥
 
扁桃腺炎 先行きを案ずる「こころ」が強い時によく罹病。
 
咳嗽発作 責める気持ちが働いたり、愚痴の「こころ」が働く。
 
結核 文句をいいたい状況を続けている時。
 
胸膜炎 激しく責めながら、反面ひややかな感情が含まれる時。
 
肺癌 激しい攻撃の気持ちを持ち続ける時。
 

 

消化器系

 

胃腸病 思いつめ、自分のしようと思ったことは、どこまでもやり遂げるといった性格で、こつこつとやり抜く不屈なものを持っている。頑固一徹で、心配事があっても外には出さず、すべては腹の中に収めてしまう。また、色々考え、人の意見は聞いてはみるが、いざ実行の段階になると、すぐ元に戻って、自分の考え方が前面に出てしまう。
 
胃癌 胃癌になりやすい人は、これがもっとひどく、人の意見も全く聞かない人が多い。また、人に言われても実行はしない。胃腸病の人は、このような性格から、周囲の人との折り合いが悪く、ともすると孤独に落ち込むことが多い。
 
肝臓病 人の話を嫌な顔をしないで素直に聞き入れる太っ腹なところがあり、また、話を聞いて、結構、その内容を検討し、その話の長所と短所を、見事に分析して行かれる。しかし、自分がどの意見を採用するかという段階になると、どの意見に対しても欠点が分かっているだけに、決心のつき難いものがあるようで、つい迷いが出る。
 
慢性肝炎 GPTの増加するのは、意見が合わず、いまいましい、恨めしいといった感情があり、しかも、これでは駄目になるという気持ちがあっても、まだ人のいうことはきけないという感情があるときである。
 
糖尿病 自分本位で、ワンマン的性格の人がかかりやすい。そして、常に一生懸命やっているのに認めてもらえない、という不満を持っている。つまり、今日現在あるのは自分のお蔭なのにとか、自分を良く見せたいとする心の働いている時とか、または、周囲に口やかましい人がいて、細かいことに気を遣い、「周囲の人はみんな自分勝手だ」として、淋しい気分になっている人とか、自分を認めさせようとする心の旺盛な持ち主がかかり易い。会社なら、セールスとか集金などの仕事をさせると良い。新規開拓はうまく、また集金でも、困難なところから上手に集めてくるだろう。
 

 

泌尿器系

 

腎臓病 几帳面で、循環器系の人と違ったタイプの完全主義者であり、きちんと物事をまとめることが上手であるが、割合、内緒ごとや秘密の問題が気になり、また頑固で、すぐには反発しなくとも、自分の主張を最後には通してしまう。一方、へそくりが上手い。
 
慢性腎炎 内緒の女性問題や、金銭にこだわりのある時に発病する。
 

 

リウマチ性疾患(結合織疾患)

 

リウマチ熱 身の回りに現われる事情に対して、自分の望むとおりの結論を得るために、ああしたら得られるか、こうしたら良いのではなどと、色々悩むが、それは表に出さず、反感を心のうちに鬱積させるというタイプの人であり、その人が金銭面で自分を主張し、特に夫婦間・親子間など、家の中で攻撃の気分となる時に、発病しやすい。
 
結石 いまいましい気分がおこる一方、それなら、こちらはこちらの方針で行くんだという、まるっきり別の感情がまたおこり、かたくなな感情で折り合いがつかない状態の時に、発病をみる。
 
腎臓結石 内輪の問題とか、内輪の金銭の問題がからんでくることが多い。

 

 親が親たらずとも、子は子たれ。親に対し至れり尽くせりの子どもは、やがて世間を大きな顔をして渡ることになる。

 

 

回復の根本は感謝の気持

 

 その治療方法は一つ、それは「感謝」しかない。どの病人さんも、必ず何とかしたいけれども、どうにもならない事情をかかえておられるものだ。

 時間を守り責任感を持ち、人に思いやりを持ち、こだわりを捨てることが肝要である。

 いつも時間に遅れる人は、ものにならない。時間厳守は、他人の信用を得る重要なポイントである。

 

 相手も相手であるが、その相手に対している自分も相手と同質なのだとまず考え、そして愚痴・不満のある分だけ、自分が至らないからであることを知れ。そして自分が変われば、相手もまた変わってくるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

1983.4
昭和58年 春季歌唱劇「たぬきの糸車キヌの嫁入り





 
 
 
 
 


 

















































 

 

 

 

 歌唱劇は、楽しみながらも、教養を高め、その上、幸せになって頂くためにしているものである。

 

 伊豆の山奥に住む貧しい樵夫婦がいました。庭先に出没するいたずら狸が畠を荒らし、困った樵は、罠をかけ狸を捕まえようとしました。心やさしい妻は、かかった狸をそっと逃してやるのでした。

 

 鮎の好きな爺っさまのため婆っさまは、石川へ鮎をとりに来て、とりにかかった女の子を狐とは知らずに助け、キヌと名付けて育てます。罠に挟まれ不自由な足のキヌは、美しい孝行娘に成長しました。

 

 

民話のこころ

 

 自分は一番だめな人間だと思った。だからこそ人が遊んでいる暇に一人で勉強してきた。知識を身につけてゆくと、ものごとに対して正しく身を処すことが出来る。決断力がつく。知識を持てば、一つのものを見ても聞いても感動する心が違う。前もって知識を得ると楽しみが大きい。気品がそなわり、人々に尊敬されるようになる。

 和気あいあいと「よしやってやろうじゃないか」という気持ちでいると、その集団は伸びてゆく

 

 

 

 

 

 

 

1983.7
昭和58年 夏季歌唱劇「蛍の一生・裸人世」

 

 

 



































 
 





 







 

 

 

 

 はじめて蛍を見て、大喜びでつかまえたのであるが、公害などのために、年々数の減っていく現状を考えて、自然へ帰してやるのが蛍にとって一番幸せであると・・・・

 

 貧しい百姓のせがれどん平は、体は人一倍大きいが、母を大切にするほんとに心優しい青年であった。ある日、村の相撲大会で優勝した彼は、相撲取りになって出世しようと、母一人を村に残し、大志を抱いて上京した・・・・

 

 

 

 

 

 

 

1983.8
八島義郎100歌選曲集

 

思い出
雪国の人によせて
吉野川によせて
伊東の歌
伊東の女
湯の町の女
雨の難波筋
恋の大阪
長堀川を偲ぶ
浪速っ子
南の夜
懐かしい港祭り
港神戸
池袋のあの日
風の銀座
東京ロマン
羽田の恋
愛着のポピー
尾瀬沼の花
思草
乙女椿
カトレアの君
胡蝶蘭
桜並木
シクラメン
ストレリチァ
ゼラニウムの君
造花のガーベラ
月見草
壺菫
名残草
撫子
撫子の道
猫柳
ハイビスカス
勿忘草
雨雲のあの日
雨の雫

梅雨の歌
都のけむる雨
思い出のアルバム
かわたれ時
来る日

渚の華
戻らざる日々
愛している
あなた一人に
折鶴
恋の踊子
ささやき
しおり
楽しいショッピング
裸人世

一人の願い
独りぽっち
二人だけの歌
僕は惹かれる
まなざし
○子ちゃん
結び文
夢の幻想曲
恋情
お人形
キヌの嫁入り
竹蜻蛉
仲よしごっこ

虫のお宿
亡母恋し
夢の伊東へ
想い焦がす浪速のひと
上方巡り
鴨川に添うて
五條橋
お濠端
さらば長野よ
アイリスに捧げる
老の樹
クレマチス
紅梅香る頃
さくら草
山茶花
鈴懸の木陰に
プラタナスの陰に
紅椿の散る夕
山百合に捧げる
リンドウの思い出
螢の学校
虫の音
夕暮の詩
あの夜の訣れ
木の芽時
恋し人へ
過去の人
手紙の束
わかれ
訣れの瞳

 

 

 

 

 

 

1983.10
昭和58年 秋季歌唱劇「大阪物語 浪速っ子」

 

 

 
































































 

 

 

 

 

 

 船場の老舗「丸友」の嬢(いと)はんは、御使いの帰り道、子供を自動車事故から救った港湾作業に従事する「春駒」の若旦那に一目ぼれしてしまう。通いつめるうち、若旦那のほうも、嬢はんの事を心憎からず思うようになっていた。「今宮戎」でごったがえす祭礼の日、二人はばったり出逢い、急速に心と心を結びあわせて行くのであった。デートを重ねながらも、両親に結婚を切り出せない二人。

 

 

知識

 

 浪速路の人ぞ 恋しや秋の入り

 逝く夏を惜しみ て泣くや法師蝉

 

 
 

 

            八島義郎

 

 

 
 
 
 
 






Λ

         
  自然 地球 生命 人体 幸せ
暮らし 知識 経営 歴史
八島ノート
竹内正道著作集 世界の名言
幸せのプロフェッショナル
Twitter  Twilog
Instagram  YouTube
LinkedIn  Andre_Louis
ご挨拶  竹内康正 
カテゴリ  サポート
 
    ©2018 Yasumasa Takeuchi